大腿神経伸展テスト

出典: meddic

femoral nerve stretch test
大腿神経伸展試験、大腿神経ストレッチテスト
神経伸張試験
  • 図:SOR.475


  • 患者を診察台の上に腹臥位にする。検者は患者の下腿を把持し、膝関節を90°屈曲位として把持した下腿を上方に引き上げることにより股関節を伸展させる。大腿神経に沿った疼痛が痛発された場合を陽性とする。陽性の場合にはL3-L4椎間板ヘルニアを代表とする上位腰椎間板ヘルニアを示唆。(SOR.475)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1-P2-91 腰椎椎間板ヘルニアでみられる根性疼痛の発現機序 : 術中大腿神経伸展テストによる根電位と血流の変化(腰痛・生理学的検討,ポスター,一般演題,実学としてのリハビリテーションの継承と発展,第44回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 竹野 建一,小林 茂,内田 研造,弥山 峰史,馬場 久敏
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 44(SUPPLEMENT), S325, 2007-05-18
  • NAID 110006450848
  • 1-4-13 腰椎椎間板ヘルニアの術中に行った大腿神経伸展テストによる根電位と血流の変化(腰痛症(2),口演,一般演題,リハビリテーション医学の進歩と実践,第43回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 小林 茂,内田 研造,彌山 峰史,竹野 建一,川原 英夫,久保田 力,馬場 久敏
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 43(Supplement), S149, 2006-05-18
  • NAID 110004873580
  • 腰椎椎間板ヘルニアによる根性疼痛の発現機序 : 術中の大腿神経伸展テストによる根電位と血流の変化
  • 彌山 峰史,小林 茂,内田 研造,竹野 建一,馬場 久敏
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌. 中部日本整形外科災害外科学会抄録 49(3), 557-558, 2006-05-01
  • NAID 10018166464

関連リンク

下肢の整形外科テスト 大腿神経伸長テスト ( FNS = Femoral nerve stretch test ) 目的 腰椎2番-3番間の神経根を伸張し、神経根が圧迫によって刺激されているかどうかを検査する。 方法 1.FNS 患者は腹臥位(うつ伏せ)。患者の首を検査 ...
大腿神経伸展テスト(FNSテスト) 神経の状態を確認する検査 坐骨神経痛の検査では、患者をうつぶせに寝かして行う 大腿神経伸展テスト もあります。 この検査では、手で臀部を固定して、膝を90度曲げてもらいます。 その状態から、患者の ...

関連画像

大腿神経伸長テスト被験者は仰臥位図9 大腿神経伸展テスト(Femoral


★リンクテーブル★
リンク元femoral nerve stretch test」「大腿神経ストレッチテスト
関連記事テスト」「大腿神経」「神経」「大腿」「伸展

femoral nerve stretch test」

  [★] 大腿神経伸展テスト


大腿神経ストレッチテスト」

  [★] 大腿神経伸展テスト


テスト」

  [★]

徴候

循環器内科

整形外科


  • Romberg test:下半身からの深部感覚が侵されるときに発現。開眼での閉脚起立が可能、閉眼直後の方向不定の転倒
= Finkelstein test フィンケルシュタインテスト


  • アキレス腱断裂
  • 腱板断裂
  • 棘上筋テスト
  • 外旋筋力テスト
  • lift-offテスト
  • belly pressテスト
  • 股関節脱臼
  • 十字靭帯損傷

神経内科

産婦人科


大腿神経」

  [★]

femoral nerve
nervus femoralis
伏在神経

由来

支配

  • 股関節の屈曲、膝関節の伸展、大腿内側面の皮膚

走行

  • 大腰筋の裏を下外側方に走行し、大骨盤あたりで大腰筋と腸骨筋に挟まれながら下行する (KA.333)
  • 鼡径靭帯の中点あたりで腸骨筋膜に包まれながら筋裂孔を介し、大腿動脈・大腿静脈の外側で大腿三角に入る。
  • 大腰筋-筋裂孔-大腿三角-内転筋管内転筋管を途中ででて伏在神経となる

-前皮枝
M. 307
N. 259,389,520,526,527
KA. 217,479,486
KH. 194,201
B. Z-17
-関節枝 
N. 520
-筋枝
N. 480 KA. 480
-皮枝 
KA. 486
  • 前皮枝 anterior cutaneous branches of femoral nerve (M)
    • 大腿三角で起こり、大腿筋膜を貫いて大腿の前内側の皮膚を支配
  • 伏在神経 ←終枝



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


大腿」

  [★]

femur
os femoris
下肢下腿




伸展」

  [★]

extention (K)
屈曲





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡