奇胎後ヒト絨毛性ゴナドトロピン存続症

出典: meddic

post-molar persistant human chorionic gonadotropin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

症状があれば、絨毛性疾患の有無を調べるための検査、例えば、内診や超音波検査、血液検査などを行います。中でも大切なのはβhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピンβ鎖)の検査です。これは血液中のホルモンの値を測定する検査です。
妊娠性絨毛性疾患は,妊婦または最近まで妊娠していた者における絨毛組織の増殖である。症状として,特に妊娠早期に,過度の子宮腫脹,嘔吐,腟出血,および子癇前症が現れうる。診断として,ヒト絨毛性ゴナドトロピン β ...


★リンクテーブル★
リンク元奇胎後hCG存続症
関連記事」「絨毛性」「存続」「」「トロピン

奇胎後hCG存続症」

  [★]

post-molar persistant hCG
奇胎後ヒト絨毛性ゴナドトロピン存続症


後」

  [★]

afterfollowingsubsequentlateposteriorbehindafterwardafterwardspost
下記後期後方後側遅発遅発型晩発引き続くポスト遅い


絨毛性」

  [★]

chorionictrophoblastic
栄養膜コリオン漿膜絨毛膜絨毛膜性


存続」

  [★]

continuationcontinue
継続続き続く続ける連続


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

トロピン」

  [★]

tropine




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡