感覚障害

出典: meddic

sensory disturbancesensory abnormalitysensory disordersensation disorder
知覚障害


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳卒中麻痺側上肢感覚障害における母指運動覚評価の改定と信頼性の検討
  • 谷野 美奈,渡邊 豊明,坂本 利恵 [他]
  • 作業療法ジャーナル 46(12), 1577-1581, 2012-11
  • NAID 40019455523
  • OAP要旨:外傷を契機に発見された硬膜内髄外腫瘍の1例
  • 古矢 丈雄,フルヤ タケオ,FURUYA Takeo,常泉 吉一,ツネイズミ ヨシカズ,TSUNEIZUMI Yoshikazu,池田 修,イケダ オサム,IKEDA Osamu,大河 昭彦,オオカワ アキヒコ,Okawa Akihiko,国司 俊一,クニシ シュンイチ,KUNISHI Shunichi,葛城 穣,カツラギ ジョウ,KATSURAGI Jyo,大田 光俊,オオタ ミツトシ,OHTA Mitsutoshi,高橋 和久,タカハシ カズヒサ,TAKAHASHI Kazuhisa,山崎 正志,ヤマザキ マサシ,YAMAZAKI Masashi,大井 利夫,オオイ トシオ,OHI Toshio
  • 千葉医学雑誌 88(5), 251-251, 2012-10-01
  • 感覚障害もなく,深部腱反射の亢進もなかった。 …
  • NAID 120004943932

関連リンク

患者の訴えるしびれという語は、一般には身体の全部または一部の感覚を失うことを 意味するが、急性または亜急性に進展する運動麻痺、筋脱力を表すことが稀ならずある 。また、筋固縮を意味することもある。患者の訴えるしびれが必ずしも感覚障害のみを 指し ...
感覚障害の種類; 完全に感覚が分からない場合を感覚麻痺、少しは分かるときは感覚 鈍麻(感覚低下・感覚脱失)という; 一般的に「しびれ」を異常感覚という; 刺激を与えた ときに予想されるよりも強い痛みを生じる場合を感覚過敏という; 中枢神経障害に基づく ...

関連画像

しびれ の 危険 な サイン研究の背景カラーイメージ 縦 or 横 最大 切離 断 感覚 障害 運動 障害  型 の 感覚 障害 という こと分節状支配領域と記憶して


★リンクテーブル★
国試過去問098C016」「096C004」「104H028」「105C017」「100I006」「104I078」「107I032」「095B080」「099D026」「104E022」「103H015」「087A071
リンク元sensory abnormality」「知覚障害」「sensory disorder」「sensation disorder」「sensory disturbance
拡張検索手袋靴下型感覚障害」「皮質性感覚障害」「手袋靴下型の感覚障害
関連記事障害」「」「感覚

098C016」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 75歳の女性。家族では介護しきれないために夫と妹が入院を希望し、拒否する本人を連れて来院した。
  • 現病歴 : 裕福な家庭に育ち有名女学校を首席で卒業した。20歳で結婚し24歳で長男を出産。以後専業主婦として現在に至る。多趣味で俳句、書道をたしなみ、師範の免許も多い。夫と2人暮らし。長男は独立して家庭を持っている。2年前心臓疾患で2か月入院して帰宅した後から「もらい物が見当たらない。」、「冷蔵庫の中身が変わっている。」と夫を責めるようなことがあった。1年前には長男の嫁に対して財産を狙っていると責めるようになり、3か月前からは最も世話になって信頼していた妹にも「絵のコレクションを盗む。」、「貯金通帳を隠した。」と一方的に攻撃して警察に通報するようになり、親族と断絶してしまった。高齢の夫のみとの生活になったが、メモ帳を捨てたなどと夫にも攻撃が及ぶようになり、夫は介護不能と判断した。
  • 現症 : 上品な老婦人。診察室では攻撃性は一見みられない。身長150cm、体重48kg。脈拍84/分、整。血圧148/84mmHg。神経学的には深部反射が両下肢とも軽度亢進。左上肢で歯車様筋固縮を軽度に認める。本人拒否のまま入院としたが、入院時には頑強に抵抗し、「人権侵害です。訴えますよ。」と大騒ぎした。
  • 入院後経過 : 意に反して入院させられたことを厳しく追及するが、入院の必要についての説明に納得して機嫌よくしていることもあり、まったく相反する態度が交互に現れる。会話しているとしばらく前に話した内容がそっくりそのまま何度も出てきて、本人はそのことに気付いていない。病棟内で迷子になることはない。改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールでは30点満点中25点である。入院10日目の頭部単純MRIを以下に示す。
  • この患者にみられる症候はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 098C015]←[国試_098]→[098C017

096C004」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 54歳の男性。息切れと皮下の出血斑とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 生来健康で2年前の会社での健康診断では異常はなかった。4か月前から階段で息切れを自覚するようになり、2か月前の出張旅行では疲労感が強く、同僚に顔色不良を指摘された。そのころから常時頭重感があり、1週前に下腿前面に赤紫色の小斑点が出現しているのに気付いた。体重減少や発熱はない。常用薬はない。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長172cm、体重63kg。体温36.8℃。脈拍70/分、整。血圧110/70mmHg。顔色は蒼白で、前胸部、下腿および足背に点状出血斑が多数散在する,表在リンパ節の腫大はない。眼瞼結膜は高度貧血様。舌とロ腔咽頭とに異常所見を認めない。心尖拍動の左方偏位を認めるが呼吸音に異常はない。腹部は軟で圧痛はなく、腸雑音は正常である。下腿に浮腫はない。四肢の深部腱反射に異常を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ウロビリノゲン(±)、尿潜血(-)。便潜血反応陽性。血液所見:赤血球160万、Hb 5.6g/dl、Ht 17.0%、網赤血球4‰、白血球2,300(桿状核好中球10%、分葉核好中球15%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球68%)、血小板0.9万。プロトロンピン時間(PT)100%(基準80~120)、APTT31秒(基準対照32.2)、血漿フィブリノゲン254mg/dl(基準200~400)、血清FDP10μg/ml以下(基準10以下)。Ham試験陰性。血清生化学所見:総蛋白6.7g/dl、アルブミン4.3g/dl、ハプトグロビン52mg/dl (基準19~170)、尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、尿酸2.8mg/dl、総コレステロール102mg/dl、AST(GOT)16単位(基準40以下)、ALT(GPT)12単位(基準35以下)、LDH350単位(基準176~353)、Na141mEq/l、K4.1mEq/l、Cl108mEq/l。免疫学所見:CRP0.2mg/dl(基準0.3以下)、抗核抗体陰性、直接Coombs試験陰性。骨髄穿刺所見:有核細胞数は減少しているが、異型細胞を認めない。
  • この患者で予想される症候はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 096C003]←[国試_096]→[096C005

104H028」

  [★]

  • 69歳の男性。家族と夕食中に、突然、頭痛と気分不良とを訴え、症状が出てから2時間後に家族に伴われて来院した。5年前から降圧薬を服用していた。意識はやや混濁しており、嘔吐を繰り返している。明らかな四肢麻痺は認められない。頭部単純CT(別冊No.4)を別に示す。
  • 急速な増悪が予想されるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104H027]←[国試_104]→[104H029

105C017」

  [★]

  • 69歳の男性。夕食中に突然、頭痛と気分不良とを訴え、 1時間後に家族に伴われて来院した。 5年前から降圧薬を服用している。意識はやや混濁しており、頻繁に嘔吐している。四肢に麻痺を認めない。頭部単純CT(別冊No.3)を別に示す。
  • 急速な進行が予想されるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 105C016]←[国試_105]→[105C018

100I006」

  [★]

  • 68歳の女性。大腿骨頸部骨折で入院した。入院3日後の夜間、急に「怖い、助けて」と大声で叫び、起き上がろうとする行動がみられた。翌日は落ち着いており、前夜のことを尋ねても覚えていない。入院前に精神症状は認められていない。
  • この患者でみられたのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I005]←[国試_100]→[100I007

104I078」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104I077]←[国試_104]→[104I079

107I032」

  [★]

  • 四肢の脱力感覚障害とを訴える患者の頸椎MRIのT2強調矢状断像(別冊No.6)を別に示す。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I031]←[国試_107]→[107I033

095B080」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095B079]←[国試_095]→[095C001

099D026」

  [★]

  • 高齢者の廃用症候群でよくみられる精神機能の障害はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D025]←[国試_099]→[099D027

104E022」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104E021]←[国試_104]→[104E023

103H015」

  [★]

  • 妄想が出現するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H014]←[国試_103]→[103H016

087A071」

  [★]

  • 末梢神経疾患と筋疾患の鑑別に役立つのはどれか。3つ

sensory abnormality」

  [★]

perceptual disordersensation disordersensory disordersensory disturbance


知覚障害」

  [★]

sensory abnormalityperceptual disorder
感覚障害半側空間無視空間無視


sensory disorder」

  [★]

  • 感覚障害
sensation disordersensory abnormalitysensory disturbance


sensation disorder」

  [★]

  • 感覚障害
sensory abnormalitysensory disordersensory disturbance


sensory disturbance」

  [★]

  • 感覚障害
sensation disordersensory abnormalitysensory disorder


手袋靴下型感覚障害」

  [★]

手袋靴下型の感覚障害グローブ・ストッキング型感覚異常???
感覚異常 dysesthesia感覚障害 sensory disturbance sensory abnormality sensory disorder sensation disorder


皮質性感覚障害」

  [★]

cortical-type sensory loss
[show details]


手袋靴下型の感覚障害」

  [★] 手袋靴下型感覚障害


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する


感覚」

  [★]

sensation, esthesia, sense





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3