最小発育阻止濃度

出典: meddic

minimum inhibitory concentration, MIC




[show details]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/04/02 15:22:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新たに分離されたリネゾリド耐性MRSA株の分子遺伝学的解析
  • 水野 秀一
  • 山口医学 60(6), 223-230, 2011-12-31
  • … ゾリド(linezolid;LZD)に耐性を示すMRSAが分離された.患者は急性骨髄性白血病の既往をもち,造血幹細胞移植後にMRSAによる感染症を繰り返していた.LZD耐性MRSAはLZDの投与合計103日後の糞便から検出され,その最小発育阻止濃度は32μg/mlであった.臨床分離株において,LZD耐性菌が誘発されることを証明した報告はこれまでに見あたらない.そこで,LZD投与中に分離されたLZD耐性株と,LZD投与以前および投与中止後に同患者より分離さ …
  • NAID 120003958774
  • 前眼部・外眼部感染症起炎菌の薬剤感受性 : 日本眼感染症学会による眼感染症起炎菌・薬剤感受性多施設調査(第二報)
  • 秦野 寛,井上 幸次,大橋 裕一,下村 嘉一,坂本 雅子,岡本 豊
  • 日本眼科學会雜誌 115(9), 814-824, 2011-09-10
  • NAID 10029528569

関連リンク

MIC(最小発育阻止濃度) MIC(最小発育阻止濃度) 細菌を培養すると増殖します。この時、抗菌薬と共に細菌を培養すると、薬の作用によって細菌の増殖が抑えられます。 しかし、抗菌薬の濃度が薄すぎると細菌の増殖を抑えること ...
2 平成21年₆月15日発行 広島市医師会だより (第518号 付録) 検査科細菌部門 1.薬剤感受性検査(ディスク法、MIC法) ディスク法とは、一定量の抗生剤を含ませたディスクを細菌の上において培養すること
臨床的意義 微生物の発育を阻止するのに必要な抗菌薬の最小濃度。値が小さいほど抗菌力が大。 主に抗菌薬開発における臨床治験のための細菌学的試験に行われる検査である。 微生物に対する最小発育阻止濃度(Minimum ...

関連画像

 酢酸と乳酸の最小発育阻止濃度図:最小発育阻止濃度(MIC MIC(最小発育阻止濃度)MIC(最小発育阻止濃度)各菌種の最小発育阻止濃度


★リンクテーブル★
リンク元その他メモ」「minimum inhibitory concentration

その他メモ」

  [★]

学会メモ

  • 概日時計
    • 自律性
    • 同調性
    • 温度補償性
      • 哺乳類の場合、mPer1,2,3とmCry1,2がある。
      • 培養細胞レベルでも時計機構を有する
  • iPS
    • iPSとES細胞との違い
    • iPSは拒絶されない組織を作ることができるが、ES細胞は拒絶される。
    • 現在のガイドラインは、個体作成は認めないこと、神経細胞を大脳皮質に移植しないこと、らしい
  • 遺伝子治療
  • ベクター系
  • Pott症候群
    • メチレーションの異常。meCP
  • リンパ管内皮マーカー

特別講演メモ

要調査 080607

  • 血中における白血球の比率が変動する遺伝的疾患とは?


minimum inhibitory concentration」

  [★] 最小発育阻止濃度 MIC




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡