接触性皮膚炎

出典: meddic

contact dermatitis
dermatitis venenata
接触皮膚炎かぶれ
IV型アレルギー
[show details]




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/30 02:05:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-03-3 体内のNK細胞が代償的な調整機能として働いたと考えられる接触性皮膚炎の1例(P2-03 アトピー性皮膚炎,皮膚アレルギー3,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 渡邉 直人,曽 振武,牧野 荘平
  • アレルギー 60(3・4), 479, 2011-04-10
  • NAID 110008594602
  • 圧迫弾性ストッキングに含まれる合成ゴムのネオプレーンによるアレルギー性接触性皮膚炎
  • 緑内障点眼薬による接触性皮膚炎の1例 (特集 第63回日本臨床眼科学会講演集(6))
  • 尾崎 弘明,Huang Jane,内尾 英一 [他]
  • 臨床眼科 64(8), 1395-1399, 2010-08
  • NAID 40017268246

関連リンク

接触性皮膚炎・接触皮膚炎はアレルギー性のものと思われがちですが、誰しもが湿疹などの症状を発症する可能性がある病気です。症状の出方や原因となり得る物、また病院での原因物質特定方法や、治療法をご紹介します。
アトピーと区別しないといけない病気を説明します。まず、接触性皮膚炎です。ウルシかぶれが代表的です。何か物に触れると、湿疹が出てきます。皮膚の病気をシリーズで紹介していきます。
接触性皮膚炎を起こす可能性があるもの例(いろいろな物に起こす 可能性がありますが殆どの人は触っても平気です。) 毛染め、パーマ液、ゴムの軟化剤など 食べ物 レタス、にんにく、海老、かに、アロエなど 食べ物 ...

関連画像

接触性皮膚炎接触性皮膚炎臨床像接触性皮膚炎接触性皮膚炎の分布と接触源接触皮膚炎(3)綿麻混合下着それ は 湿布 なん です 矢印 で


★リンクテーブル★
国試過去問106I019
リンク元アレルギー」「IV型アレルギー」「掻痒症」「接触感受性」「接触性湿疹
拡張検索急性毒性接触性皮膚炎
関連記事皮膚」「」「皮膚炎」「接触」「接触性

106I019」

  [★]

  • 外陰部の瘙痒感をきたしにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I018]←[国試_106]→[106I020

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査




IV型アレルギー」

  [★]

type IV allergic reaction
IV型アレルギー反応type IV hypersensitivity遅延型アレルギー反応 delayed allergic reaction delayed type allergic reaction遅延型過敏症 delayed-type hypersensitivity delayed type hypersensitivity DTH遅延型過敏症アレルギー遅延型アレルギー遅延型過敏性免疫反応遅延型過敏反応
アレルギー

概念

  • 抗原特異的T細胞によって起こる細胞性免疫反応

関与する細胞・物質

  • 1.
  • 1) 抗原提示細胞:マクロファージ、樹状細胞
  • 2) 抗原に感作されたT細胞(IV型アレルギーの原因となっているT細胞 = TDTH)
  • 2. T細胞が放出するサイトカイン(昔の言葉でリンホカイン)
  • 3. 2.によって動員される細胞:T細胞、マクロファージ

アレルギー反応発現までの時間

  • ピークは24-48hr  ⇔ I型アレルギーは即時

病態生理

  • 体内に侵入した抗原は樹状細胞やマクロファージなどの抗原提示細胞に貪食され分解されて、MHC class IIに抗原をのせてT細胞に提示する。T細胞は感作され、再び抗原刺激を受けるとINF-γTNF-αなどのサイトカインを産生し炎症を惹起する。この反応は抗原進入後48時間程度でピークとなる。(SPE.291)
  • ここで活性化されるT細胞がTh2細胞優位である場合、I型アレルギー反応の遅延型反応のような反応を呈する。

主な疾患

  • アレルゲン:うるし、銀杏など、装飾品(めがね、イヤリング、時計など)、下着、外用薬、化粧品
  • アレルゲンテスト:パッチテスト(皮膚貼付試験: アレルゲン貼付後24-48時間後に判定)
  • I型アレルギー + IV型アレルギー
  • 3. 慢性肉芽種症 chronic granuloma
  • アレルゲン:結核、癩(らい)、サルコドーシスの原因となる病原体

IV型アレルギーを利用した検査

  • 1. ツベルクリンテスト
  • 2. 光田反応
  • 癩抗原(レプラミン)注射後、硬結を判定
  • 3. ディック反応
  • 猩紅熱のディック毒素の判定
  • 4. フライ反応
  • 鼡径リンパ肉芽腫(第4性病)の判定
  • 5. DNCB感作試験



掻痒症」

  [★]

pruritus
掻痒、痒み、皮膚掻痒症

皮膚疾患による掻痒症 (IMD.249)


接触感受性」

  [★]

contact sensitivity
接触過敏症接触性皮膚炎接触性湿疹


接触性湿疹」

  [★]

contact eczema
接触過敏症接触性皮膚炎接触感受性


急性毒性接触性皮膚炎」

  [★]

acute toxic contact dermatitis
化学熱傷


皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


皮膚炎」

  [★]

dermatitis
皮膚皮膚炎症湿疹


接触」

  [★]

contactcontact
連絡、密着


接触性」

  [★]

accessibility
到達性利便性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡