塩酸メチルエフェドリン

出典: meddic

メチルエフェドリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3-P1-30 回復期リハビリテーション病棟における意識障害や意欲低下例への塩酸メチルエフェドリン投与の効果(脳卒中・治療2,ポスター,一般演題,実学としてのリハビリテーションの継承と発展,第44回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 藤井 卓
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 44(SUPPLEMENT), S475, 2007-05-18
  • NAID 110006451191
  • 塩酸メチルエフェドリンの長期大量服薬中に発症した若年性脳梗塞の1例
  • 國枝 武伸,今井 啓輔,森 貴久 [他],泉本 一,高畠 望,山本 慎司
  • 臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 46(4), 274-277, 2006-04-01
  • NAID 10017476770
  • 塩酸メチルエフェドリンによる薬疹の1例
  • 宮田 明子,夏秋 優,山西 清文
  • 皮膚の科学 4(5), 453-456, 2005
  • … パッチテストの結果,市販鼻炎薬及びその成分である塩酸メチルエフェドリンにて,24時間後,48時間後で陽性反応を得た。 … さらに,塩酸メチルエフェドリンによるDLSTも陽性(Stimulation index:184%)であったため,自験例を塩酸メチルエフェドリンによる紅皮症型薬疹と診断した。 …
  • NAID 130004547149

関連リンク

成分(一般名) : メチルエフェドリン塩酸塩 製品例 : dl-メチルエフェドリン塩酸塩散10%、メチエフ散10% ・・その他 ... 概説 気管を広げ、咳を止めるお薬です。 作用 気管支に炎症を生じ気道が狭くなると、ゼーゼーしたり、咳が ...
dl-メチルエフェドリン塩酸塩/成分ディクショナリーでは、dl-メチルエフェドリン塩酸塩について解説しております。また「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」を含む、エスエス製薬の製品についても掲載いたしております。 dl-メチル ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 鎮咳剤

販売名

ニチコデ配合散

組成

 ニチコデ配合散


  • 1g中に次の成分・分量を含有する。

禁忌

  • 重篤な呼吸抑制のある患者[呼吸抑制を増強するおそれがある。]
  • アヘンアルカロイドに対し過敏症の既往歴のある患者
  • 緑内障の患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • カテコールアミン製剤(アドレナリン,イソプレナリン等)を投与中の患者[併用により,不整脈,場合によっては心停止を起こすおそれがある。(「相互作用」の項参照)]

効能または効果

 下記疾患に伴う咳嗽

  • 急性気管支炎,慢性気管支炎,感冒・上気道炎,肺炎,肺結核
  • 通常成人1日3gを3回に分割経口投与する。
    なお,症状により適宜増減する。
    乳幼小児には以下のように経口投与する。
12才以上15才未満 成人量の2/3
8才以上12才未満 成人量の1/2
5才以上8才未満 成人量の1/3
2才以上5才未満 成人量の1/5
2才未満 成人量の1/10

慎重投与

  • 気管支喘息発作中の患者[気道分泌を妨げるおそれがある。]
  • 心・呼吸機能障害のある患者[呼吸抑制を増強するおそれがある。]
  • 肝・腎機能障害のある患者[副作用が発現するおそれがある。]
  • 脳に器質的障害のある患者[脳血管を拡張し,脳脊髄液圧を上昇させるおそれがある。]
  • ショック状態にある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 代謝性アシドーシスのある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 甲状腺機能異常のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 副腎皮質機能低下症(アジソン病等)の患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 薬物依存の既往歴のある患者[薬物依存を生じるおそれがある。]
  • 乳児,高齢者,衰弱者[新生児,乳児は代謝が不十分であり,高齢者,衰弱者は代謝・排泄機能が低下しているため,副作用が発現するおそれがある。(「高齢者への投与」,「小児等への投与」の項参照)]
  • 高血圧症の患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 糖尿病の患者[血糖のコントロールに悪影響を及ぼすおそれがある。]
  • 妊婦(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

重大な副作用

 無顆粒球症,再生不良性貧血(頻度不明)

  • 無顆粒球症,再生不良性貧血があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

有効成分に関する理化学的知見

 ジヒドロコデインリン酸塩

 一般名

  • ジヒドロコデインリン酸塩(Dihydrocodeine Phosphate)

 化学名

  • (5R,6S)-4,5-Epoxy-3-methoxy-17-methylmorphinan-6-ol monophosphate

 分子式

  • C18H23NO3・H3PO4

 分子量

  • 399.38

 性状

  • 白色〜帯黄白色の結晶性の粉末である。
    水又は酢酸(100)に溶けやすく,エタノール(95)に溶けにくく,ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品の1.0gを水10mLに溶かした液のpHは3.0〜5.0である。
    本品は光によって変化する。

 dl‐メチルエフェドリン塩酸塩

 一般名

  • dl‐メチルエフェドリン塩酸塩(dl‐Methylephedrine Hydrochloride)

 化学名

  • (1RS,2SR)-2-Dimethylamino-1-phenylpropan-1-ol monohydrochloride

 分子式

  • C11H17NO・HCl

 分子量

  • 215.72

 性状

  • 無色の結晶又は白色の結晶性の粉末である。
    水に溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けにくく,酢酸(100)に溶けにくく,無水酢酸にほとんど溶けない。
    本品の水溶液(1→20)は旋光性を示さない。
    本品1.0gを水20mLに溶かした液のpHは4.5〜6.0である。

 融点

  • 207〜211℃

 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 一般名

  • クロルフェニラミンマレイン酸塩(Chlorpheniramine Maleate)

 化学名

  • (3RS)-3-(4-Chlorophenyl)-N,N-dimethyl-3-pyridin-2-ylpropylamine monomaleate

 分子式

  • C16H19ClN2・C4H4O4

 分子量

  • 390.86

 性状

  • 白色の微細な結晶である。
    酢酸(100)に極めて溶けやすく,水又はメタノールに溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けやすい。
    本品は希塩酸に溶ける。
    本品の水溶液(1→20)は旋光性を示さない。
    本品1.0gを新たに煮沸して冷却した水100mLに溶かした液のpHは4.0〜5.5である。

 融点

  • 130〜135℃


★リンクテーブル★
リンク元dl-methylephedrine hydrochloride」「メチルエフェドリン塩酸塩」「l-methylephedrine hydrochloride」「methylephedrine hydrochloride
拡張検索dl-塩酸メチルエフェドリン」「l-塩酸メチルエフェドリン
関連記事リン」「メチルエフェドリン」「」「塩酸

dl-methylephedrine hydrochloride」

  [★]

l-methylephedrine hydrochloridemethylephedrine


メチルエフェドリン塩酸塩」

  [★]

dl-methylephedrine hydrochloride
メチルエフェドリンdl-塩酸メチルエフェドリン塩酸メチルエフェドリン


l-methylephedrine hydrochloride」

  [★]

dl-methylephedrine hydrochloridemethylephedrine


methylephedrine hydrochloride」

  [★] メチルエフェドリン塩酸メチルエフェドリン


dl-塩酸メチルエフェドリン」

  [★]

dl-methylephedrine hydrochloride
dl-メチルエフェドリン塩酸塩dl-塩酸メチルエフェドリンクロフェドリンS配合ニチコデ配合ミゼロン配合
メチルエフェドリンメチルエフェドリン塩酸塩塩酸メチルエフェドリン


l-塩酸メチルエフェドリン」

  [★]

l-methylephedrine hydrochloride
メチルエフェドリン塩酸メチルエフェドリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





メチルエフェドリン」

  [★]

methylephedrine
dl-塩酸メチルエフェドリンメチルエフェドリン塩酸塩塩酸メチルエフェドリン methylephedrine hydrochloridel-塩酸メチルエフェドリンdl-methylephedrine hydrochloridel-methylephedrine hydrochloride
アニスーマカフコデN配合クロフェドリンS配合セキールニチコデ配合フスコデ配合フスコブロン配合フステン配合プラコデ配合ミゼロン配合ムコブロチン配合メチエフメチルホエドリンライトゲン配合


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡