有病率

出典: meddic

prevalence rate, morbidity prevalence rate
罹患率 incidence rate morbidity rate


有病率(prevalence)の定義

SUB.178
  • 単位人口に対する一時点における疾病異常者の割合  →  静的な数字
有病率 = 集団のある一時点における疾病を有する者の数[人] / 集団の調査対象全員の数[人]

参考

  • 厚労省 平成17年 患者調査報告 (傷病分類編)
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/05syoubyo/index.html
10月の時点での患者総数を表している。
  • 厚労省 患者調査 > 平成20年患者調査 > 閲覧 > 年次 > 2008年
[display]http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/21 22:46:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急増するドライアイ (AYUMI 現代社会と眼 : 視覚情報社会,超高齢社会の与える眼への影響)
  • 加藤 弘明,横井 則彦
  • 医学のあゆみ 253(2), 155-158, 2015-04-11
  • NAID 40020421695
  • COPDの疫学 (特集 COPDの診断と最新の治療)
  • 矢幅 美鈴,川田 奈緒子,巽 浩一郎
  • 診断と治療 103(4), 436-441, 2015-04
  • NAID 40020425682
  • 診療に役立つ炎症性腸疾患の疫学知識 (特集 炎症性腸疾患診療の最前線)
  • 桑原 絵里加,西脇 祐司
  • 日本医師会雑誌 144(1), 19-22, 2015-04
  • NAID 40020417260
  • 疫学 (特集 喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS)をめぐって)
  • 佐野 博幸,東田 有智
  • アレルギー・免疫 22(4), 500-506, 2015-04
  • NAID 40020395905

関連リンク

当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 有病率
集団における疾病発生を表す基本的な方法として有病率と 発生率(incidence: 罹患率と訳されることもある)があります。有病率とは、最初に罹患した時期とは無関係に、ある時点(検査時)において集団の中で疾病に罹患している人の ...
疫学における有病率(ゆうびょうりつ、Prevalence rate )とは、集団における疾病の静的な割合をあらわす指標の一つである。疫学において有病率は、以下のように算出される。 疫学では過去の経緯から有病割合と表現せずに,有病率 ...

関連画像

 推定有病率と生活環境の推移骨 粗 鬆 症 有病率 の 性 年代  有病率(人口10万人当たり認知症の年齢別有病率グラフ図1)65歳未満の認知症有病率腎動脈狭窄性の有病率-2.png有病率/あなたが、65歳に 睡眠時無呼吸症候群の有病率


★リンクテーブル★
先読みmorbidity rate
リンク元特異度」「感度」「罹患率」「prevalence」「流行
拡張検索血清有病率」「時点有病率」「有病率上昇
関連記事

morbidity rate」

  [★]

attack ratecase ratemorbidityprevalencesusceptibility


特異度」

  [★]

specificity
感度有病率(検査前確率)、陽性適中度 陽性予測値 positive predictive value陰性適中度 陰性予測値 negative predictive value感度と特異度
  • 無病者における検査結果が陰性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sp= d / ( b + d )

感度と特異度

  • 公衆衛生学的な視点から有用
  • 検査をすることによって集団の中からできるだけ疾病のある人を発見したい。


感度」

  [★]

sensitivity
敏感度
特異度有病率(検査前確率)、検査後確率陽性適中度 陽性的中率 positive predictive value陰性適中度 陰性的中率 negative predictive value感度と特異度陽性尤度比


  • 有病者における検査結果が陽性である確率(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.35)
  疾患あり 疾患なし
検査陽性 a
真陽性
b
偽陽性
検査陰性 c
偽陰性
d
真偽性
Sn= a / ( a + c )


罹患率」

  [★]

incidence rate, morbidity rate
発病率疾病率罹病率
有病率 prevalence ← 区別する!
罹患期間

罹患率(incidence)の定義

SUB.178
  • 単位人口(暴露人口、危険人口)に対する一定期間内に新たに疾病異常者となった者の割合  →  動的な数字
罹病率= 一定の観察期間内に新規発生した患者数 [人] / 危険暴露人口一人一人の観察期間の総和 [人年]

疾患と死亡に関わる疫学指標

国試


prevalence」

  [★]

  • n.
attack ratecase rateepidemicfashionmorbiditymorbidity ratepervasiveprevailprevalence rateprevalentspreadsusceptibility

WordNet   license wordnet

「the quality of prevailing generally; being widespread; "he was surprised by the prevalence of optimism about the future"」

WordNet   license wordnet

「(epidemiology) the ratio (for a given time period) of the number of occurrences of a disease or event to the number of units at risk in the population」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「広く行きわっていること,普及 / 優勢,支配」


流行」

  [★]

fashionepidemicprevalenceprevailprevalentepidemic
epidemia
伝染性普及方法蔓延有病率様式罹患率流行性流行病伝染病
集団発生



血清有病率」

  [★]

seroprevalence
血清疫学的研究


時点有病率」

  [★]

point prevalence rate


有病率上昇」

  [★]

increased morbidity


率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3