塩酸L-アルギニン

出典: meddic

L-アルギニン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

広貫堂 くすり屋さんTOP 症状検索 生薬検索 成分検索 製品情報 よくある質問Q&A くすり屋さんTOP > 成分検索 > L-アルギニン塩酸塩 L-アルギニン塩酸塩 一覧へ戻る アルギニンはアミノ酸の1種で、体内で合成されます。
互換性のあるL -アルギニン塩酸製品L -アルギニン塩酸サプライヤーおよびL -アルギニン塩酸製造業者が後方にリストアップされています。どうぞご覧になって最もお役に立ちます情報をお選びください。そのほか、我々はあなた ...

関連画像

図6. L-アルギニンのスペクトル 販売のl- アルギニン塩酸塩/l アルギニン・ L-オルニチン・L アルギニン塩酸塩とは  袋)中、L-アルギニン塩酸塩30.0g

添付文書

薬効分類名

  • 肝性脳症改善アミノ酸注射液

販売名

アミノレバン点滴静注(200mL袋)

組成

本剤は1容器(200mL)中に次の成分を含有する注射液である。

L‐トレオニン

  • 0.90g

L‐セリン

  • 1.00g

L‐プロリン

  • 1.60g

L‐システイン塩酸塩水和物

  • 0.08g

(L‐システインとして)

  • (0.06g)

グリシン

  • 1.80g

L‐アラニン

  • 1.50g

L‐バリン

  • 1.68g

L‐メチオニン

  • 0.20g

L‐イソロイシン

  • 1.80g

L‐ロイシン

  • 2.20g

L‐フェニルアラニン

  • 0.20g

L‐トリプトファン

  • 0.14g

L‐リシン塩酸塩

  • 1.52g

(*L‐リシンとして)

  • (1.22g)

L‐ヒスチジン塩酸塩水和物

  • 0.64g

(L‐ヒスチジンとして)

  • (0.47g)

L‐アルギニン塩酸塩

  • 1.46g

(L‐アルギニンとして)

  • (1.21g)

総遊離アミノ酸含有量

  • 15.98g

分岐鎖アミノ酸含有率

  • 35.5w/w%

Fischer 比※

  • 37.05

E/N

  • 1.09

総窒素含有量

  • 2.44g

Na含有量

  • 約3mEq

Cl 含有量

  • 約19mEq
  • ※(バリン+ロイシン+イソロイシン)/(*チロシン+フェニルアラニン)〔モル比〕
  • 本剤は添加物として亜硫酸水素ナトリウム0.3g/L、水酸化ナトリウム(pH 調整剤)を含有する。

禁忌

  • 重篤な腎障害のある患者[水分の過剰投与に陥りやすく、症状が悪化するおそれがある。また、アミノ酸の代謝産物である尿素等が滞留し、症状が悪化するおそれがある。]
  • アミノ酸代謝異常症の患者[投与されたアミノ酸が代謝されず、症状が悪化するおそれがある。]

効能または効果

  • 慢性肝障害時における脳症の改善
  • 通常成人1 回500 〜 1000mL を点滴静注する。
    投与速度は通常成人500mLあたり180〜300分を基準とする。
    経中心静脈輸液法を用いる場合は、本品の500 〜 1000mL を糖質輸液等に混和し、24 時間かけて中心静脈内に持続注入する。
    なお、年齢、症状、体重により適宜増減する。
  • 本剤にはナトリウムイオン約14mEq/L、クロルイオン約94mEq/L が含まれているので、大量投与時又は電解質液を併用する場合には電解質バランスに注意すること。

慎重投与

  • 高度のアシドーシスのある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • うっ血性心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ、症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

低血糖

(頻度不明):

  • 低血糖があらわれることがあるので1,2)、発現時には速やかにブドウ糖注射液の投与を行うこと。
    また、このような患者では栄養管理を十分に行うことが望ましい。

高アンモニア血症

(頻度不明):

  • 高アンモニア血症があらわれたとの報告がある3)
    本剤適用時に本症が発現し遷延する場合には、本剤を含む窒素源の投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 肝性脳症モデルとして用いた門脈−下大静脈吻合ラットにおいて、血漿中及び脳内のフィッシャー比が是正され、脳内モノアミン代謝異常が正常化された。また、睡眠覚醒リズム異常も改善された15)
  • アンモニアを負荷した門脈−下大静脈吻合ラットにおいて、血漿中及び脳内のフィッシャー比が是正され、血中アンモニア値の低下、脳内モノアミン代謝並びに脳波の改善が認められた16)


★リンクテーブル★
リンク元L-アルギニン」「塩酸アルギニン」「L-arginine hydrochloride
関連記事アルギニン」「L」「」「l」「塩酸

L-アルギニン」

  [★]

L-arginine
塩酸L-アルギニン L-arginine hydrochloride
アルギU
ESポリタミンアミカリックアミグランドアミノレバンENアルギニンイムネース イワコールラブセフェピム塩酸塩セフォチアムテルフィストリゾンラブトロンビンパセトクールパンスポリンヒカリレバンフィブリノゲンHTプロテアミンマキシピーム、ユニカリックL
アルギニン



塩酸アルギニン」

  [★]

arginine hydrochlorideL-arginine hydrochloride
塩酸L-アルギニン


L-arginine hydrochloride」

  [★]

塩酸L-アルギニン塩酸アルギニン

arginine hydrochloride

アルギニン」

  [★]

arginine, Arg, L-arginine, R
アミノ酸リジンヒスチジンオルニチン回路オルニチンアミジノ基グルタミン酸アルギニン


  • 極性、塩基性
  • 側鎖:

 -CH2-CH2-CH2-NH-C-(NH2)NH

  • グアニジウム基がついている(グアニジンはNH=C(NH2)2)
  • ヒゲ三本+グアニジウム基と覚える。
  • 生体内ではグルタミン酸からオルニチン(-CH2-CH2-CH2-NH2, リジンより炭素が1つ少ない)から尿酸サイクルを経て合成される。側鎖の根もとからの炭素源期の数は3つ




L」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 12th letter of the Roman alphabet」
l

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「lira(イタリアの貨幣単位リラ)」

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

l」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「liter[s]」

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡