好酸球性血管リンパ球増殖症

出典: meddic

angiolymphoid hyperplasia with eosinophilia
好酸球増多を伴う血管リンパ組織過形成


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

好酸球増加症は一次性(特発性)に,または多数の障害に対して二次性に起こる( 好酸 球性疾患: 二次性の好酸球増加症の重要な原因表 1: 表 ... 骨髄増殖性疾患. 慢性骨髄 性白血病. 好酸球増加を伴う肺浸潤症候群. 単純性肺好酸球増加症(レフラー症候群), 慢性好酸球性肺炎,熱帯性肺 ... がない場合と,間質性腎炎,血清病,胆汁うっ滞性 黄疸,過敏性血管炎,免疫芽球性リンパ節症を含む様々な症候群を有する場合とが ある。
リンク. Search www.google.jp for '好酸球性血管リンパ球増殖症' ... images. 3 診断 写真 localisation: 耳珠, 診断: 好酸球性血管リンパ球増殖症 localisation: 耳垂, 診断: 好酸球性血管リンパ球増殖症 localisation: 耳, 診断: 好酸球性血管リンパ球増殖症.

関連画像

localisation: 顔面首診断: 毛包性  リンパ球増殖症(皮膚リンパ球 : 上唇診断: 血管拡張性肉芽腫血液学・遺伝子検査黒色腫および他の皮膚癌時の


★リンクテーブル★
リンク元好酸球増多を伴う血管リンパ組織過形成
関連記事好酸球」「血管」「リン」「」「好酸

好酸球増多を伴う血管リンパ組織過形成」

  [★]

angiolymphoid hyperplasia with eosinophilia
好酸球性血管リンパ球増殖症

好酸球」

  [★]

eosinophil (Z), eosinophile
顆粒球白血球好塩基球


  • 白血球
  • 顆粒球

組織学

  • 酸性色素(エオシン)で染まる顆粒(好酸性顆粒)を持つ → ギムザ染色っぽい顆粒がみえる (HIS.190 図10-3)
塩基性の成分が含まれている?
  • 二分葉の核 (HIS.197)
  • 直径は10-14μm (HIS.197)
  • 末梢血

顆粒

  • 寄生虫の破壊、抗原抗体複合体の加水分解
  • 特殊顆粒:主要塩基性タンパク質、好酸性陽イオンタンパク、好酸球由来神経毒素

機能 (HIS.198)

  • ケモカインによる遊走
  • ヒスタミン、ロイコトリエン、好酸球走化因子と結合して、これに向かって遊走する。
  • 顆粒の分泌
  • 抗原抗体複合体の取り込み、およびファゴサイト内での分解

基準値

  • 好酸球比率(白血球比):2-4%

好酸球数の変化

  • 増加
  • 寄生虫感染症、アレルギー疾患(特に、I型アレルギー)
  • 喘息、ある種の腫瘍
  • 減少:

サイトカイン

  • IL-5の受容→好酸球の前駆細胞増殖、前駆細胞から好酸球への分化促進 (HIS.197)


臨床関連


血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管


好酸」

  [★]

eosinophilic
エオシン好性エオジン好性好酸球好酸性好酸球性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡