核内受容体スーパーファミリー

出典: meddic

nuclear receptor superfamily
核内レセプタースーパーファミリー
核内受容体
  • 細胞質体に存在し、リガンドの結合により核内に移行してDNAに結合して転写を促進する

ドメイン構造

  • N末端--A/B(制御領域)--C(DNA結合領域)--D(核移行シグナル)--E/F(リガンド結合領域)--C末端

受容体とリガンド

内分泌受容体 リガンド
糖質コルチコイド受容体 GRα 糖質コルチコイド
鉱質コルチコイド受容体 MR 鉱質コルチコイド
黄体ホルモン受容体 PR プロゲステロン
男性ホルモン受容体 AR テストステロン
卵胞ホルモン受容体 ERα, ERβ エストロゲン
レチノイン酸受容体 RARα, RARβ, RARγ レチノイン酸
レチノイドX受容体 RXRα, RXRβ, RXRγ  
甲状腺ホルモン受容体 TRα, TRβ 甲状腺ホルモン
ビタミンD3受容体 VDR ビタミンD

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 甲状腺ホルモン受容体(TR)による遺伝子発現調節とTR遺伝子異常 : 甲状腺ホルモン不応症モデルマウスに発生する下垂体TSH産生腫瘍(中村賞受賞者)
  • 古元 礼子
  • 山口医学 57(5), 145-152, 2008-10-31
  • 甲状腺ホルモン(T3,T4)は発生,成長,代謝において重要な働きをしているが,その作用は甲状腺ホルモン受容体(TR)を介して発現する.TRは核内受容体スーパーファミリーに属するリガンド依存性の転写調節因子であり,標的遺伝子の発現を調節する.ヒトのTR遺伝子の異常は甲状腺ホルモン不応症(RTH)として報告され,αとβの2つのTR遺伝子のうち,TRβ遺伝子の欠損または変異によるホルモン作用の異常である …
  • NAID 110006990344
  • ラット個体発生におけるNerve Growth Factor-induced GeneB-βの発現
  • 李 英敏
  • 新潟医学会雑誌 122(4), 194-204, 2008-04
  • Nerve growth factor-induced geneB-β(NGFIB-19)は核内受容体スーパーファミリーの一員で,主に中枢神経系に発現する.本研究では新たに作製された抗ヒトNGFIB-β抗体を用いて免疫組織化学染色(以下[免疫染色])を行い,ヒトおよびラットの副腎皮質,網膜細胞,中枢神経系の神経細胞における発現を観察した.さらに神経細胞分化におけるNGFIB-βの意義を明らかにする …
  • NAID 110007146534
  • 男性ホルモン受容体を介した転写活性に影響を及ぼす化合物(<特集>農薬活性分子の作用機構研究に関する最近の進歩)
  • 田村 廣人,細田 晃文,赤松 美紀
  • 日本農薬学会誌 33(1), 33-39, 2008-02-20
  • 外因性内分泌かく乱化学物質は,「内分泌機能の変化を介して正常個体(intact organism)あるいはその子孫の健康に悪影響を及ぼす外来性物質である」とOECDにより定義され,我国では環境省が1998年にSPEED98計画(Strategic Programs on Environmental Endocrine Disruptorsの頭文字の略)を実施した.外因性内分泌かく乱化学物質の中で最 …
  • NAID 110006614068

関連リンク

核内受容体同士は上記のように遺伝子配列に高い共通性があり、遺伝子スーパー ファミリーを形成している。以下に、ヒトに存在する48種の核内受容体を相同性に基づく 分類により以下のように列記 ...
エストロゲン受容体(-じゅようたい、英:Estrogen Receptor、ER)とはステロイド受容体 スーパーファミリーに属する分子の一つである .... GPR30はGタンパク質共役受容体の 一種であり、核内受容体タイプのERがリガンドの結合により転写因子としてDNAと相互 ...

関連画像

核内受容体の活性制御理論に 定説を覆す核内受容体分子機構 核内受容体の活性制御理論に 核内受容体リガンド結合領域


★リンクテーブル★
リンク元甲状腺ホルモン」「nuclear receptor superfamily」「核内レセプタースーパーファミリー」「核受容体スーパーファミリー
関連記事受容体」「核内受容体」「受容」「」「ファミリ

甲状腺ホルモン」

  [★]

thyroid hormone, thyroid hormones
甲状腺サイログロブリンカルシトニン甲状腺ホルモン製剤
胎児の発育・新生児の生理と適応


  • SP.915-

種類

分類

性状

  • 疎水性アミノ酸

産生組織

標的組織

受容体

  • 核内甲状腺受容体(甲状腺ホルモン受容体ファミリー)
ステロイドレセプタースーパーファミリーに属する → 核内受容体スーパーファミリー

作用

代謝系別

  • 1. 熱産生
  • 脳、脾臓、睾丸をのぞくすべての組織で酸素消費を高める ← 甲状腺クリーゼによる発熱の原因
  • 2. 自律神経系
  • カテコラミンの作用を増強する
  • 心筋細胞のカテコールアミン受容体を増加 ←証明されていない?
  • 3. 内分泌
→甲状腺ホルモンの投与によりコルチゾールが減少し副腎クリーゼを誘発
  • 4. 呼吸器系
  • 5. 造血器系
  • エリスロポエチン産生促進 → 赤血球増加
  • ヘモグロビンからの酸素解離を促進 → 末梢組織での酸素利用↑
  • 6. 骨格筋系作用
  • 骨代謝回転を高め、骨形成・骨吸収を促進 (閉経後女性で甲状腺ホルモン多 → 骨塩量減少 → 骨粗鬆症
  • グレーブス病では筋肉蛋白の代謝亢進、筋肉量の減少、筋力低下、筋脱力、四肢麻痺
  • 7. 糖代謝
  • 糖代謝の亢進
  • 8. 脂質代謝
  • 肝臓におけるコレステロール産生を促進
  • 肝臓のトリグリセリドリパーゼ活性を亢進し、コレステロールの代謝を促進
コレステロールが減少 ← 総じて分解系の法が作用が強い
  • 9. その他

薬理学的作用 (SPC.321)

  • 成長と発育
全ての生体の活動に関わる-(不足)→成長停止、身体的・精神的発育停止
  • 熱産生と体温調整
組織の酸素消費を高め、基礎代謝を亢進させる。Na+,K+-ATApaseの活性刺激や、核内クロマチンに作用してDNA転写を促進する作用による
  • 代謝亢進作用
上記の通り
  • TSH分泌抑制
ネガティブフィードバック

分泌の調節

  • 分泌の制御系
視床下部--(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)-→下垂体前葉--(甲状腺刺激ホルモン)-→甲状腺濾胞細胞-→T3, T4-→T3, T4下垂体前葉・視床下部に作用し甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制

分子機構

臨床関連

過多

欠乏

  • 甲状腺機能検査値の異常を来す病態。ほとんどの場合TSHは正常
  • free T3↓、rT3↑(重症ではT4↓、TSH
  • 低栄養、外傷、感染症、手術、腎不全、肝不全、心不全、悪性腫瘍
  • エネルギー消費を減らすための適応かもしれない
以上2007後期生理学授業プリント内分泌(3)

生合成 (SP.916)

nuclear receptor superfamily」

  [★]


核内レセプタースーパーファミリー」

  [★]

nuclear receptor superfamily
核内受容体スーパーファミリー


核受容体スーパーファミリー」

  [★] 核内受容体スーパーファミリー

16


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

核内受容体」

  [★]

nuclear receptor
核内受容体スーパーファミリー
細胞質受容体 intranuclear receptor

核内受容体スーパーファミリー

構造 (SPC.57)

  • DNA結合部位とホルモン結合部位を有する
  • ホルモン非存在下ではホルモン結合部位がDNA結合部位に結合して抑制している
  • DNA結合部位にZnフィンガーモチーフを有する



受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


ファミリ」

  [★]

family
家族系統群親戚ファミリー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡