多剤併用化学療法

出典: meddic

combination chemotherapy
多剤化学療法併用化学療法併用薬物療法

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃液培養で診断し,多剤併用化学療法が奏効した肺Mycobacterium gordonae症の1例
  • 中澤 篤人,萩原 恵里,池田 慧 [他]
  • 結核 87(11), 727-731, 2012-11
  • NAID 40019491440
  • 多剤耐性結核菌 (多剤耐性菌の検査と臨床)
  • 症例報告 再発T細胞性急性リンパ性白血病に対しネララビン,エトポシド,フルダラビンによるFLEND療法により寛解となった後,非血縁者間骨髄移植を施行した1例
  • 落合 秀匡,安藤 久美子,力石 浩志 [他]
  • 小児科診療 75(3), 503-506, 2012-03
  • NAID 40019203644

関連リンク

多くの場合、抗がん剤の多剤併用化学療法を行います。抗がん剤は、塩酸ドキソルビシン、シクロホスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン剤)、CD20抗体(リツキシマブ)等を組み合わせて使用します。強力 ...
... 親和性を高めた薬剤。注射剤は静脈に点滴投与する。通常造血幹細胞移植の前処置大量化学療法に他の抗癌剤と併用します。経口剤は多発性骨髄腫のみに使用されます。骨髄抑制に充分な注意が必要で、腎機能障害があると の疑い ...

関連画像

表1 乳がんの治療に用いる主な  多 剤 併用 化学療法 を日高病院 腎臓病教室へ 図3 悪性リンパ腫の治療方針CHOP療法(多剤併用化学療法 多剤併用療法


★リンクテーブル★
国試過去問100A037」「097A033」「098D033」「097A035」「096A033
リンク元多剤化学療法」「併用薬物療法」「併用化学療法
関連記事併用」「化学」「」「多剤」「療法

100A037」

  [★]

  • 22歳の男性。発熱と頸部リンパ節腫脹とを主訴に来院した。1か月前から37℃台の発熱が出現し、2週前に左頸部のしこりに気付いた。意識は清明。体温38.2℃。左頸部と鎖骨上窩とに径1.5cmのリンパ節を3個、左腋窩に径1cmのリンパ節を2個、左鼠径部に径1.5cmのリンパ節を1個触知する。
  • 血液所見:赤沈45mml時間、赤血球370万、Hb11.2g/dl、Ht35%、白血球6,400。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.0g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、尿酸7.7mg/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、AST33単位、ALT45単位、LDH440単位(基準176~353)、ALP330単位(基準260以下)。
  • 頸部リンパ節生検H-E染色標本を以下に示す。
  • この患者の治療として最も適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100A036]←[国試_100]→[100A038

097A033」

  [★]

  • 65歳の男性。3日前から続く鼻出血のために来院した。3週前から全身倦怠感を自覚している。皮膚は蒼白で紫斑と点状出血とを認める。血液所見:赤血球210万、Hb7.2g/dl、Ht22%、網赤血球1‰、白血球1,900(桿状核好中球1%、分核好中球18%、好酸球1%、単球2%、リンパ球78%)、血小板0.8万。血清生化学所見:総蛋白8.1g/dl、アルブミン4.2g/dl、クレアチニン0.8mg/dl、AST32単位(基準40以下)、ALT26単位(基準35以下)。骨髄生検H-E染色標本を以下に示す。
  • まず行う治療はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 097A032]←[国試_097]→[097A034

098D033」

  [★]

  • 41歳の男性。1週前から続く易疲労感と鼻出血とを訴えて来院した。
  • 眼瞼結膜と口腔粘膜とに貧血を認め、歯肉にも出血を認める。腹部は平坦で肝・肺を触知しない。
  • 体温37.6℃。脈拍88/分、整。血圧124/72mmHg。
  • 血液所見:赤血球210万、Hb7.1g/dl、Ht23%、網赤血球2‰、白血球2,300、血小板2万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン4.2g/dl、総ビリルビン1.1mg/dl、AST25単位(基準40以下)、ALT19単位(基準35以下)、LDH680単位(基準176~353)。
  • 骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D032]←[国試_098]→[098D034

097A035」

  [★]

  • 60歳の女性。3日前に鏡を見て偶然に頚部リンパ節の腫大に気付いて来院した。他の自覚症状はない。胸部に異常を認めない。腹部は平坦で肝・脾を触知しない。両側頚部と左鼠径部とに径2cm大のリンパ節を数個触知する。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球420万、Hb11.7g/dl、Ht36%、白血球4,300、血小板24万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.3g/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT25単位(基準35以下)、LDH230単位(基準176~353)。CRP陰性。リンパ節生検H-E染色標本を以下に示す。適切な対応はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097A034]←[国試_097]→[097A036

096A033」

  [★]

  • 23歳の男性。2週前から全身倦怠感と37℃台の発熱とが続き、昨日から歯肉出血が出現したため来院した。眼瞼結膜は貧血様。皮膚に紫斑を認める。血液所見:赤血球312万、Hb9.3g/dl、Ht28.4%、白血球2,300、血小板2.5万。血清生化学所見:総蛋白8.3g/dl、アルブミン4.5g/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST(GOT)で45単位(基準40以下)、ALT(GPT)30単位(基準35以下)、LDH680単位(基準176~353)。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。適切な治療はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096A032]←[国試_096]→[096A034

多剤化学療法」

  [★]

combination chemotherapypolychemotherapy
併用化学療法多剤併用化学療法併用薬物療法

併用薬物療法」

  [★]

combination drug therapy
併用療法多剤化学療法多剤併用化学療法

併用化学療法」

  [★]

combination chemotherapy
多剤化学療法多剤併用化学療法


併用」

  [★]

combinationcombined applicationcombineconcomitantconcurrent
一致組み合わせ結合随伴性同時同時的同時発生的配合付随物化合混用合併併用投与組み合わせるコンビネーション組合せ

化学」

  [★]

chemistrychemicalchemochem
化学製品化学的化学薬品ケミカルケミストリー

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

多剤」

  [★]

multiple drugmultidrugmultiagent
多種薬剤

療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡