抗壁細胞抗体

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • A型胃炎に発生した多発性胃カルチノイドに幽門側胃切除を施行した1例
  • 藤堂 祐子,赤木 盛久,近松 そのこ,三浦 敏夫,渡邊 哲彦,春間 賢,嶋本 文雄,吉田 和弘,峠 哲哉
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 99(4), 386-390, 2002-04-05
  • … 症例は68歳の女性.上部消化管内視鏡検査で多発性胃カルチノイドと診断した.血清ガストリンは2248.8pg/m<I>l</I>と著しい高値を示し,抗壁細胞抗体も陽性でA型胃炎に発生した胃カルチノイドであった.幽門側胃切除術を施行し,術後血清ガストリンは正常化した.残胃のECM(endocrine cell micronest)およびカルチノイドは消失し,術後26カ月再発を認めていない.A型胃炎に発生する多発性胃カルチノイドの治療として …
  • NAID 10009389303

関連リンク

抗胃壁細胞抗体は胃壁細胞の細胞質に対する自己抗体であり,抗内因子抗体(intrinsic factor antibody)とともに抗胃抗体と総称される。抗胃壁細胞抗体は,悪性貧血患者血清で高率に陽性となるが,抗内因子抗体より悪性貧血に対する特異性は ...
臨床的意義 胃壁細胞の原形質に対する自己抗体。悪性貧血患者の血中に高率で出現する。 抗胃壁細胞抗体(PCA)は、胃粘膜の壁細胞(parietal cell)の細胞質成分に対する自己抗体で、その対応抗原は壁細胞のプロトンポンプ機構 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事壁細胞」「抗体」「」「細胞

壁細胞」

  [★]

parietal cell (Z)
exocrinocytus parietalis
酸分泌細胞傍細胞 oxyntic cell塩酸分泌細胞lining cell LCmural cell
胃腺胃酸固有胃腺


概念

  • 胃底腺が分布する胃体部に多い → see 胃腺
  • 塩酸、内因子分泌(ビタミンB12の吸収に必要なタンパク質)
  • 細胞内分泌細管(分泌活発な時に↑)
  • 小管小胞構造(分泌時には細胞内分泌細管と融合)


抗体」

  [★]

antibody, Ab
γ-globline、免疫グロブリン
  • 抗原を特異的に認識する糖蛋白質である免疫グロブリンの一種。
  • 血液・リンパ液中で抗原と非結合状態のものを指す
  • 液性免疫に関与




体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡