椎骨脳底動脈循環不全症

出典: meddic

vertebrobasilar insufficiency, vertebro-basilar insufficiency, VBI
椎骨脳底動脈循環不全椎骨脳底動脈血流不全症



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 椎骨脳底動脈循環不全症
  • 頸部椎骨動脈起始部病変の再建(<特集>脳動脈の再建術)
  • 島 健,岡田 芳和,西田 正博,山根 冠児
  • 脳神経外科ジャーナル 1(1), 25-34, 1992-02-20
  • 椎骨脳底動脈循環不全症の大多数の症例は頭蓋外椎骨動脈起始部病変に起因する.本稿では椎骨動脈の露出法と各血行再建術をレビューするとともに,術式の長所,短所につき検討を加えた.薬物療法,星状神経節ブロックでも効果なく,反復する頸性めまいの原因としてのVA起始部のcoiling, kinkingに対し,C_6横突起孔のunroofingとVA走行矯正を行う方法は術式も容易で有効な治療法と思われる.VA起始部の狭窄性病変に対するVA-SA …
  • NAID 110003812203

関連リンク

この椎骨動脈または脳底動脈の血流が何らかの原因で滞ると、脳幹や小脳に栄養が 届かなくなり、めまいや手足のしびれ、頭痛、目のかすみ、舌のもつれなどの症状を 引き起こします。 これが椎骨脳底動脈循環不全です。 めまいの症状は、首をひねったり 、急 ...
椎骨脳底動脈循環不全症 (原因) 椎骨脳底動脈は脳や平衡感覚に関係する部位への 血液提供する血管で、首の左右を走るのが椎骨動脈といい、脳の下部で1本になり、脳 底動脈となります。この2つを合わせて、「椎骨脳底動脈」といいます。 これらが、 ...

関連画像

 、椎骨・脳底動脈循環不全症椎骨脳底動脈循環不全症という めまいのお話椎骨脳底動脈循環不全椎骨・脳底動脈の走行椎骨脳底動脈循環不全症


★リンクテーブル★
国試過去問100A011
リンク元VBI」「vertebrobasilar insufficiency」「椎骨脳底動脈血流不全症」「椎骨脳底動脈循環不全」「vertebro-basilar insufficiency
関連記事椎骨」「脳底動脈」「不全」「不全症」「循環

100A011」

  [★]

  • 40歳の男性。1年前からのふらつきと歩行時の動揺視とを主訴に来院した。両側耳鳴もある。鼓膜は正常である。温度眼振検査では両側反応の低下を認める。オージオグラムを次に示す。考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100A010]←[国試_100]→[100A012

VBI」

  [★] 椎骨脳底動脈循環不全症, vertebrobasilar insufficiency

vertebrobasilar insufficiency」

  [★] 椎骨脳底動脈循環不全症 VBI

椎骨脳底動脈血流不全症」

  [★] 椎骨脳底動脈循環不全症


椎骨脳底動脈循環不全」

  [★] 椎骨脳底動脈循環不全症


vertebro-basilar insufficiency」

  [★] 椎骨脳底動脈循環不全症

椎骨」

  [★]

vertebral bone, vertebra vertebae
脊椎骨


種類

頚椎 cervical vertebrae 7
胸椎 thoracic vertebrae 12
腰椎 limbar vertebrae 5
仙椎 sacral vertebrae 5
尾椎 coccygeal vertebrae 1(5-6)

特徴

  環椎 軸椎 頚椎 胸椎 腰椎
椎体の特徴 なし 歯突起 小型で、横径前後径より長い。上面は凹み、下面は膨らむ 心臓型である。肋骨頭関節する(facet)を持つ 巨大。上方ないし下方から見ると腎臓
椎孔の特徴 歯突起が通る   大型で三角 円形で、頚椎腰椎よりも小型である。 三角形。胸椎よりも大きく、頚椎よりも小さい。
横突起の特徴 横突孔がある。 横突孔がある。 横突孔がある。第7頚椎では小型あるいは欠如。椎骨動脈伴行静脈交感神経叢が横突孔を通るが、ただし第7頚椎では小さな頚静脈を通すのみ。前結節後結節がある。 長く丈夫で、後外側に伸びる。第1から第12胸椎に向かって短くなる(第1~第10胸椎には肋骨結節関節するための関節面がある) 長く細い。この突起の基部の後面に副突起がある。
関節突起の特徴 後頭顆を受ける 下関節面は下前方に向く。 上関節面は上後方に向く。下関節面は下前方に向く。 上関節面は後方やや外側に向く。下関節面は、前方やや内側に向く。 上関節面は後内側(ないし内側)を向く。下関節面は、前外側(ないし外側)を向く。上関節突起の後面には乳様突起がある。
棘突起の特徴 なし 先が二分する 第3~第5頚椎では短く先が二分する。第6頚椎では長いが、第7頚椎ではさらに長い。 長く後下方に傾斜する。先端は下位の椎体の高さに達する。 短く丈夫である。
その他 前弓後弓前結節後結節歯突起窩 歯突起      



脳底動脈」

  [★]

basilar artery (KL)
arteria basilaris
ウィリス動脈輪


  • 図:KH.346

由来

走行

臨床関連



不全」

  [★]

機能不全、失敗、不十分不全症不足無能無能力弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症


不全症」

  [★]

failureinsufficiency、(ラ)imperfecta
機能不全、失敗、不十分不全不足弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症

循環」

  [★]

circulationcirculatecirculatory
血行循環性流通血行路





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡