小脳半球

出典: meddic

cerebellar hemisphere
hemispherium cerebelli
小脳大脳半球



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PICA communicating arteryに発生した多発性脳動脈瘤の1手術例 : 症例報告と文献的考察
  • 山田 裕樹,金城 利彦,嘉山 孝正
  • 脳神経外科ジャーナル 19(8), 623-629, 2010-08-20
  • … Aで右PICA末梢部の3個の動脈瘤と左椎骨動脈閉塞を認めた.経時的3D-CTAで動脈瘤の増大あり手術施行.左右のtelovelotonsillar segmentを交通するPICA communicating artery両端に2個の動脈瘤あり,3個目はcortical segmentに発生,左小脳半球に埋没した破裂動脈瘤であった.動脈瘤を摘出,病理組織学的に嚢状動脈瘤であった.PICA communicating arteryに発生した脳動脈瘤の報告はまれで,本症例で5例目である.動脈瘤発生には血行力学的因子の関与が考え …
  • NAID 110007686915
  • 中枢神経系障害を合併した抗糸球体基底膜抗体型腎炎の1例
  • 八幡 真弓,中屋 来哉,相馬 淳
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(7), 601-608, 2010-07-28
  • … .入院時よりのステロイド療法に加え第15病日より血漿交換を開始したが,第17病日に突然の全身痙攣発作が出現しその後意識障害が続いた.頭部MRIにて両側側頭葉から後頭葉,脳幹,視床,尾状核,両側小脳半球を中心にT1強調画像で低信号,T2強調画像・フレア像で高信号を示す病変が多発していた.原疾患が関与した脳症と考えられ,抗痙攣薬を投与しつつ,血漿交換,ステロイドパルス,シクロフォスファミド …
  • NAID 10026547507
  • めまいのみの訴えで入院した小脳梗塞症例の検討
  • 内海 愛,榎本 浩幸,山本 馨,木村 優,肥塚 泉,佃 守
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 113(7), 593-601, 2010-07-20
  • … いずれも初診時に明らかな脳神経症状や小脳半球症状は認めなかったが, 2例は体幹失調を認めたため, 発症後2日以内にMRIを撮影し, 小脳梗塞の診断に至った. …
  • NAID 10029380316

関連リンク

構成要素, 小脳虫部、小脳半球、小脳片葉、小脳核など. 動脈, 上小脳 .... 小脳は頭尾 方向正中に存在する小脳虫部と左右一対の小脳半球から成っている。 ... 信号は前運動 野、一次運動野および赤核に達し、下オリーブ核を通って再び小脳半球へとリンクする。
1 無脊椎動物の脳. 1.1 扁形動物; 1.2 昆虫; 1.3 頭足類; 1.4 原索動物. 2 脊椎動物の 脳; 3 ヒトの脳について. 3.1 発生; 3.2 解剖. 3.2.1 大脳; 3.2.2 小脳; 3.2.3 脳幹; 3.2.4 循環・代謝. 4 機能; 5 性差. 5.1 質量・容積; 5.2 活動; 5.3 周期性. 6 大脳半球の左右差 ...

関連画像

小脳:底面小脳半球 cerebellar convexity :E.小脳(Cerebellum)小脳の発生学的分類小脳:後面② 機能


★リンクテーブル★
先読み大脳半球
国試過去問087D009」「103B005」「074B053
リンク元脳腫瘍」「新小脳無形成症」「cerebellar hemisphere」「hemispherium cerebelli
拡張検索下小脳半球静脈
関連記事小脳」「

大脳半球」

  [★]

cerebral hemisphere (KH)
hemispherium cerebri
大脳



087D009」

  [★]

  • 64歳の女性。1年前に脳卒中発作が起き、その後、右顔面と右上肢とに自発痛としびれ感とが持続するので来院した。眼球運動は正常。右上下肢に軽度の筋力低下と腱反射亢進とを認める。手指を広げて上肢前方水平挙上位をとらせると、右手指が不随意に、緩徐に動く。右顔面と見議場使途に表在感覚低下を認める。
  • 予想される障害部位はどれ
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

103B005」

  [★]

  • 頭部単純MRIのT1強調正中矢状断像を以下に示す。組合せで正しいのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103B004]←[国試_103]→[103B006

074B053」

  [★]

  • 脳腫瘍の好発部位に関して適切な組み合わせ?
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

脳腫瘍」

  [★]

brain tumor, cerebral tumor
脳新生物 brain neoplasm
頭蓋内腫瘍

概念

分類

疫学

腫瘍別発生頻度

腫瘍別発生頻度 小児 成人
神経膠腫 33% 星状細胞腫 髄膜腫
髄膜腫 22% 髄芽腫 膠芽腫
下垂体腺腫 15% 頭蓋咽頭腫 下垂体腺腫
神経鞘腫 9% 胚細胞腫 神経鞘腫
頭蓋咽頭腫 5% 上衣腫 転移性脳腫瘍

YN.J.188

部位 種類 小児 成人
頭蓋骨 頭蓋骨腫瘍
大脳半球 神経膠腫  
髄膜腫  
松果体 胚細胞腫  
小脳半球 星細胞腫  
血管芽腫  
小脳虫部 髄芽腫  
第四脳室 上衣腫  
鞍上部・
視交叉部・
下垂体部
頭蓋咽頭腫  
視神経膠腫  
胚細胞腫  
下垂体腺腫  
髄膜腫  
小脳橋角部 聴神経鞘腫  
脳幹部 神経膠腫

小児の脳腫瘍

SCN.173
  • 腫瘍:星細胞腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫、上衣腫の順に多い。
  • 部位:1歳まではテント上、2-7歳まではテント下、8-15歳まではテント上に多い。

放射線感受性

SCN.173
  • (高い)髄芽腫、胚細胞腫 > (低い)神経膠腫

転移性脳腫瘍

  • 肺癌(約半数)、乳癌、消化器癌、腎癌
  • 頻度:肺癌>乳癌>胃・腸癌 (SCN.173)

石灰化が見られる脳腫瘍

  • 乏突起膠腫:CT上、低吸収領域の中に石灰化がみられる。(SCN.173)
  • 上衣腫:CT:(単純CT)等~低吸収、(造影CT)中~強度の増強。小嚢胞や壊死、石灰化を認める
  • 髄膜腫:腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる
  • 頭蓋咽頭腫:小児において石灰沈着が高頻度にみられる。

嚢胞性腫瘍

参考

  • 1. がんサポートセンター 脳腫瘍
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/02.html
  • 1-1. がんサポートセンター 脳腫瘍 フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html
  • 2. 脳腫瘍 治療法ガイドライン [総論]
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo1/guide.html
  • 3. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_adult.html
  • 4. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_child.html
  • 5. 小児脳腫瘍
[display]http://www.geocities.jp/ululu_o_ululu/report-11.html

国試



新小脳無形成症」

  [★]

neocerebellar aplasia
新小脳小脳半球


cerebellar hemisphere」

  [★]

小脳半球

hemispherium cerebelli


hemispherium cerebelli」

  [★]

小脳半球

cerebellar hemisphere


下小脳半球静脈」

  [★]

()
inferior veins of cerebellar hemisphere
下小脳静脈

小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 3)小脳半球の障害
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連




球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡