恥骨直腸筋

出典: meddic

puborectalis (M,K), musculus puborectalis
肛門挙筋ブラウネ


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

付着部

機能

  • 排便機能に関与


参考

  • シェーマ
[display]http://www.i-l-fitness-jp.com/aboutbody/muscle/MB2-04-02.html
[display]http://plaza.rakuten.co.jp/minazo/3001

臨床関連

カテゴリ

肛門挙筋>:肛門挙筋




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 外傷性直腸膀胱膣壁破裂にともなう肛門括約筋断裂に対して2期的手術で排便機能が改善した1例
  • 中島 紳太郎,高尾 良彦,宇野 能子,藤田 明彦,諏訪 勝仁,岡本 友好,小川 雅彰,大塚 幸喜,柏木 秀幸,矢永 勝彦
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(6), 414-422, 2011-06-01
  • … なった.排便造影で安静時に粘性造影剤の直腸内保持は不可能で完全便失禁であった.しかし恥骨直腸筋のわずかな動きと筋電図で断裂した括約筋の一部に収縮波を認めたため括約筋訓練を行った.2カ月後に最大随意圧の上昇を確認,また造影剤の直腸内保持が短時間ではあるが可能であり,恥骨直腸筋の収縮と超音波で断裂部の瘢痕組織への置換が確認された.受傷から6カ月後に瘢痕組織を用い …
  • NAID 10029095564
  • 嚢胞形成を伴った肛門管重複症の1例
  • 小角 卓也,米倉 竹夫,黒田 征加,山内 勝治,井原 欣幸,太田 善夫
  • 日本小児外科学会雑誌 47(1), 85-89, 2011-02-20
  • … 剤のたまりを認めた.MRI検査では,肛門背側から仙骨前面に造影剤と一致する1.2cm大の球形の嚢胞性病変を認めた.また,仙骨奇形・泌尿器の奇形等は認められなかった.手術はposterior sagittal anorectoplastyを応用し,肛門挙筋(恥骨直腸筋・恥骨尾骨筋)を切離することなく,直腸と共有している直腸筋層を含め完全に摘出した.病理検査で肛門管重複症と診断した.術前に認められていた便秘も解消し,術後約1年再発等は認めていない. …
  • NAID 110008506463
  • 解剖・病態に則した後方複雑痔瘻のスタンダード手術
  • 栗原 浩幸,金井 忠男,石川 徹,金井 慎一郎,張 文誠,金井 亮太
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 62(10), 879-885, 2009-10-01
  • … 病態:後方複雑痔瘻の原発口は通常後方正中の肛門小窩である.1次瘻管は内括約筋を頭側に斜走して原発巣に至る.原発巣は肛門後方正中部で,上方を腱様の恥骨直腸筋,底部を内括約筋,下方と側方を外括約筋に囲まれた部位である後方深部隙に存在する.後方深部隙の膿瘍の圧が高まると外側の坐骨直腸窩に膿瘍は進展する.坐骨直腸窩は坐骨直腸窩中隔によって高位と低位に区分され,膿瘍が外括約筋を深いと …
  • NAID 10025594288

関連リンク

2012年1月4日 ... 恥骨直腸筋とは、骨盤底にあって、骨盤の内外を仕切っている筋層(=骨盤隔膜を作る 筋のうちのひとつ。恥骨?と肛門(直腸)をつなぐように走り、肛門を前方から引っ張って 支えるはたらきがある。肛門を後方に引く他の筋と合わせて肛門挙筋 ...
これらを、まわりから肛門をもちあげるように包む筋肉が、肛門挙筋と外肛門括約筋に なります。肛門挙筋の一番下端は、肛門を前方へ持ち上げる恥骨直腸筋とよびます。 腸 を動かす筋肉の続きが内肛門括約筋(図3a マウス )で、自分では動きをコントロール ...
直腸から肛門に移行する部分は恥骨直腸筋により前方へ引き寄せられてある一定の 角度をもち(直腸肛門角)便が肛門へ簡単に移動できなくなっています。 ... 安静時は 恥骨直腸筋に引っ張られて直腸と肛門の角度が保たれているため便が直腸に保たれる 。

関連画像

そこで、椅子を使う便秘解消 痔瘻画像骨盤底筋群を構成する筋肉基本構造は、平滑筋でできた 低位(図)尾骨筋、恥骨尾骨筋、恥骨直腸 恥骨直腸筋再発率 5%未満


★リンクテーブル★
国試過去問106E033」「105B020
リンク元直腸肛門奇形」「肛門挙筋」「肛門管
関連記事直腸」「恥骨

106E033」

  [★]

  • 排便時の生理で誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E032]←[国試_106]→[106E034

105B020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B019]←[国試_105]→[105B021

直腸肛門奇形」

  [★]

anorectal malformation(SPE), anorectal anomaly
(国試)鎖肛 anal atresia imperforate anus肛門閉鎖 肛門閉鎖症 anal atresia
肛門形成術、小児科学。小児外科。VACTERL連合


概念

  • 直腸肛門の形成異常。

疫学

  • 5000人に1人

病型

  • 恥骨直腸筋係蹄のどこに直腸盲端が位置しているかで3つの群に分けられる。 (cf. 排便機能を司る筋肉:外肛門括約筋恥骨直腸筋内肛門括約筋)
  • 高位 :m-lineより上方で終わる    ;直腸盲端が恥骨直腸筋係蹄より高位にある(小児科学第2版 p.1027)
  • 中間位:m-lineとI-lineの中間で終わる;直腸盲端は恥骨直腸筋係蹄中にあるものの通過はしていない(小児科学第2版 p.1027)
  • 低位 :I-lineより下方で終わる    ;直腸盲端が完全に恥骨直腸筋係蹄を通過している(小児科学第2版 p.1027)
  • 特殊型:総排泄孔 croacal anomaly:女児のみの病型。正常肛門を認めず、外陰部に一つの孔、つまり、尿路の排泄口・消化管の排泄口・生殖器の開口部が共通の1孔しかない。

合併奇形

  • 泌尿器:
  • 泌尿器以外:
  • 先天性心奇形、先天性十二指腸閉鎖、ダウン症候群  ←  鎖肛による合併奇形の割合は50%と高い。
  • (合併奇形の一つとして)VACTERL連合

検査

  • P-C線M線I線を設定する。直腸盲端がP-C線とM線の間に間にあれば高位、M線とI線の間にあれば中位、I線より下にあれば低位
  • P-C線:恥骨陰影の中央点と仙尾関節を結ぶ線:肛門挙筋群の上端に相当
  • M線:P-C線とI線の中線:恥骨直腸筋の上縁に相当
  • I線:P-C線と平行で、坐骨陰影のコンマ状に突出した部位(I点)を通る直線:恥骨直腸筋の下縁に相当

単純X腺

  • 倒立胃X線撮影法
  • Wangensteen-Rice法
  • 生後12時間以上たってから倒立胃にして3-4分維持し側面より撮影する

尿道造影

  • 瘻孔を通じて直腸が造影されれば人工肛門の適応

治療

PED.1029 SSUR.687
  • 低位型:
  • 1. 新生児期に会陰式肛門形成術を施行
  • 2. 瘻孔をブジーなどで拡張し、生後6ヶ月前後に瘻孔を正常肛門位置に移動させる
  • 中位型、高位型
  • 新生児期に人工肛門造設、生後6-12ヶ月後に直頂盲端が恥骨直腸筋、深部及び表在括約筋の中央を通るように手術を施行し、人工肛門を閉鎖する。
  • 仙骨会陰法:中位型
  • 腹仙骨会陰型:高位型
  • 後方矢状切開術:中位型、高位型

予後

  • 高位ほど排便機能の手術的予後は不良

予防

参考

  • 1. Wangensteen-Rice法の一例
[display]http://www.szote.u-szeged.hu/radio/gyerek/agyer10c.htm
  • 2. Wangensteen-Rice法の一例
[display]http://www.futureme.jp/HPF/case/2/1/01011.html



肛門挙筋」

  [★]

levator ani (M,K,KL), levator ani muscle (N,KA)
musculus levator ani
  • 図:M.202、(女性)N.343,344、(男性)N.345,346

肛門挙筋

  1. ref(pelvic_floor_famale_superior.png,[肛門挙筋])

上図に関連する構造

支配神経



肛門管」

  [★]

anal canal (M)
canalis analis
proctos? (SSUR)
肛門


  • 図:M.231, N.374(前頭断)
  • 恥骨直腸筋の作るU字形のループの高さで直腸膨大部が急に細くなったところで始まる
  • 肛門管を取り囲む筋肉:内肛門括約筋外肛門括約筋肛門挙筋(恥骨直腸筋)

分類



直腸」

  [★]

rectum (Z)
大腸

概念

直腸・肛門の区分

SSUR.559
  • 直腸S状部:rectosigmoid,RS:岬角の高さより第2仙骨下縁の高さまで
  • 上部直腸:rectum above the peritoneal reflection,Ra:第2仙骨下縁の高さから腹膜反転部まで
  • 下部直腸:rectum below the peritoneal reflection,Rb:腹膜反転部から恥骨直腸筋付着部上縁まで
  • 肛門管:proctos,P:恥骨直腸筋付着部上縁から肛門縁までの管状部
  • 肛門周囲皮膚:external skin,E:肛門縁より外側の皮膚



恥骨」

  [★]

pubis, pubic bone
os pubis
寛骨






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡