尿検査

出典: meddic

urinalysis, urine test, urine examination, urine dipstick test
検尿
尿


意義

腎臓および尿管、膀胱、尿道の機能の異常、感染をつかむことができる。

採尿

SURO.49
  • 採尿後1時間以内の新鮮尿を用いる。
  • 男性:中間尿
  • 女性:外陰部を消毒し中間尿。細菌培養検査にはカテーテル尿が望ましい
  • 乳幼児:自己採尿が難しい場合、外陰部を消毒し、プラスチックバックにて採尿。細菌培養検査にはカテーテル尿が望ましい。恥骨上から膀胱穿刺する方法もある。

方法

尿検査は尿試験紙法を用いる。採取した尿に試験紙を浸し、試験紙の色の変化を目視によりサンプルと照らし合わせて決定する。尿沈渣は染色し、顕微鏡にて観察する。また、フローサイトメトリーにて成分を分け数量を決定する。

注意

試験紙法は人が目視で行っているので、人がかわると結果も異なってくる可能性を考慮しておく。沈渣も個数はフローサイトメトリーによりだいたい正確に決定されているが、沈渣の円柱の分類などは人の目で決めているので、人による誤差があることを理解しておく。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/29 18:15:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 初回査定時に高血圧情報が入り再検査となった契約の血圧再検査結果と心電図検査結果の検討(第二報)
  • 吉丸 昌秀,磯部 実
  • 日本保険医学会誌 109(1), 19-36, 2011-03-17
  • … 本報告の第一報に引き続き,初回査定時に高血圧の情報が入り血圧尿検査と心電図検査が必要と判断され,実際に両検査が同時に行われて再検査結果の血圧値と心電図所見が確認できた契約(ペア血圧心電図群)の性,年齢,心電図コードおよび再査定時血圧値について確認した。 …
  • NAID 110008513632
  • 離島で経験した劇症1型糖尿病の2例
  • 松永 宏明,小谷 和彦,石橋 和久,鯉渕 晴美,中澤 晶子,藤井 康友,紺野 啓,尾本 きよか,山田 俊幸,河野 幹彦,谷口 信行
  • 自治医科大学紀要 33, 135-140, 2011-03-01
  • … 一見common diseaseと思われても,口渇や全身倦怠感がみられた場合には,積極的に尿検査をすべきと思われた。 …
  • NAID 110008506978
  • 75g経口ブドウ糖負荷2時間後尿中ミオイノシトールを指標とした耐糖能低下者の検出法の検討
  • 河津 捷二,山縣 文夫,富永 真琴,足立 雅樹,池田 斉,矢澤 麻佐子,土田 温子,松田 彰,大村 栄治,松田 昌文,今井 康雄,桂 善也,大嶋 利枝,鈴木 幸子,芳野 原,岨 康二,加計 正文,川上 正舒
  • 糖尿病 54(1), 27-33, 2011-01-30
  • NAID 10028116523

関連リンク

健康診断に付き物の尿検査の詳細を収集して、わかりやすく解説しています。検査結果で 、潜血や蛋白、糖、白血球、ウロビリなどが陽性となった場合に疑われる病気のことなど を調べました。また、自宅で簡単にできる尿検査の種類や用法についても説明しま ...
尿検査, 検査と基準値, 原因. 肉眼で, 尿の色, 淡い小麦色~琥珀色, [血尿] [黄疸] [ 乳糜尿] [ポルフィリン尿]. 1日の尿量約1500cc, ・増加するもの [尿崩症] [ 糖尿病]. ・減少するもの [腎不全] [心不全] [脱水]. 夜間尿量, 通常はない, [糖尿病] ...

関連画像

尿検査 chouchou☆-動物病院 尿検査_1301尿検査尿検査用コップ chouchou☆-動物病院 尿検査_1301尿検査尿検査健康なねずみの


★リンクテーブル★
先読み尿
国試過去問107C028」「107F019」「099H028」「096F007」「100D006」「103E049」「101B021
リンク元100Cases 59」「100Cases 58」「100Cases 38」「試験紙法」「尿比重
関連記事検査

尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど



107C028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。尿閉下腹部痛とを主訴に来院した。
  • 現病歴:以前から尿意を催しても排尿に時間がかかることを自覚していた。2、3日前から鼻水と咳とがあり、昨日の朝から市販の総合感冒薬を服用した。その後さらに尿が出にくくなった。今朝はほとんど尿が出ず、下腹部痛も自覚したため受診した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を60年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。体温36.4℃。脈拍76/分、整。血圧158/78mmHg。呼吸数14/分。SpO2 97%(room air)。頭頸部と胸部とに異常を認めない。腹部は下腹部が膨隆しており、やや硬い。軽度の圧痛がある
  • 現時点で実施する必要がないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107C027]←[国試_107]→[107C029

107F019」

  [★]

  • 7か月の男児。発熱を主訴に来院した。昨夜から急に発熱した。咳と鼻汁とを認めない。やや活気がないが哺乳力は良好である。最近3か月の間に今回と同様、感冒様症状を伴わない発熱を2回繰り返しているが、抗菌薬の内服でいずれも軽快している。体温39.5℃。心拍数132/分、整。呼吸数28/分。咽頭と呼吸音とに異常を認めない。鼓膜の発赤を認めない。大泉門の膨隆を認めない。
  • 診断のためにまず行うべき検査はどれか。
  • a 尿検査
  • b 咽頭培養
  • c 脳脊髄液検査
  • d 頭部超音波検査
  • e 胸部エックス線撮影


[正答]


※国試ナビ4※ 107F018]←[国試_107]→[107F020

099H028」

  [★]

  • 56歳の女性。昨夜から右眼にゴミのようなものが動いて見えるので来院した。5年前からロ渇があったが、健康診査は受けていなかった。視力は右0.3(矯正不能)、左1.0(矯正不能)。右眼底写真を以下に示す。診断に有用でないのはどれか。2つ選べ。
  • a. 蛍光眼底造影
  • b. 血清生化学検査
  • c. 頭部MRI撮影
  • d. 網膜電図 ERG
  • e. 尿検査


[正答]
※国試ナビ4※ 099H027]←[国試_099]→[099H029

096F007」

  [★]

  • 67歳の男性。腹部のしこりを主訴として来院した。2年前から腹部のしこりに気付いていた。最近これが大きくなり、腹部膨満感も出現した。触診上腫瘤は拍動性である。腹部の写真を以下に示す。この患者の診断に有用なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096F006]←[国試_096]→[096F008

100D006」

  [★]

  • 67歳の男性。腹部のしこりを主訴に来院した。2年前から腹部のしこりに気付いていたが、最近急に大きくなってきた。触診上腫瘤は拍動性である。腹部の写真を以下に示す。この患者の診断に有用なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100D005]←[国試_100]→[100D007

103E049」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠39週時に少量の性器出血陣痛とを主訴に来院した。陣痛間欠は3分で、発作は40秒である。
  • 最初に行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E048]←[国試_103]→[103E050

101B021」

  [★]

  • 中学3年生の定期健康診断で全員に実施するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B020]←[国試_101]→[101B022

100Cases 59」

  [★]

☆case59 尿中の血液
52歳 ビジネスマン
顕微鏡的血尿のため泌尿器科医に紹介があった。
主訴顕微鏡的血尿
現病歴:6ヶ月前、new jofのためのisurance medical血尿指摘された。以来家庭医に2回血尿指摘された。以前尿検査正常だった。一度も顕微鏡指摘されたことが無く、泌尿器系症状もなかった。顕微鏡的血尿であることを除けば健康である。視覚聴覚問題なし。タバコ1日30本、アルコール35 unit/week(缶ビール(350ml)20本/週)
既往歴:特記無し。
家族歴:特記無し。腎臓病家族歴無し
身体所見
 栄養状態良く体調はよい。心拍:72/分、整。血圧:146/102 mmHg心血管系呼吸器系腹部神経学所見:異常なし。眼底鏡arteriovenous nippingを認める。
検査
(血液生化学)
 上昇尿素クレアチニン、γ-GTP
 
(尿検査)
蛋白:++。血尿:++。赤血球:>100 red cells
24時間尿蛋白:1.2g; 正常値 <200mg/24hr
(その他)
ECG左室拡大。腎超音波検査:大きさは正常
(第一パラグラフ)
 ・顕微鏡的血尿原因腎臓尿路系のものがある(ex.前立腺病変、結石)。
 ・顕微鏡的血尿 + 高度タンパク尿 + 高血圧 + 腎障害 = 慢性糸球体腎炎病態
 ・γ-GTP高値アルコールの過剰摂取による肝臓病であることに適合する
 ・男性推奨されるアルコール摂取上限は、28unit/週 ()
(第二パラグラフ)IgA腎症
 ・IgA腎症先進国における一般的糸球体腎炎メサンギウム領域におけるIgA蓄積特徴的
 ・患者はしばしば、上気道感染同時におこる顕微鏡血尿エピソードがある
 ・IgA腎症は多くは特発性だけど、ヘノッホ-シェーンライン紫斑病(Henoch-Schonlein purpura)とアルコール性肝硬変(alcoholic cirrhosis)と関連するのが普通である。
 ・IgA腎症患者の20%は20年の経過末期腎不全(end-stage renal failure)に陥る。
(第三パラグラフ)基底膜病・アルポート症候群
 ・菲薄基底膜病はisolated microscopic hematuriaminimal proteinuria及び正常腎機能(悪化しない)をしめす家族性疾患である。
 ・電顕的にはびまん性の糸球体基底膜の菲薄化が見られる(300-400nm -> 150-225nm)
 ・アルポート症候群は進行性糸球体病態であり、聴覚消失と視覚異常と関連している。ふつうX連鎖優性遺伝で、男性ひどく影響を受ける。
(第四パラグラフ)What further incestigations would you organize?
 ・腎生検
 ・age>50: 尿細胞診前立腺特異抗原膀胱鏡 → 除外診断のため(膀胱前立腺病変)
 ・肝超音波検査必要で、肝生検考慮するべき。
(第五パラグラフ)What advice would you give this patient
 ・指導禁酒血圧コントロール
 ・経過観察:透析腎移植移行しうるため
 ・血清/血漿クレアチニン:これはGFRが50%減らないと上昇しない → この症例では軽度クレアチニン上昇腎機能正常腎機能の40%であることを示す。
 ・治療免疫抑制薬IgA腎症大部分透析導入を遅らせるという証拠はない
■KEYPOINT
 ・50歳以下の血尿のみを訴える患者はまず腎臓専門医に紹介すべき。
 ・50歳以上の血尿のみを訴える患者は、膀胱前立腺疾患除外するためにまず泌尿器科医に紹介すべき
 ・血清/血漿クレアチニンのわずかな上昇腎機能の大きな喪失を示している。
 ・大量アルコール摂取による肝障害は明らかな徴候なく起こるかもしれない。
もっとも一般的顕微鏡的血尿をきたす糸球体による原因
IgA腎症
菲薄基底膜病(thin basement membrane disease)
アルポート症候群(XR)
■高血圧病理的帰結 HIM.1552
・高血圧が生み出すリスクファクター粥状硬化症
・高血圧悪化因子?(predisposing factor)となる疾患心不全、冠動脈疾患梗塞腎臓病、末梢動脈疾患
 心臓:高血圧性心疾患は高血圧に対する機能的構造的適応 → 左心室肥大、拡張期機能不全(diastolic dysfunction)、うっ血性心不全血行異常(冠状動脈粥状硬化微小血管障害による)、不整脈
 左心室肥大(1遺伝的要因と血行動態要因による) → ↑リスク:冠動脈疾患梗塞、慢性心不全突然死
 拡張期機能不全:(左心室壁が肥厚して拡張期に十分拡張できないという意味での機能不全(written by s))
 脳:(高血圧は脳梗塞脳出血リスクファクター)
  ・認知症(脳梗塞による)
  ・高血圧脳症(autoreguration(50-150mmHg)が傷害され、重度頭痛悪心嘔吐、巣状神経徴候(focal neurologic sign)、精神状態変調をきたす)
 腎臓:高血圧腎障害と末期腎臓病リスクファクター
  ・腎臓における粥状硬化性の高血圧関連した血管損傷は、最初糸球体の前の細動脈に及ぶ。これにより糸球体糸球体の後の構造虚血性変化を起こす。
  ・糸球体損傷糸球体の高灌流による糸球体毛細血管の損傷結果かもしれない。
  ・糸球体病理糸球体硬化症を呈し、そして尿細管虚血により萎縮する。
 末梢動脈長期にわたって持続する高血圧により、下肢動脈狭窄させる → 跛行
 網膜交差現象(http://www.1stretinalscreen.com/ra_DR_NonDR.asp )
AV nipping is indicative of hypertension and describes the changes which occur at arteriovenous crossings in the retina where an artery crosses a vein. In patients with hypertension and associated arteriolosclerosis (narrowing of the artery) the artery applies increased pressure on the vein at the point where it passes over the top of the vein.
顕微鏡的血尿
 血尿のうち、肉眼的には血尿ではないが、尿沈渣で400倍毎視野1個以上の赤血球を認める場合をいう。 しかしそれでは再現性に乏しいので、一般的には5個以上の赤血球を認める場合顕微鏡的血尿といい病的意義をもつ。
glossary
modest adj. 謙虚な。慎み深い、控えめな、遠慮がちの。(主に女性が)しとやかにした、ひどく上品な。質素な、地味な。適度の、穏当な。大きくない、ささやかな。


100Cases 58」

  [★]

63歳 女性
主訴口渇頻尿
来院のきっかけ:(GPから)多尿精査のために泌尿器科医に紹介された。
症状
 (主訴にまつわる症状)
 ・多尿:(発症時期)4週間前。(発症様式)突然。(頻度)一晩に5回排尿
 (主訴以外の症状)
 ・全身倦怠感:3ヶ月間体中調子悪い。
背部痛
 ・体重減少:3ヶ月前から3kg体重減少
 ・頭痛悪心:朝に悪心持続する前頭部頭痛。(増悪因子)臥床咳嗽
既往症:8年前、乳癌のために乳房切断術放射線照射をうけた。
職業歴:市に公務員に勤めていたが、現在退職している。
嗜好歴:喫煙歴無し。飲酒は10 units/week
服薬歴:なし
身体所見 examination
全身:やせている。筋肉萎縮(muscles are wasted)。
循環器系脈拍 72 /分、血圧 120/84 mmHg頚静脈怒張なし。I, II音に亢進減弱無く、過剰心音雑音を認めない。
四肢浮腫なし
呼吸器系腹部神経系に異常所見なし。
眼:眼底乳頭浮腫を認める。
検査所見 investigations
高値Ca(軽度高値)、アルカリホスファターゼ
尿検査蛋白(-)、血尿(-)
frequency n.頻尿
pass urine 排尿する
servant n. 公務員
mastectomy 乳房切断術
乳癌が脳に転移し、視床下部浸潤圧迫尿崩症を来している。頭痛悪心頭蓋内圧によるもので、眼底の乳頭浮腫はこれを指示している。また、朝の頭痛頭蓋内圧亢進症に特徴的らしい。また、咳や体位により増悪するのも頭蓋内圧亢進によるものということを支持している。背部痛があるので、胸椎から腰椎骨転移しており、骨破壊によりCa, AlP上昇を来していると理解される。
尿崩症尿比重血液検査
頭蓋内圧亢進症:頭部MRI。利尿剤によって頭痛が軽快するか検査
骨転移胸部or腰部MRI。ガリウムシンチグラフィーで全身転移巣を精査


100Cases 38」

  [★]

34歳 女性
主訴皮疹
現病歴 2週間前から脛と前腕に有痛性紅色の腫脹(multiple tender red serllings)が多数認められるようになった。古い腫脹(older swelling)は黒ずんでおり(darker)、中心から治癒傾向にあるようであった。調子が悪く全身倦怠感を訴えており、手首足首の痛みも訴えていた。最近咽頭痛は無かった。2年前からずっと口内アフタが再発していた。陰部潰瘍はなかったが間欠的腹痛下痢に悩まされてきた。
職業歴:ウェイトレスとして働いている。
結婚歴:未婚
嗜好歴:1日15本。機会飲酒。
既往歴:なし
家族歴:なし
examination
全身:やせているが元気そう。
口内:アフタを認めない(診察時)。
関節:炎症所見無し。可動域制限なし。疼痛無し。
皮膚:脛と前腕に有痛性隆起性病変(直径1-3cm)を多数認める。新しい病変赤色で古い病変水疱の様に見える。
その他異常所見を認めず
investigations
高値白血球赤沈
胸部単純X線写真:異常所見認めず
尿検査:異常を認めず


試験紙法」

  [★]

dip stick test, dipand read test
尿検査尿定性検査

概念

  • 白血球、ウロビリノゲン、蛋白質、pH、潜血、比重、ケトン体、ブドウ糖を読み取ることができる。(参考1)
  • pH:5-6
  • タンパク尿:アルブミンと反応。Bence-Jones蛋白、β2マイクログロブリンは検出できない(偽陰性)
  • 血尿:尿沈渣で、赤血球が1-2個以上/視野(x400)で陽性となる

タンパク尿

原理 LAB.172

  • pH測定用のブロムフェノールブルー系のPH指示薬は蛋白が存在すると蛋白との複合体を形成して黄色より青色に変色し、これによって溶液のpHは真のpHよりも高い値を示す(pH指示薬のpH誤差)。
  • 試験紙にはテトラブロムフェノールブルーとpH2.0-3.0のクエン酸緩衝液が含まれている。

注意 LAB.172

  • 偽陽性反応:強アルカリ尿(長期放置によるアンモニア生成)
  • 偽陰性反応:pH3以下の強酸尿(保存剤として塩酸を加えた場合)

参考

  • 1.
http://www.aichi-amt.or.jp/labo/urine/2011nyouteiseikennsa.pdf



尿比重」

  [★]

urine specific gravity, specific gravity of urine
尿尿検査

基準範囲

  • 1.020 (1.010-1.030)
  • 蛋白補正:1g/dL:0.003、糖補正:1g/dL:0.004

低張、等張の定義=

異常値の見方

検査値の本

高値(1.030以上)

  • [高頻度・可能性]脱水(下痢、嘔吐、熱性疾患、水制限など)、糖尿病、ネフローゼ症候群、多発性骨髄腫、造影剤、浸透圧利尿薬(マンニトール製剤、グリセリン(グリセオール))、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

低値(早朝第一尿で1.010以下)

  • [高頻度]慢性腎不全、急性腎不全の利尿期、利尿薬投与時、低K血症(利尿薬、原発性アルドステロン症、Bartter症候群、尿細管性アシドーシスなど)、高Ca血症(原発性副甲状腺機能亢進症、サルコイドーシス、悪性腫瘍など)、中枢性尿崩症、腎性尿崩症、薬剤性尿細管障害(リチウム、ゲンタマイシン、メチシリン、アムホテリシンB、ビンブラスチンなど)
  • [可能性]心因性多飲症、低蛋白食、低塩食、尿路閉塞


検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡