少陽病

出典: meddic

六病位
  • 少陽の病たる、口苦く、咽乾き、目眩く也。
  • 半表半裏の熱証

病型

  • 胸内型:気管支炎、肺炎などの気管や胸腔内症状を呈する。
  • 心下痞硬型:悪心、嘔吐、胸焼けなど心窩部症状が主体で、心窩部に抵抗圧痛を認める
  • 胸脇苦満型:季肋部に変調を来した状態
  • 瘀血型
  • 腸型
  • 水滞型

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/18 17:40:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 大柴胡湯加芒硝の少量投与が奏効したるいそうを呈する呼吸器感染症の一例
  • 岩永 淳,田原 英一,土倉 潤一郎 [他],大竹 実,村井 政史,矢野 博美,犬塚 央,木村 豪雄,三潴 忠道
  • 日本東洋医学雑誌 64(1), 22-26, 2013
  • … 本症例では裏熱の存在を疑い,腹候にも従い陽明病に非常に近い少陽病に位置する大柴胡湯加芒硝を投与し効果を得た。 …
  • NAID 130003369911
  • 外傷性頸部症候群に対する大柴胡湯治験
  • 重田 哲哉,小暮 敏明,巽 武司 [他],地野 充時
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 62(4), 559-564, 2011-07-20
  • … 症例1(40代男性)は,少陽病期で腹力は充実し,胸脇苦満も顕著であったことから,いわゆる大柴胡湯の目標と一致していた。 … 一方,症例2(50代女性)は,少陽病期で腹力,胸脇苦満ともに中等度であったが,胸脇の張りの自覚と便秘を認めていた。 …
  • NAID 10029341463
  • 三訂通俗傷寒論 : 温病学を『傷寒論』に取り込んだ傷寒学派-(3)少陽病
  • 田中 耕一郎,中山 あすか,芹沢 敬子,奈良 和彦,植松 海雲,板倉 英俊,河野 吉成,三浦 於菟
  • 漢方の臨床 58(1), 183-194, 2011-01-25
  • NAID 10027805877

関連リンク

関連画像

6.現代医学の見落としている 少陽病少陽病 | 漢方略解畑の中の三陰三陽(少陽病)少陽病(慢性肝炎・肝硬変  少 陽 病 又 兼 有水 飲 的 方子

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元柴胡剤」「黄連剤」「黄芩」「六病位」「五苓散
拡張検索少陽病期
関連記事

柴胡剤」

  [★]

柴胡黄芩少陽病胸脇苦満
  柴胡 黄芩 半夏 生姜 大棗 甘草 芍薬 人参 桂枝 枳実 牡蠣 大黄 茯苓 竜骨 括楼根 虚実
大柴胡湯               実証
柴胡加竜骨牡蠣湯          
四逆散                       虚実間証
小柴胡湯                
柴胡桂枝湯             虚証
柴胡桂枝乾姜湯                  


黄連剤」

  [★]

黄連黄芩少陽病心下痞硬
  • 少陽病・心下痞硬型の代表的方剤
  黄連 黄芩 人参 半夏 乾姜 甘草 大棗 大黄 黄柏 山梔子 桂枝
三黄瀉心湯                
黄連解毒湯              
黄連湯        
半夏瀉心湯        


黄芩」

  [★]

おうごん
Scutellaria root, baical skullcap root
Scutellariae radix
オウゴン黄ごん
コガネバナScutellaria baicalensis
  • 生薬
  • 健胃薬
  • フラボノイド(baicalin)
  • 少陽病の治療方剤である多くの黄連剤柴胡剤に含まれる。
  • 少陽病・心下痞硬型(黄連剤)
  • 薬理作用:清熱作用、抗炎症作用
  • 副作用:間質性肺炎、肝機能障害・黄疸、膀胱炎を表す漢方方剤の中に黄芩を含むものが比較的多い

黄芩を含む漢方方剤

参考

  • 1.
[display]*http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%8A


六病位」

  [★]

傷寒論
  • 太陽病:太陽の病たる、浮脈、頭項強痛して悪寒す
  • 少陽病:少陽の病たる、口苦く、咽乾き、目めくなり
  • 陽明病:陽明の病たる、胃家実これなり
  • 太陰病:太陰の病たる、腹満して吐し、食下らず、自利ますます甚だしく、時に腹自ずから痛む、もしこれを下せば、必ず胸下結鞭す
  • 少陰病:少陰の病たる、脈微細、ただ寝んと欲するなり
  • 厥陰病:厥陰の病たる、気上がって心をつき、心中し、飢えて食を欲せず、食すればすなわち吐し、これを下せば利止まず


五苓散」

  [★]

ごれいさん
水滞(全身型)
  • 浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病

ケイヒソウジュツタクシャチョレイブクリョウ


少陽病期」

  [★]

六病位少陽病


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡