出典: meddic

househome
ホーム在宅収容室内

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/27 11:01:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カラダご医見番・ライフスタイル編(Number 331)子供の感染性急性胃腸炎に 庭でできる経口補水療法を
  • 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly 105(1), 198, 2017-12-31
  • NAID 40021039122
  • 計 18年から配偶者控除が拡大へ 妻の"働き損"年収幅が縮小 (特集 2017総予測) -- (消費)
  • 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly 105(1), 174-175, 2017-12-31
  • NAID 40021039026
  • 空き問題 加速度的に増える空きに"アメとムチ"の対策進む (特集 2017総予測) -- (政治・社会)
  • 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly 105(1), 159, 2017-12-31
  • NAID 40021038964

関連リンク

「無印良品の家」は高い耐久性と機能的な設備を備え、一室空間による住まい手のほどよい距離感を演出します。家族構成や生活の志向に合わせ永く使える、変えられる、自由に使える住みやすい家です。
注文住宅・一戸建て・新築・建て替えのご相談など家を建てるお手伝い。全国10000社の地元工務店の2500件を越える施工事例であなたにピッタリの工務店が探せます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 疼痛(非オピオイド、非シクロオキシゲナーゼ阻害)
    スモン後遺症状(冷感・異常知覚・痛み)、アレルギー性鼻炎・そう痒

販売名

ノイロトロピン注射液3.6単位

組成

成分・含量(1管3mL中)

  • ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液
    3.6ノイロトロピン単位含有

添加物

  • 等張化剤、pH調整剤
  • 本剤の有効成分は、ウサギの皮膚抽出物である。
    本剤の製造に用いるワクシニアウイルスの培養には、鶏卵、ウサギ、カゼインペプトン(ウシ乳及びブタ膵臓由来)を使用している。

禁忌

本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 腰痛症、頸肩腕症候群、症候性神経痛、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、蕁麻疹)に伴うそう痒、アレルギー性鼻炎
  • 通常成人1日1回ノイロトロピン単位として、3.6単位(1管)を静脈内、筋肉内又は皮下に注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • スモン(SMON)後遺症状の冷感・異常知覚・痛み
  • 通常成人1日1回ノイロトロピン単位として、7.2単位(2管)を静脈内に注射する。

  • スモン(SMON)後遺症状の冷感・異常知覚・痛みに対する投与期間は、6週間を目安とする。ただし、投与開始2週間で何ら効果が認められない場合には漫然と投薬を続けないように注意すること。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

(いずれも頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、脈拍の異常、胸痛、呼吸困難、血圧低下、意識喪失、発赤、そう痒感等の異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸

(いずれも頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

鎮痛作用

  • 本剤は、非ステロイド性消炎鎮痛剤やオピオイドと異なり、プロスタグランジン産生系やオピオイド系に作用せず、正常動物を用いた鎮痛薬評価系よりも痛覚過敏モデルとされるSARTストレス(反復寒冷負荷)動物、CCI(慢性絞扼性神経損傷)ラットやSNL(脊髄神経結紮)マウスに対して優れた効果を示す。また、末梢侵害刺激局所において、起炎物質であるブラジキニンの遊離抑制作用を示し、これらは本剤の薬効薬理における特長をなす。11〜18)

SARTストレス(反復寒冷負荷)動物における痛覚過敏改善効果

  • 動物の飼育温度を昼間は1時間ごとに室温(24℃)と低温(マウス4℃、ラット−3℃)に変化させ、夜間は低温で飼育する(SARTストレス)と、4日目以降から安定した痛覚閾値の低下が認められ、痛覚過敏モデルとなる。
    このSARTストレスマウスに本剤を単回腹腔内投与すると、用量依存的な鎮痛効果が認められ、その鎮痛効力(ED50値)は91NU/kg(NU:ノイロトロピン単位)で、正常動物の場合(239NU/kg)より強かった。19)
    また、本剤の連日腹腔内投与により、SARTストレスマウスの痛覚過敏が用量依存的に抑制された。そのED50値は単回投与の場合より小さく、7日目で10NU/kgとなり、本剤の反復投与により鎮痛効力が増大した。20)

CCI(慢性絞扼性神経損傷)ラットにおける痛覚過敏の改善効果及び発症抑制効果

  • ラットの坐骨神経を縫合糸(chromic gut)で緩く結紮すると、数日後から痛覚過敏状態が惹起される。このCCI術後14日目の痛覚過敏ラットに、本剤100NU/kgを単回腹腔内投与すると、温熱性及び機械刺激性痛覚過敏が抑制された。更に、本剤50NU/kgを術後7日目から1週間、連日腹腔内投与すると、投与終了から2週間にわたって効果が持続し、CCI処置による温熱性痛覚過敏を改善した。15)
    また、CCIモデルにおける痛覚過敏の発症に対する本剤の効果を検討した。CCI術日の翌日から10日間、本剤100又は200NU/kg/dayの連日腹腔内投与により、CCI処置による温熱性痛覚過敏の発症を用量依存的に抑制した。16)

SNL(脊髄神経結紮)マウスにおける痛覚過敏改善効果及び抗アロディニア効果

  • マウスの第5腰椎神経を絹糸できつく結紮すると、数日後から痛覚過敏とアロディニアが惹起される。このSNL術後7日目のマウスに、本剤50〜200NU/kgを単回腹腔内投与すると、温熱性及び機械刺激性痛覚過敏、及びアロディニアが用量依存的に抑制された。17)

冷感・異常知覚に対する作用(ラット)

  • キノホルムを反復投与したラットに低温負荷試験を行い、本剤の効果をサーモグラフィーで評価した。本剤50又は100NU/kgの単回静脈内投与により、低下した皮膚温回復反応が有意に改善された。21)

鎮痛作用及び冷感・異常知覚改善作用における作用機序

  • 本剤は鎮痛作用に加え冷感・異常知覚改善作用を併せ持ち、その作用機序として、中枢性鎮痛機構の一つであるモノアミン作動性下行性疼痛抑制系の活性化作用、侵害刺激局所における起炎物質であるブラジキニンの遊離抑制作用、末梢循環改善作用等が考えられる。

下行性疼痛抑制系の活性化作用(マウス、ラット)

  • 本剤の痛覚過敏改善作用は、腹腔内又は脊髄くも膜下腔内投与に比べて中枢の大槽内投与で強く認められた。(SARTストレスマウス)22)
  • 本剤は、セロトニン(5-HT)作動性の下行性疼痛抑制系の中継核である延髄大縫線核の機能低下を改善した。(SARTストレスラット)23)
  • 本剤の痛覚過敏改善作用は、下行性疼痛抑制系ニューロンが投射する脊髄に、5-HT3受容体又はノルアドレナリン(NA)作動性のα2受容体拮抗薬を脊髄くも膜下腔内投与すると抑制された。なお、本剤の作用はオピオイド受容体拮抗薬であるナロキソンの脊髄くも膜下腔内投与では拮抗されなかった。(SARTストレスラット)14)
  • 本剤の痛覚過敏改善作用は、下行性疼痛抑制系の5-HT又はNA作動性神経を延髄又は脊髄レベルで選択的に薬物破壊すると抑制された。(SARTストレスラット)24)
    また、本剤の痛覚過敏改善作用と抗アロディニア作用は、NA作動性神経を脊髄レベルで選択的に薬物破壊すると抑制された。(SNLマウス)17)

ブラジキニン遊離抑制作用(ラット)

  • ラット足趾に侵害刺激(圧刺激)を加えると、刺激局所にブラジキニン(BK)やプロスタグランジンE2(PGE2)等が増加する。この試験系に本剤10〜50NU/kgを単回経口投与すると、PGE2遊離には影響を及ぼさなかったが、BK遊離を用量依存的に抑制した。一方、インドメタシンはPGE2遊離を抑制したが、BK遊離には影響を及ぼさなかった。18)

末梢循環改善作用

組織血流改善作用(ラット)

  • ラット足蹠カラゲニン炎症に対する本剤の効果を、組織血流量、痛覚閾値及び浮腫を指標として経時的に検討した。本剤の100NU/kg静脈内投与により、炎症局所に生じる虚血を改善し、その後の痛覚過敏を改善するとともに炎症の治癒を促進した。この作用態度はモルヒネ、非ステロイド性消炎鎮痛薬、ステロイド、αブロッカー等のいずれとも異なるものであった。25)

患部冷温域の皮膚温上昇作用(臨床)

  • 整形外科領域における有痛性患者の患部皮膚温に対する本剤の効果をサーモグラフィーで評価した。本剤1〜3管(3.6〜10.8NU)(注5)の静脈内注射により、患部皮膚温の低下を選択的に改善した。26)
    (注5)本剤の承認された1回用量は1管又は2管である。
    (【効能・効果】【用法・用量】の項参照)

視床下部ニューロンに対する作用(ラット)

  • 神経生理学的研究(in vivoin vitro)から、視床下部ニューロン発射活動を変化させた。これらの成績から、ニューロパシー性疼痛や異常知覚と関連すると考えられている知覚性ニューロン発射活動様式の異常を修飾することが示唆されている。27,28)

抗アレルギー作用

抗原誘発アレルギーモデルにおける症状改善作用(モルモット)

  • モルモットを卵白アルブミン又はトルエンジイソシアネートで感作・誘発し、アレルギーモデルを作製した。これらの系に、本剤50〜200NU/kgを連日経口投与すると、くしゃみ、鼻汁分泌、喘鳴が抑制された。29)

鼻粘膜副交感神経受容体数の調節作用(モルモット)

  • アレルゲン感作モルモットに抗原誘発を繰り返すと、鼻汁分泌に関与する鼻粘膜中のムスカリン性アセチルコリン受容体が増加する。この系に、本剤50〜200NU/kgを連日経口投与すると、アセチルコリン受容体の増加が抑制された。29)

好酸球浸潤抑制作用(マウス)

  • アレルギー性炎症において主要な役割を担う好酸球の局所浸潤に対する本剤の効果をT細胞依存性好酸球浸潤モデルマウスで検討した。本剤10〜50NU/kg週2回、3週間の経口投与により、抗原(ブタクサ花粉抽出物)誘発24時間後における局所T細胞依存性好酸球浸潤が用量依存的に抑制された。同様の効果はシクロスポリンAの皮下投与でもみられた。30)


★リンクテーブル★
リンク元home」「house」「収容」「室内」「在宅
拡張検索致死性家族性不眠症」「家族性高カリウム血性周期性麻痺」「自家感作性皮膚炎」「家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症」「家族性地中海熱アミロイドーシス

home」

  [★]

  • n.
  • adj.
  • 在宅の
house

WordNet   license wordnet

「used of your own ground; "a home game"」

WordNet   license wordnet

「an environment offering affection and security; "home is where the heart is"; "he grew up in a good Christian home"; "there''s no place like home"」

WordNet   license wordnet

「an institution where people are cared for; "a home for the elderly"」
nursing home, rest home

WordNet   license wordnet

「where you live at a particular time; "deliver the package to my home"; "he doesn''t have a home to go to"; "your place or mine?"」
place

WordNet   license wordnet

「place where something began and flourished; "the United States is the home of basketball"」

WordNet   license wordnet

「the country or state or city where you live; "Canadian tariffs enabled United States lumber companies to raise prices at home"; "his home is New Jersey"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉〈U〉《おもに米》(家族の住む)『家』,住居,わが家 / 〈U〉〈C〉『家庭』,家庭生活 / 〈U〉『生まれ故郷』,長く住んでいる所;故国,本国 / 〈C〉(動物の)生息地,(植物の)原産地;(物・思想などの)発祥地,本場 / 〈C〉(家のない人・病人などの)『収容施設』,ホーム《+『for』+『名』》 / 〈U〉〈C〉決勝点,ゴール;(野球で)本塁,ホーム / 『家庭の』;故郷の / 『国内の』,自国の / ぐさりと急所をつく,胸にこたえる / (スポーツの試合などが)地元(ホームグランド)で行われる / 『家へ』(に);故郷へ(に);本国(母国)へ(に) / (ねらった所に)ずぶりと,深々と / 胸にこたえるぼと,ぎくりと / 〈人が〉帰宅(帰国)する;〈ハトなどが〉巣に帰る / 〈誘導単;飛行機などが〉(目標に)向かう,(…へ)誘導される《+『in on』+『名』》 / (特定の場所に)家を持つ,住む / 〈誘導弾・飛行機など〉‘を'誘導する / 〈人〉‘に'家を与える」

WordNet   license wordnet

「inside the country; "the British Home Office has broader responsibilities than the United States Department of the Interior"; "the nation''s internal politics"」
interior, internal, national

WordNet   license wordnet

「at or to or in the direction of one''s home or family; "He stays home on weekends"; "after the game the children brought friends home for supper"; "I''ll be home tomorrow"; "came riding home in style"; "I hope you will come home for Christmas"; "I''ll take her home"; "don''t forget to write home"」

WordNet   license wordnet

「on or to the point aimed at; "the arrow struck home"」

WordNet   license wordnet

「provide with, or send to, a home」

WordNet   license wordnet

「relating to or being where one lives or where one''s roots are; "my home town"」

WordNet   license wordnet

「return home accurately from a long distance; "homing pigeons"」

WordNet   license wordnet

「to the fullest extent; to the heart; "drove the nail home"; "drove his point home"; "his comments hit home"」


house」

  [★]

  • n.
  • adj.
  • 室内の
  • v.
  • 収容する
accommodateaccommodationhomein-house

WordNet   license wordnet

「contain or cover; "This box houses the gears"」

WordNet   license wordnet

「a building in which something is sheltered or located; "they had a large carriage house"」

WordNet   license wordnet

「a dwelling that serves as living quarters for one or more families; "he has a house on Cape Cod"; "she felt she had to get out of the house"」

WordNet   license wordnet

「play in which children take the roles of father or mother or children and pretend to interact like adults; "the children were playing house"」

WordNet   license wordnet

「an official assembly having legislative powers; "a bicameral legislature has two houses"」

WordNet   license wordnet

「aristocratic family line; "the House of York"」

WordNet   license wordnet

「the audience gathered together in a theatre or cinema; "the house applauded"; "he counted the house"」

WordNet   license wordnet

「the management of a gambling house or casino; "the house gets a percentage of every bet"」

WordNet   license wordnet

「the members of a religious community living together」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『家』,住宅 / 家庭,家族,世帯 / 《しばしば複合語を作って》(ある特定の目的に用いる)建物 / (劇場などの)観客,聴衆 / 《しばしばthe H-》議会,立法府,議院 / 《しばしばH-》(王侯貴族の)家系,…家 / 〈人〉‘に'住居を提供する;〈人〉‘を'泊める,収容する / 〈品物〉‘を'しまう,蓄える / 家の / (特定の会社などの)社員向けの」

WordNet   license wordnet

「provide housing for; "The immigrants were housed in a new development outside the town"」
put up, domiciliate

収容」

  [★]

accommodationaccommodatehouse
順応調節適応遠近調節宿泊設備室内


室内」

  [★]

housein-house
院内社内収容


在宅」

  [★]

home
ホーム


致死性家族性不眠症」

  [★]

fatal familial insomnia FFI
難病プリオン病

概念

参考1
  • 致死性家族性不眠症(ちしせいかぞくせいふみんしょう、Fatal Familial Insomnia:FFI)は、幻覚、重度の進行性不眠症、頻脈等の症状に続き、全身の不随意運動と痴呆を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはARCH。治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の余命は多くの場合約2年以内。
  • 日本においては、変異性クロイツフェルト・ヤコブ病やゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群と共にプリオン病に分類される。

遺伝性

  • イタリアの家系で見出され、日本ではごく少数の家系に見出されるのみである。プリオン蛋白遺伝子の変異した家系に見られるが、ほぼ同一の症状を示す散発性の遺伝子変異を持たない症例もある。

病因

  • 遺伝性のあるもの:プリオン蛋白の変異
  • 散発性の遺伝子変異を持たないもの:原因不明 → 視床変性型CJD

疫学

  • 多くの症例では40-50歳代で発症。男女差なし。

検査

予後

  • 多くの場合発症から1年以内に昏睡に陥る

感染性

  • 患者の脳組織には異常プリオンが蓄積されているため、伝達性がある。

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B4%E6%AD%BB%E6%80%A7%E5%AE%B6%E6%97%8F%E6%80%A7%E4%B8%8D%E7%9C%A0%E7%97%87
  • 2. FATAL FAMILIAL INSOMNIA; FFI - OMIM
[display]http://omim.org/entry/600072
  • 3. [charged] プリオンによる中枢神経系疾患 - uptodate [1]
  • 4. [charged] プリオンの生物学および遺伝学 - uptodate [2]



家族性高カリウム血性周期性麻痺」

  [★]

familial hyperkalemic periodic paralysis
高カリウム性周期性四肢麻痺原発性高カリウム血性周期性四肢麻痺


自家感作性皮膚炎」

  [★]

autosensitization dermatitis, autosensitive dermatitis
自己湿疹化 autoeczematization



家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症」

  [★]

familial hypocalciuric hypercalcemia, FHH



家族性地中海熱アミロイドーシス」

  [★]

amyloidosis in familial Mediterranean fever




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡