弛張熱

出典: meddic

remittent
remittent fever
febris remittens
熱型



関連疾患


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 中條―西村症候群
  • 金澤 伸雄,有馬 和彦,井田 弘明,吉浦 孝一郎,古川 福実
  • 日本臨床免疫学会会誌 34(5), 388-400, 2011
  • …   中條—西村症候群(ORPHA 2615, MIM 256040)は,幼小児期に凍瘡様皮疹で発症し,弛張熱や結節性紅斑様皮疹を伴いながら,次第に顔面・上肢を中心とした上半身のやせと拘縮を伴う長く節くれだった指趾が明らかになる特異な遺伝性炎症・消耗性疾患である.和歌山,大阪を中心とした関西と東北,関東地方に偏在し,30例近い報告がある.全国疫学調査で生存が確認された関西の10症例に加え,新規幼児例が和 …
  • NAID 130001384915
  • 診療 若年性特発性関節炎の臨床症状
  • 2か月にわたる弛張熱と骨融解所見が先行したAnaplastic Large Cell Lymphoma(ALCL)の1例
  • 上田 悟史,坂田 尚己,池田 光正,下野 太郎,土手 健作,桑江 優,中山 雅弘,八木 誠,浜西 千秋,竹村 司
  • 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 46(3), 375-380, 2009-09-25
  • … 2か月間弛張熱が持続し,骨融解所見が先行したALCLの1例を経験した.腰椎に骨融解像を認め生検を行ったが,当初は骨髄炎と診断されていた.血液検査で炎症反応の悪化を認めたため,再び画像検査を行なったところ,右腸骨に骨融解像と腸間膜リンパ節腫脹を認めた.腸間膜リンパ節生検を施行し,免疫染色でALK陽性を認めたため,ALCLと診断した.治療開始後,症状は軽快した.入院時のIL-6が高値であった.サイトカインによって,リ …
  • NAID 110007359118

関連リンク

間欠熱(かんけつねつ、intermittent fever): 一日の体温差が1°C以上の変化をとり、37° C以下にまで下がるもの。マラリアの発熱期など、弛張熱と同様の疾患でもおこる。 波状熱(はじょうねつ、undulant fever): 発熱時期と発熱しない時期とが区別されている ...
百科事典マイペディア 弛張熱の用語解説 - 1日の体温差が1℃以上の上下を繰り返す 熱型。敗血症などの化膿性疾患及び重症の熱帯マラリアの際にみられる。1℃以下の 場合は稽留(けいりゅう)熱という。...

関連画像

内容見本2\高温で、1日の体温の差が1 検査」熱型.png


★リンクテーブル★
国試過去問107G018」「089B090
リンク元若年性特発性関節炎」「成人スティル病」「熱型」「稽留熱」「remittent
関連記事

107G018」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107G017]←[国試_107]→[107G019

089B090」

  [★]

  • (1) 初期には間接症状がはっきりしないことが多い
  • (2) 熱型として弛張熱が特徴的である
  • (3) リウマトイド因子陽性率が高い
  • (4) 副腎皮質ステロイド薬が第一選択である
  • (5) ほとんどの例で関節の破壊と変形を残す。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

若年性特発性関節炎」

  [★]

juvenile idiopathic arthritis, JIA
若年性関節リウマチ juvenile rheumatoid arthritis JRA小児特発性関節炎
関節リウマチ

概念

  • 15歳以下の小児に発病する慢性関節リウマチである。成人の関節リウマチに比べて全身症状が強く、リウマチ因子陽性率が低い。
  • 若年性関節リウマチには3病型有り、スチル病は小児の関節リウマチ、つまり若年性関節リウマチの亜型のことである。(REU.228)
  • 若年性特発性関節炎という病名でまとめようというのが最近の流れ。(uptodate; Classification of juvenile arthritis (JRA/JIA))

病型

  • 1. 多関節型:40%:慢性多発性関節炎をきたす
  • 2. 単関節型:40%:関節炎症はせいぜい4つくらいまでの関節にとどまる。眼に虹彩炎/虹彩毛様体炎をきたし、抗核抗体(ANA)陽性例が多い。
  • 3. 全身型 :20%:軽度の関節痛、著明な発熱、一過性のサーモンピンクの皮疹、リンパ節腫脹、脾腫、心外膜 →スチル病

症状

  • 多関節型:
  • 単関節型:虹彩毛様体炎が合併しやすい(SOP.220)
  • 全身型 :

検査

  • 多関節型:関節リウマチに似てMMP-3高値となる
  • 単関節型:
  • 全身型 :フェリチン上昇

若年性関節リウマチ診断の手引き

旧厚生省研究班,1981
  • 1.6週間以上続く多関節炎
  • 2.6週間未満の多関節炎(または単関節炎、少関節炎)の場合には次の1項目を伴うもの
  • 3.下記疾患と確定したものは除外し、鑑別不能の場合は「疑い」とする

注意すべき点

  • 1) 関節炎は移動性でなく、固定性であること。
  • 2) リウマトイド疹とは直径 数 mm ~1cm の鮮紅色の紅斑で、発熱とともに出現し、下熱時に消退することもある。
  • 3) 弛張熱とは、日差が3~4℃で、下降時は平熱またはそれ以下となることがあり、1週間以上続くこと。
  • 4) リウマトイド因子(RAテスト)は、肝疾患や、他の自己免疫疾患でも陽性となることがある。


参考

  • 1. 若年性特発性関節炎初期診療の手引き(2007年)
[display]http://www.wam.go.jp/wamappl/bb13gs40.nsf/0/358654b9c68ddf7a492572fa0025fab9/$FILE/20070614_1shiryou3.pdf
  • 2. MyMed
http://mymed.jp/di/ifa.html
  • 3. 若年性関節リウマチ診断の手引き
http://www9.ocn.ne.jp/~ginzamed/ginzamed/tisiki/disease/answer/child_RA_diag.htm
  • 4. 若年性関節リウマチとは
http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/rm120/kouza/jra.html

国試



成人スティル病」

  [★]

adult-onset Still's disease, adult-onset Still disease, adult Still's disease
成人発症スチル病成人発症Still病成人スチル病成人Still病
アレルギー性亜敗血症スティル病若年性関節リウマチ
[show details]


概念

  • 成人後に発症した全身症状を伴う若年性リウマチ性関節炎
  • 関節痛/関節炎(大関節)、弛張熱サーモンピンク疹、および肝脾腫・リンパ節腫脹を呈する。フェリチンは+。 → 若年性特発性関節炎に似るが、唯一リウマトイド因子が陰性である点が異なる。
  • 難病に指定されている。

診断基準

参考4 YN.F-47

大項目

  • 1. 発熱(39℃以上、1週間以上持続)
  • 2. 関節痛(2週間以上持続)
  • 3. 定型的皮疹(体幹・四肢近位部にサーモンピンク様皮疹、ケブネル現象陽性)
  • 4. 白血球増加(10000/μl以上、好中球80%以上)

小項目

  • 1. 咽頭痛
  • 2. リンパ節腫脹または脾腫
  • 3. 肝機能異常
  • 4. リウマトイド因子および抗核抗体陰性

除外項目

  • 感染症(特に敗血症・伝染性単核症)、悪性腫瘍(特にリンパ腫)、膠原病(特に多発性動脈炎、悪性関節リウマチ)

診断

  • 大症状2項目以上を含み、合計5項目以上で成人Still病と診断する。血清フェリチンの異常高値は診断の参考とする。

検査

参考

  • 1.
[display]http://www.collagen-disease.com/_src/sc2405/83X83e83B838B95a8ECA905E.jpg
  • 2.
[display]http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1a/52/fukusama1019/folder/1092861/img_1092861_57599288_0?1262257060
  • 3. 「病気のプロフィル」No.43
[display]http://www.hospital.japanpost.jp/fukuoka/health/pdf/ProfileNo.43.pdf
  • 4. 簡単なまとめ
[display]http://www8.ocn.ne.jp/~halfboil/criteria/tab-f11.html
  • 5. 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/282



熱型」

  [★]

fever type, fever pattern


熱型


稽留熱」

  [★]

sustained fever
持続熱 continued fever
febris continua
熱型
  • 高体温が持続(38℃以上)
  • 体温が持続的に上昇
  • 1日の体温変動が1度を超えない

関連疾患

  • 稽留:とどまること。滞ること。
  • 「稽古熱」と勘違いしないように ← そんな人いません!
  • 「医学ノート」に原因疾患が掲載されている


remittent」

  [★]

from Latin remittent- 'sending back' (→remit)
  • adj.
  • (病熱が)出たり引いたりする
  • n.
  • 弛張熱

WordNet   license wordnet

「(of a disease) characterized by periods of diminished severity; "a remittent fever"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(熱病などが)弛張(しちょう)性の(良くなったり悪くなったりすること)」

熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡