椎骨動脈狭窄症

出典: meddic

vertebral artery stenosis
椎骨動脈狭窄

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 椎骨動脈転位術を施行した椎骨動脈狭窄症2例の検討
  • 藤村 直樹,松本 賢治,小野 滋司,尾原 秀明,北川 雄光
  • 日本血管外科学会雑誌 = The Japanese journal of vascular surgery : official journal of the Japanese Society for Vascular Surgery 18(4), 523-528, 2009-06-25
  • NAID 10025163009
  • 9 伏在静脈による血行再建術を行った症候性硬膜貫通部椎骨動脈狭窄症の1例(北日本脳神経外科連合会第27回学術集会)
  • 柿野 俊介,小笠原 邦昭,紺野 広,三上 千秋,久保 慶高,小川 彰
  • 新潟医学会雑誌 118(1), 46, 2004-01-10
  • NAID 110004780260
  • 椎骨,鎖骨下動脈狭窄症に対する血管内治療
  • 寺田 友昭,津浦 光晴,板倉 徹
  • 脳神経外科ジャーナル 11(12), 813-819, 2002-12-20
  • … 椎骨,鎖骨下動脈狭窄症に対する血管内治療の基本手技,合併症とその対策について概説する.椎骨動脈狭窄症に対する手技のポイントは,(1)親カテーテルを安定した状態で保持すること,(2)ステントの下端は最小限鎖骨下動脈に出すこと,(3)3mm以下の血管では原則としてステントは用いないこと,(4)ステント離脱後バルーンカテーテルを引き抜くときにステントがずれないことを確認しながら抜去すること,(5)手技終了まで,ガイ …
  • NAID 110003811689

関連リンク

椎骨動脈狭窄症という病気の病態と治療について. 椎骨動脈狭窄症の患者さん、家族の 皆様へ. はじめに 椎骨動脈狭窄症、 ... この椎骨動脈に狭窄を来したために症状が出現 した病態が椎骨動脈狭窄症、椎骨脳底動脈循環不全症です。 狭窄をきたす主な原因 ...

関連画像

頸骨動脈図ホームページ・タイトル鎖骨下動脈 - meddic 鎖骨下動脈 Schemat bliższego odcinka aorty i jej Posterior cerebral artery - Wikipedia, the


★リンクテーブル★
リンク元vertebral artery stenosis」「椎骨動脈狭窄
関連記事椎骨」「椎骨動脈」「動脈狭窄症」「」「狭窄

vertebral artery stenosis」

  [★]

椎骨動脈狭窄症椎骨動脈狭窄

basilar artery insufficiencybasilar artery ischemiabasilar artery stenosisbasilar insufficiencyvertebral artery insufficiencyvertebrobasilar dolichoectasiavertebrobasilar insufficiencyvertebrobasilar ischemia


椎骨動脈狭窄」

  [★]

vertebral artery stenosis
椎骨脳底動脈循環不全椎骨脳底虚血脳底動脈狭窄脳底動脈循環不全症椎骨動脈狭窄症脳底動脈不全脳底動脈虚血椎骨動脈不全椎骨脳底動脈延長拡張症

椎骨」

  [★]

vertebral bone, vertebra vertebae
脊椎骨


種類

頚椎 cervical vertebrae 7
胸椎 thoracic vertebrae 12
腰椎 limbar vertebrae 5
仙椎 sacral vertebrae 5
尾椎 coccygeal vertebrae 1(5-6)

特徴

  環椎 軸椎 頚椎 胸椎 腰椎
椎体の特徴 なし 歯突起 小型で、横径前後径より長い。上面は凹み、下面は膨らむ 心臓型である。肋骨頭関節する(facet)を持つ 巨大。上方ないし下方から見ると腎臓
椎孔の特徴 歯突起が通る   大型で三角 円形で、頚椎腰椎よりも小型である。 三角形。胸椎よりも大きく、頚椎よりも小さい。
横突起の特徴 横突孔がある。 横突孔がある。 横突孔がある。第7頚椎では小型あるいは欠如。椎骨動脈伴行静脈交感神経叢が横突孔を通るが、ただし第7頚椎では小さな頚静脈を通すのみ。前結節後結節がある。 長く丈夫で、後外側に伸びる。第1から第12胸椎に向かって短くなる(第1~第10胸椎には肋骨結節関節するための関節面がある) 長く細い。この突起の基部の後面に副突起がある。
関節突起の特徴 後頭顆を受ける 下関節面は下前方に向く。 上関節面は上後方に向く。下関節面は下前方に向く。 上関節面は後方やや外側に向く。下関節面は、前方やや内側に向く。 上関節面は後内側(ないし内側)を向く。下関節面は、前外側(ないし外側)を向く。上関節突起の後面には乳様突起がある。
棘突起の特徴 なし 先が二分する 第3~第5頚椎では短く先が二分する。第6頚椎では長いが、第7頚椎ではさらに長い。 長く後下方に傾斜する。先端は下位の椎体の高さに達する。 短く丈夫である。
その他 前弓後弓前結節後結節歯突起窩 歯突起      



椎骨動脈」

  [★]

vertebral artery (Z), VA
arteria vertebralis
小脳の動脈、鎖骨下動脈内頸動脈


  • 図:N.130

由来

走行


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



動脈狭窄症」

  [★]

arterial stenosis
動脈管腔狭小 arterial luminal narrowing
動脈狭窄


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

狭窄」

  [★]

stenosis, stricture, constriction, narrowing





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡