板状無気肺

出典: meddic


和文文献

  • 腹部疾患にみられる板状無気肺(discoid atelectasis)
  • 山崎 岐男 [他]
  • 日本胸部臨床 32(5), 347-355, 1973-05-00
  • NAID 40018252201
  • 術後に発生した肺虚脱と板状無気肺臨牀

関連リンク

胸部X線撮影上,中・下肺野に認められる特殊な形態として板状無気肺(discoid atelectasis)があり,約2~3cmの長さで,1~3mmの厚さの線状陰影として認められる 。横隔膜の動きが制限される腹部疾患,とくに炎症(膵炎,胆のう炎,横隔膜下膿瘍など )や ...
気管支の閉塞に起因して空気が肺の末梢部に行き渡らなくなり、結果として空気が吸収 され肺が縮小してしまう病気です。粘着性、瘢痕性、圧迫性、閉塞性無気肺が代表的で 、他にも円形若しくは板状無気肺と言われるものもあります。気管支の閉塞が痰や ...


★リンクテーブル★
リンク元円形無気肺
関連記事」「無気肺」「板状

円形無気肺」

  [★]

round atelectasis
円板状アテレクターゼ 円板状無気肺 discoid atelectasis板状様アテレクターゼ 板状無気肺 plate like atelectasisrounded atelectasis


YN.I-85 SRA.224
  • 大きさは3-5cmで胸膜に接する腫瘤。
  • 円形、類縁形あるいは腫瘤状陰影を呈する無気肺。胸膜肥厚、癒着を伴う
  • 石綿暴露歴、男性、喫煙者であることが多い。
  • 下肺野に多く(SRA.297 参考3)、右下葉に多い(SRA.224)。
  • 成因は不明であるが、臓側胸膜の線維化により胸膜が肺を包み込むようにして形成されるという考えがある。
  • 肺癌や結核腫の鑑別が問題となる。
  • CT上、肥厚した胸膜に接した円形腫瘤映画認められ、気管支や血管が腫瘤影にまきこまれる陰影(comet-like tail)が観察される。
  • 造影CTでは類円形、均一に造影される(参考1)
  • 大きさが不変であることや縮小傾向を示すことは良性であることを示唆する。
  • 画像所見のみで診断できるが、特徴的なcommet tailが見られなければ生検が必要かも。(参考3)
  • 石綿肺に関連して生じた円形無気肺はasbestos pseudotumor, Blesovsky syndromeと呼ばれる(参考1)

参考

  • 1. chest xp: Asbestos: When the Dust Settles—An Imaging Review of Asbestos-related Disease1
Fig 10a.が円形無気肺
[display]http://radiographics.rsna.org/content/22/suppl_1/S167.full
  • 2. chest XP: みにくい
[display]http://imaging.consult.com/image/chapter/Chest?title=Atelectasis&image=fig5&locator=gr5&pii=S1933-0332%2808%2973180-X
  • 3. [charged] Radiologic patterns of lobar atelectasis - uptodate [1]


肺」

  [★]

lung
肺区域肺野呼吸器の上皮の移行
  • 図:M.78 N.204(肺のリンパ系),197(肺区域)

解剖

  • 重量:右:500g, 左:400g
  • 葉:右3葉、左2葉
右上葉、右中葉、右下葉、左上葉、左下葉

発生

L.247
  • 肺の上皮、喉頭、気管、および気管支の内面を覆う上皮 → 内胚葉
  • 気管および肺の軟骨性要素と筋要素、結合組織 → 中胚葉(臓側中胚葉)
NGY.283
  • 妊娠16週頃:気管、気管支が分岐し腺状構造をなす(腺状期)
  • 妊娠16-24週頃:管状構造を形成し、毛細血管が上皮に接触する。(管状期)
  • 妊娠28週頃:毛細血管が肺胞腔に露出

機能

  • 呼吸

肺の構造

SSUR.323
区分 気管支腺 軟骨 平滑筋 弾力線維
気管 2+ 3+ 2+ 4+
葉気管支 2+ 3+ 3+ 3+
区域-小気管支 2+ 2+ 3+ 3+
肺小葉 細-終末気管支 3+ 3+
肺胞道 呼吸細気管支
肺細葉
肺胞/肺胞嚢 2+

臨床関連

  • 肺の打診 (M.72)

胸部X線解剖

  • 右第1弓:上大静脈
  • 右第2弓:右心房
  • 左第1弓:大動脈弓
  • 左第2弓:肺動脈幹
  • 左第3弓:左心房(左心耳)
  • 左第4弓:左心室




シルエットサイン

  • 右第2弓:(陽性)[上葉]内側中葉区(S5)、[下葉]内側肺底区(S7)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)????  → 陰性だったら背面の区域、つまりS6,S10と考えて良いのではないだろうか?
  • 左第4弓:(陽性)[上葉]上舌区(S4)、下舌区(S5)、[下葉]前内側肺底区(S7+8)、(陰性)[下葉]上-下葉区(S6)???、後肺底区(S10)??? → 同様にS6,S10と考えて良いのでは?

肺のリンパ節

肺区域

  • 左肺は心臓があるために、右とは異なる形状・肺区域を有する。
  • S1とS2はまとめてS1+2と呼ばれる
  • S7とS8はまとめてS7+8あるいはS8と呼ばれる ← 心臓が左胸腔に全内側に突出しているからと考える
  • 背側にある区域は2・6・10と覚えよ

臨床関連

  • 分葉異常:奇静脈の走行異常による右上葉の奇静脈葉が最も多い(QB.I-295)





無気肺」

  [★]

不完全な拡張:ateles(imperfect) + ektasis(expansion)
atelectasis
肺拡張不全 pulmonary atelectasis
[[]]
  • 幼児性無気肺


概念

  • 何らかの原因により肺胞虚脱をきたした病態
  • 胸部単純X写真上では肺における空気の減少により透過性の低下した像が認められる。

診断

  • 打診:含気の消失による濁音。
  • 胸部単純X線写真:無気肺をきたしている肺葉、肺区域の同定:肺胞内含気の低下(透過性低下、均等影)、葉間裂の移動、横隔膜の上昇、縦隔の偏位
  • 気管支鏡検査:原因探索




板状」

  [★]

plateplacoid
シャーレプレート蒔く




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡