子宮頸管

出典: meddic

子宮頚部

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/24 17:42:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊婦受入れ基準インデックスの適応の検証
  • 岡田 智恵,江藤 宏美,片岡 弥恵子,柳井 晴夫
  • 母性衛生 53(4), 505-514, 2013-01-00
  • … 「妊娠糖尿病(以下GDM)(既往)」「妊娠30〜36週に子宮頸管長短縮・早産兆候」など3項目は,全員がCSになっていた。 …
  • NAID 110009578843
  • 症例報告 子宮頸管妊娠に対しメソトレキセート局注し,妊孕能を温存できた1例
  • 薗田 有加,岩佐 朋美,芥川 修 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 61(3), 392-395, 2012-10-00
  • NAID 40019492625
  • 2) 個々の症例で切除の要否を判断する(CQ220「子宮頸管部のポリープ状病変の取り扱いは?」原則的には切除し,組織学的検査をするvs経過観察する,ガイドライン解説 婦人科外来編 ディベート,第64回日本産科婦人科学会学術講演会生涯研修プログラム関係講演要旨)
  • 衣笠 万里
  • 日本産科婦人科學會雜誌 64(9), "N-182"-"N-187", 2012-09-01
  • NAID 110009509138

関連リンク

現在33週です。 お腹が張るので病院へ行ったところ、子宮頸管が2.8cmと短くなって いると言われました。 張り止めの ... 心配ですよね。 先に回答されているように、子宮 収縮(おなかの張り)がなければ、頸管の長さは長くなります。 ですが、元 ...
子宮頸管の長さが3センチよりも短い場合は早産の危険が高くなります。場合によっては 入院、手術を行うことになります。子宮頸管が短い場合、腹部の張りを絶対に避け なければなりません。お腹の張り止めが最優先です。

関連画像

子宮頸管ポリープ子宮頸管ポリープ矢印で示した内子宮口が外子 クック 子宮頸管拡張バルーン子宮頸管ポリープ羊膜 …絨毛膜の内側にある層


★リンクテーブル★
国試過去問102I070」「099H002」「102I067」「103G028」「103E031」「108I001
リンク元子宮頚部」「頚管」「膀胱子宮瘻
拡張検索子宮頸管内膜掻爬」「子宮頸管内膜炎」「子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ」「マイコプラズマ子宮頸管炎」「傍子宮頸管ブロック
関連記事子宮」「

102I070」

  [★]

  • 28歳の1回経産婦。妊娠25週時に少量の性器出血と下腹部痛とを主訴に来院した。1週前の診察では子宮頸管長は40mmで、母児共に異常を認めなかった。昨夜から不規則な子宮収縮を自覚し、明け方排尿時に少量の性器出血に気付いた。4年前に子宮頚部上皮内痕で子宮頸管円錐切除術を牽け、2年前の初回妊娠は妊娠32週や早産となり、今回は妊娠14週時にShirodkar頸管縫縮術を受けている。体温37.3℃。脈拍96/分、整。血圧120/72mmHg。膣鏡診で置下は血性、子宮口は閉鎖し羊水の流出は認めない。内診では子宮口は中央で硬く展退度は50%、先進部は胎児殿部で下降度Sp-3である。腹部超音波検査では、胎児の推定体重は662g、羊水量に異常を認めない。子宮頸管長20mm。胎児心拍数陣痛図では10~15分間隔の子宮収縮を認めるが、心拍数パターンに異常を認めない。1週前の外来での膣分泌物培養検査では、Enterococcus faecalis2+.Streptococcus agalacticae2+、Lactobacillus species(-)で、頸管粘液中の好中球エラスターゼは陽性である。尿所見:蛋白1+、糖(-)。血液所見:赤血球345万、Hb11.7g/dl、白血球10,200、血小板20万。CRP1.3mg/dl。
  • まず行うのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I069]←[国試_102]→[102I071

099H002」

  [★]

  • 32歳の女性。0経妊0経産、妊娠28週の妊婦健康診査まで異常は認めなかった。妊娠30週の妊婦健康診査で血圧150/100mmHg。尿蛋白1+。下肢の浮腫1+であった。入院して、安静と食事療法とを行ったが、症状は改善しなかった。妊娠34週に血圧180/120mmHg。尿蛋白2+。下肢の浮腫2+となった。また、2~3分間隔の子宮収縮を自覚した。この時の内診所見では、先進部は後頭部で子宮ロは2cm開大、位置後方で、頸管は硬、展退30%、SP-2であった。超音波断層検査で児の推定体重は1,400gであった。
  • この時点での胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • a. 高血圧は軽症に分類される。
  • b. 子宮頸管は熟化している。
  • c. 胎児発育は週数相当である。
  • d. 児頭が圧迫されている。
  • e. 急遂分娩が必要である。


[正答]
※国試ナビ4※ 099H001]←[国試_099]→[099H003

102I067」

  [★]

  • 25歳の女性。下腹部痛と膣分泌物増加とを主訴に来院した。昨夜から下腹部痛が出現し、次第に増強してきた。外陰と膣とに掻痒感はない。夫は数日前に性器クラミジア感染症と診断され、内服治療を受けている。体温37.5℃。膣鏡診で黄色の分泌物を認める。内診で右下腹部に圧痛を認めるが、腫瘤は触知しない。
  • 感染部位はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I066]←[国試_102]→[102I068

103G028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103G027]←[国試_103]→[103G029

103E031」

  [★]

  • 分娩の前駆症状はどれか。3つ選べ。
  • a. 胎動の増加
  • b. 子宮底の上昇
  • c. 子宮頸管の熟化
  • d. 胎児先進部の固定
  • e. 血性粘液性の腟分泌物
[正答]


※国試ナビ4※ 103E030]←[国試_103]→[103E032

108I001」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108H038]←[国試_108]→[108I002

子宮頚部」

  [★]

uterine cervix, cervix of uterus, cervical canal of uterus, uterine neck
canalis cervicis uteri, cervix uteri
子宮頸部
子宮頚管 子宮頸管頸管 cervical canal子宮口子宮
uterocervicalcervical
[show details]


組織


頚管」

  [★]

cervical duct, cervical canal
頸管子宮頸管


膀胱子宮瘻」

  [★]

vesicouterine fistula
膀胱子宮頸管


子宮頸管内膜掻爬」

  [★]

endocervical curettage
子宮頚管内膜掻爬


子宮頸管内膜炎」

  [★]

endocervicitis
子宮頚管内膜炎


子宮頸管粘液中顆粒球エラスターゼ」

  [★] 子宮頚管粘液中顆粒球エラスターゼ


マイコプラズマ子宮頸管炎」

  [★] マイコプラズマ子宮頚管炎

傍子宮頸管ブロック」

  [★]

paracervical block


子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡