小リンパ球性リンパ腫

出典: meddic

small lymphocytic lymphoma
B細胞慢性リンパ球性白血病慢性リンパ球性白血病リンパ球性リンパ腫小細胞性リンパ腫、慢性B細胞性白血病、小細胞型リンパ腫 small cell lymphoma
B cell chronic lymphoid leukemia/small lymphocytic lymphoma
[show details]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/03 04:36:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2006年10月1日 ... 慢性リンパ性白血病と小細胞性リンパ腫は、リンパ球ががん化して生じる疾患です。この 2つの疾患は、腫れたリンパ節を切除し、顕微鏡で組織を観察しても病理学的な差異は みられません。両者とも同じようにB細胞性のリンパ球の特徴を ...

関連画像

小 リンパ球 性 リンパ 腫 慢性  白血病/小リンパ球性リンパ腫小 リンパ球 性 リンパ 腫 慢性 慢性リンパ性白血病 - Wikipedia白血病 小 リンパ球 性 リンパ 小 リンパ球 性 リンパ 腫 慢性


★リンクテーブル★
先読み慢性リンパ球性白血病」「B細胞慢性リンパ球性白血病
リンク元慢性リンパ性白血病」「非ホジキンリンパ腫」「リンパ球性リンパ腫」「小細胞型リンパ腫」「small lymphocytic lymphoma
拡張検索慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫」「B細胞性小リンパ球性リンパ腫
関連記事リン」「」「リンパ」「リンパ球性」「

慢性リンパ球性白血病」

  [★] 慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia CLL


B細胞慢性リンパ球性白血病」

  [★] B細胞性慢性リンパ性白血病


慢性リンパ性白血病」

  [★]

chronic lymphocytic leukemia, chronic lymphoid leukemia, CLL
白血病
  • first aid step1 2006 p.300,302,303,304,309,310,427,430

概念

  • the accumulation of nonproliferating mature-appearing lymphocytes in the blood, marrow, lymph nodes, and spleen.
  • monoclonal B lymphocytes.
  • CD5+ and CD23+CD5, CD23
  • derived from memory B cell.

細胞表面マーカー WCH.2438

condition smIg CD5 CD10 CD11c CD19 CD20 CD22 CD23 CD25 CD43 CD79b CD103 FMC7
chronic lymphocytic leukemia Dim ++ -/+ ++ Dim -/+ ++ +/- -/+
Waldenstrom macroglobulinemia ++ -/+ ++ ++ -/+ +/-
prolymphocytic leukemia +++ -/+ -/+ -/+ ++ +++ ++ ++ -/+ ++
hairy cell leukemia +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++ +++
hairy cell leukemia variant +++ ++ +++ +++ +++ +++ +++
splenic lymphoma with villous lymphocytes ++ -/+ -/+ +/- ++ ++ ++ +/- -/+ ++ -/+ ++
marginal zone B-cell lymphoma ++ +/- ++ ++ +/- +/- -/+ ++
mantle cell lymphoma ++ ++ -/+ ++ ++ ++ ++ ++
follicular lymphoma ++ -/+ ++ ++ ++ ++ -/+ ++ ++

臨床像

HIM.693
  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51

疫学

YN.G-49
  • 全白血病の2-3%
  • 60歳以上に多い。
  • 男女比=2:1

病態

YN.G-49
  • 正常な免疫グロブリンの産生が抑制されるばかりでなく、異常な自己抗体を産生 → 続発性免疫不全症、自己免疫性溶血性貧血


USMLE

  • Q book p.246 42

参考

  • 1. [charged] Epidemiology and clinical manifestations of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [1]
  • 2. [charged] Pathologic features, diagnosis, and differential diagnosis of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [2]
  • 3. [charged] Pathophysiology and cytogenetics of chronic lymphocytic leukemia - uptodate [3]



[show details]


非ホジキンリンパ腫」

  [★]

non-Hodgkin's lymphoma non-Hodgkin lymphoma NHL
非Hodgkinリンパ腫, non-Hodgkinリンパ腫
B細胞性悪性リンパ腫悪性リンパ腫

非ホジキンリンパ腫の臨床的な特徴 HIM.693

  年齢 子供における頻度 男性(%) ステージI,II vs III,IV(%) B症状(%) 骨髄浸潤(%) 消化管浸潤(%) 5年生存率(%)
B細胞CLL/小リンパ球性リンパ腫 65 まれ 53 9 vs 91 33 72 3 51
マントル細胞リンパ腫 63 まれ 74 20 vs 80 28 64 9 27
MALT型の節外辺縁域B細胞リンパ腫 60 まれ 48 67 vs 33 19 14 50 74
濾胞リンパ腫 59 まれ 42 33 vs 67 28 42 4 72
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 64 ~25% 55 54 vs 46 33 16 18 46
バーキットリンパ腫 31 ~30% 89 62 vs 38 22 33 11 45
前駆T細胞リンパ芽球性リンパ腫 28 ~40% 64 11 vs 89 21 50 4 26
未分化大細胞型リンパ腫 34 よくある 69 51 vs 49 53 13 9 77
末梢型T細胞非ホジキンリンパ腫 61 ~5% 55 20 vs 80 50 36 15 25

分類

参考1
  • 経過による分類
進行スピードによる分類 該当する非ホジキンリンパ腫の種類
低悪性度(年単位で進行) 濾胞性リンパ腫
MALTリンパ腫
中悪性度(月単位で進行) びまん性大細胞性B細胞性リンパ腫
未分化大細胞リンパ腫
高悪性度(週単位で進行) リンパ芽球性リンパ腫
バーキットリンパ腫

検査

病勢と相関する項目

予後

参考

  • 1. 悪性リンパ腫の診断と治療
[display]http://ganjoho.jp/public/cancer/data/ML.html


  • first aid step1 2006 p.160294301302309431



リンパ球性リンパ腫」

  [★]

lymphocytic lymphoma
小リンパ球性Bリンパ腫 malignant lymphoma, small cell type
B細胞慢性リンパ球性白血病慢性リンパ球性白血病小リンパ球性リンパ腫、慢性B細胞性白血病、小細胞型リンパ腫


小細胞型リンパ腫」

  [★]

small-cell lymphoma
B細胞慢性リンパ球性白血病慢性リンパ球性白血病リンパ球性リンパ腫小リンパ球性リンパ腫小細胞性リンパ腫、慢性B細胞性白血病


small lymphocytic lymphoma」

  [★] 小リンパ球性リンパ腫


慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫」

  [★]

chronic lymphocytic leukemia/small lymphocytic lymphoma
慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia, 小リンパ球性リンパ腫 small lymphocytic lymphoma


B細胞性小リンパ球性リンパ腫」

  [★]

B-cell small lymphocytic lymphoma

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節


リンパ球性」

  [★]

lymphocytic
リンパ性リンパ球系


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡