有病率

出典: meddic

prevalence rate, morbidity prevalence rate
罹患率 incidence rate morbidity rate


有病率(prevalence)の定義

SUB.178
  • 単位人口に対する一時点における疾病異常者の割合  →  静的な数字
有病率 = 集団のある一時点における疾病を有する者の数[人] / 集団の調査対象全員の数[人]

参考

  • 厚労省 平成17年 患者調査報告 (傷病分類編)
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/05syoubyo/index.html
10月の時点での患者総数を表している。
  • 厚労省 患者調査 > 平成20年患者調査 > 閲覧 > 年次 > 2008年
[display]http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/21 22:46:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急増するドライアイ (AYUMI 現代社会と眼 : 視覚情報社会,超高齢社会の与える眼への影響)
  • 加藤 弘明,横井 則彦
  • 医学のあゆみ 253(2), 155-158, 2015-04-11
  • NAID 40020421695
  • COPDの疫学 (特集 COPDの診断と最新の治療)
  • 矢幅 美鈴,川田 奈緒子,巽 浩一郎
  • 診断と治療 103(4), 436-441, 2015-04
  • NAID 40020425682
  • 診療に役立つ炎症性腸疾患の疫学知識 (特集 炎症性腸疾患診療の最前線)
  • 桑原 絵里加,西脇 祐司
  • 日本医師会雑誌 144(1), 19-22, 2015-04
  • NAID 40020417260
  • 疫学 (特集 喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS)をめぐって)
  • 佐野 博幸,東田 有智
  • アレルギー・免疫 22(4), 500-506, 2015-04
  • NAID 40020395905

関連リンク

当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 有病率
集団における疾病発生を表す基本的な方法として有病率と 発生率(incidence: 罹患率と訳されることもある)があります。有病率とは、最初に罹患した時期とは無関係に、ある時点(検査時)において集団の中で疾病に罹患している人の ...
疫学における有病率(ゆうびょうりつ、Prevalence rate )とは、集団における疾病の静的な割合をあらわす指標の一つである。疫学において有病率は、以下のように算出される。 疫学では過去の経緯から有病割合と表現せずに,有病率 ...

関連画像

 推定有病率と生活環境の推移骨 粗 鬆 症 有病率 の 性 年代  有病率(人口10万人当たり認知症の年齢別有病率グラフ図1)65歳未満の認知症有病率腎動脈狭窄性の有病率-2.png有病率/あなたが、65歳に 睡眠時無呼吸症候群の有病率


★リンクテーブル★
先読みmorbidity rate
国試過去問101H004」「096G019」「098G015」「110D010」「102A005
リンク元疾患と死亡に関わる疫学指標」「特異度」「感度」「罹患率」「prevalence
拡張検索血清有病率」「点有病率」「有病率研究」「時点有病率」「HIV血清有病率
関連記事

morbidity rate」

  [★]

attack ratecase ratemorbidityprevalencesusceptibility


101H004」

  [★]

  • 人口20万人の都市。現在、1,000人の住民がある疾患に罹患している。この都市では、この疾患に毎年50人の住民が新たに罹患し、20人の患者が死亡している。また、この疾患は治癒しない。衛生当局が現時点におけるこの疾患の有病率を計算した。根拠となる計算式はどれか。
  • a. 50÷200,000
  • b. 1,000÷200,000
  • c. (50-20)÷200,000
  • d. (1,000+50)÷200,000
  • e. (1,000+50-20)÷200,000
[正答]


※国試ナビ4※ 101H003]←[国試_101]→[101H005

096G019」

  [★]



  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G018]←[国試_096]→[096G020

098G015」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
  • a. 出生率は通常人口10万対で示す。
  • b. 乳児死亡とは生後4週未満の死亡である。
  • c. 有病率の計算には年間の新規患者数が必要である。
  • d. 標準化死亡比は年齢別死亡数が不明の場合に用いられる。
  • e. 我が国の年齢調整死亡率には昭和35年のモデル人口を用いる。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G014]←[国試_098]→[098G016

110D010」

  [★]

  • 高齢者における高血圧症について正しいのはどれか。
  • a 収縮期高血圧症が多い。
  • b 起立性低血圧の合併が少ない。
  • c 高用量の降圧剤で治療を開始する。
  • d 若年者より降圧目標とする血圧値が低い。
  • e 有病率の男女差が若年と比較して大きい。


[正答]


※国試ナビ4※ 110D009]←[国試_110]→[110D011

102A005」

  [★]

  • a. モノアミンが関与している。
  • b. 大脳に炎症性変化が存在する。
  • c. 陰性症状に対する薬物効果は高い。
  • d. 発症初期の積極的な治療的介入が重要である。
  • e. 有病率は人口10万当たり約10である。
[正答]


※国試ナビ4※ 102A004]←[国試_102]→[102A006

疾患と死亡に関わる疫学指標」

  [★]

  定義 特徴
罹患率 incidence rate 単位人口(暴露人口、危険人口)に対する一定期間内に新たに疾病異常者となった者の割合 動的 一定の観察期間内に新規発生した患者数 [人] / 危険暴露人口一人一人の観察期間の総和 [人年]
有病率 prevalence rate 単位人口に対する一時点における疾病異常者の割合 静的 集団のある一時点における疾病を有する者の数[人] / 集団の調査対象全員の数[人]
死亡率 mortality rate 単位人口に対する一定期間内における死亡数の割合   集団のある一定期間内における死亡者数[人] / 集団の調査対象全員の数[人]
致命率 case fatality rate 一定期間内において、対象とする疾患にかかった者がその疾患で死亡する者の割合 急性疾患の重篤度を表す。 死亡率 / 罹患率
生存率 survival rate 対象とする疾患に罹患しているのものが、一定期間中に死亡から免れる確率 慢性疾患の予後判定に用いられる。 (1-死亡率)の積和


特異度」

  [★]

specificity
感度有病率(検査前確率)、陽性適中度 陽性予測値 positive predictive value陰性適中度 陰性予測値 negative predictive value感度と特異度
  • 無病者における検査結果が陰性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sp= d / ( b + d )

感度と特異度

  • 公衆衛生学的な視点から有用
  • 検査をすることによって集団の中からできるだけ疾病のある人を発見したい。


感度」

  [★]

sensitivity
敏感度
特異度有病率(検査前確率)、検査後確率陽性適中度 陽性的中率 positive predictive value陰性適中度 陰性的中率 negative predictive value感度と特異度陽性尤度比


  • 有病者における検査結果が陽性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sn= a / ( a + c )


罹患率」

  [★]

incidence rate, morbidity rate
発病率疾病率罹病率
有病率 prevalence ← 区別する!
罹患期間

罹患率(incidence)の定義

SUB.178
  • 単位人口(暴露人口、危険人口)に対する一定期間内に新たに疾病異常者となった者の割合  →  動的な数字
罹病率= 一定の観察期間内に新規発生した患者数 [人] / 危険暴露人口一人一人の観察期間の総和 [人年]

疾患と死亡に関わる疫学指標

国試



prevalence」

  [★]

  • n.
attack ratecase rateepidemicfashionmorbiditymorbidity ratepervasiveprevailprevalence rateprevalentspreadsusceptibility

WordNet   license wordnet

「(epidemiology) the ratio (for a given time period) of the number of occurrences of a disease or event to the number of units at risk in the population」

WordNet   license wordnet

「the quality of prevailing generally; being widespread; "he was surprised by the prevalence of optimism about the future"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「広く行きわっていること,普及 / 優勢,支配」


血清有病率」

  [★]

seroprevalence
血清疫学的研究


点有病率」

  [★]

point prevalence rate
有病率


有病率研究」

  [★]

prevalence study

時点有病率」

  [★]

point prevalence rate


HIV血清有病率」

  [★]

HIV seroprevalence


率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6SHEEP BLEEDING PAN mail9
7OVINE LEG B IN mail5
8Norpseudoephedrine mail4
9右室梗塞4
10クモ膜嚢胞4
11ソーセージ様手指とは4
12右PICA後閉塞 s/o4
13裂脳症close4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
16MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
17グリコフォームとは4
18CATTLE BLEEDING HOOK mail3
19OVINE 6 WAYS CUT mail3
20パリスターキリアン3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1OVINE LEG B IN mail4
2Norpseudoephedrine mail4
3グリコフォームとは3
4SI 血清鉄 3
5+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
6メサコリン2
7ガラクトキナーゼ欠損2
8膜性骨化2
9プラスミノーゲンアクチベーター2
10尿細管性アシドーシス+嚢胞2
11atbi2
12兎眼+原因2
13Al Said and Superyacht A manufacturers-and-suppliers companies contacts us in Libya mail2
14BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
15大伏在静脈2
16蕁麻疹用血管炎2
17www.balkhair.com mail2
18局在関連性てんかん2
19医療電子教科書+アシドーシス2
20オノアクト+作用機序1