抗リンパ球グロブリン

出典: meddic

antilymphocyte globulin ALG
抗胸腺細胞グロブリン ATG抗リンパ球血清ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球抗体


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Goodpasture症候群に施行した献腎移植の1例
  • 宮里 実,小山 雄三,宮里 朝矩,米納 浩幸,内藤 絢子,菅谷 公男,秦野 直,小川 由英
  • 泌尿器科紀要 47(7), 493-495, 2001-07
  • … りGoodpasture症候群と診断した.ステロイドパルス療法と血漿交換により症状の改善が認められた.しかし,腎機能は回復せず透析導入となった.男をドナーとして献腎移植術を施行した.免疫抑制剤はシクロスポリン,メチルプレドニゾロン,アザチオプリン,ミゾリビンで開始し,抗リンパ球グロブリンを14日間使用した.術後6日目には透析離脱となった.移植後1年目の定期的腎生検では拒絶反応,原病再発の所見は認められなかった …
  • NAID 120002142147
  • 再生不良性貧血 (特集 私の処方2001--小児薬物治療の実際) -- (血液・腫瘍疾患の処方)
  • タクロリムス, アザチオプリン, プレドニゾロン, ALG(抗リンパ球グロブリン) の4剤併用療法を用いた生体腎移植の6例
  • 藤本 雅哉,塩塚 洋一,松岡 徹,中井 康友,辻本 裕,岡本 大亮,野々村 祝夫,北村 雅哉,市丸 直嗣,小角 幸人,高原 史郎,三木 恒治,奥山 明彦
  • 移植 32(6), 400-407, 1997-12-10
  • NAID 10005950440

関連リンク

再生不良性貧血のATG療法 1.ATGとは 2.ATG療法のメカニズム 3.ATG療法の実際 4.ATG療法の副作用 5.ATG療法の効果 6.ATG療法後の再発に対するATG再投与 1.ATGとは ATGとは抗胸腺細胞グロブリンすなわちantithymocyte globulin ...
【新薬】抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン「サイモグロブリン」 急性GVHDに適応を持つ初の免疫グロブリン ... 2008年9月12日、生物由来の免疫抑制薬である抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン(商品名:サイモ ...
医薬品情報 サイト イーファーマ(トップ) >品名索引(さ) >現表示ページ >薬効名索引(生物学的製剤) 商品名 サイモグロブリン点滴静注用25mg (成分:グロブリン,ウサギ免疫グロブリン)

関連画像

午後 65 悪性貧血 について  は b リンパ球 に 直接 作用


★リンクテーブル★
先読みATG
リンク元抗リンパ球血清」「ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン」「抗胸腺細胞グロブリン」「抗リンパ球抗体」「ALG
関連記事リンパ球」「グロブリン」「リン」「」「リンパ

ATG」

  [★] 抗胸腺細胞グロブリン antithymocyte globulin


抗リンパ球血清」

  [★]

antilymphocyte serum ALS
抗胸腺細胞グロブリンウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球抗体抗リンパ球グロブリン
anti-thymocyte globulinantilymphocyte antibodyantilymphocyte globulinantithymocyte globulinATGAMlymphocytotoxic antibody


ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン」

  [★]

ATGAM
抗胸腺細胞グロブリン抗リンパ球血清抗リンパ球抗体抗リンパ球グロブリン
anti-thymocyte globulin、anti lymphocyte antibody、antilymphocyte globulinantilymphocyte serumantithymocyte globulinlymphocytotoxic antibody


抗胸腺細胞グロブリン」

  [★]

antithymocyte globulin ATGanti-thymocyte globulin
Atgam, Thymoglobulin
抗リンパ球血清ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球抗体抗リンパ球グロブリンALG


抗リンパ球抗体」

  [★]

antilymphocyte antibodylymphocytotoxic antibody
抗胸腺細胞グロブリン抗リンパ球血清ウマ由来抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン抗リンパ球グロブリン
胸腺細胞


ALG」

  [★] 抗リンパ球グロブリン antilymphocyte globulin


リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡