塩酸デメチルクロルテトラサイクリン

出典: meddic

デメチルクロルテトラサイクリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術後に重篤なsyndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormoneを合併した膵頭部癌の1例
  • 武内 有城,福岡 伴樹,高見 秀樹,村上 弘城,三輪 高也
  • 日本消化器外科学会雑誌 42(5), 522-527, 2009-05-01
  • … .術後29日目に発熱と意識障害から半昏睡を来し,採血にて血清Na 104mEq/Lと著明に低下し,精査にてSIADHと診断した.同時に,敗血症も来しており,水制限は困難なため,積極的なNaの補給とフロセミド,塩酸デメチルクロルテトラサイクリンを使用し,治療開始後15日目(術後44日目)に改善した.SIADHは腫瘍や薬剤などの原因にて発症するが,大手術後に合併したものは極めて重篤になることがあり,PPI投与も原因となる可能性もあり,注意 …
  • NAID 110007226839
  • 小細胞癌によるSIADHに対する塩酸デメチルクロルテトラサイクリン(DMC)の使用経験 : 関東支部 : 第72回日本肺癌学会関東支部会
  • 小松 彦太郎,草〓 芳明,米田 良蔵,芳賀 敏彦,石原 尚
  • 肺癌 22(1), 105, 1982-03-31
  • NAID 110003103623

関連画像

 デ メチル クロルオキシテトラサイクリン乳房炎 精神障害の治療における抗 医療用医薬品 : レダマイシン カプセル 中 デ メチル クロル

添付文書

薬効分類名

  • 抗生物質外用剤

販売名

レダマイシン軟膏

組成

成分・含量(1g中)

  • 塩酸デメチルクロルテトラサイクリン 5mg(力価)

添加物

  • パラベン、ラノリン、ワセリン

禁忌

  • テトラサイクリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

〈適応菌種

  • デメチルクロルテトラサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス属

〈適応症

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染
  • 通常、症状により適量を1日1〜数回、直接患部に塗布または無菌ガーゼにのばして貼付する。

用法及び用量に関連する使用上の注意

  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最少限の期間の使用にとどめること。

薬効薬理

作用機序1)

  • 細菌の蛋白合成系において、aminoacyl t-RNAがm-RNA・リボゾーム複合物と結合するのを妨げ、蛋白合成を阻止させることにより抗菌作用を発揮する。また、本剤は動物のリボゾームには作用せず、細菌のリボゾームの30Sサブユニットに特異的に作用することから、選択毒性を有すると報告されている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 塩酸デメチルクロルテトラサイクリン(Demethylchlortetracycline Hydrochloride)〔JAN〕

化学名

  • 7-chloro-4-(dimethylamino)-1,4,4a,5,5a,6,11,12a-octahydro-3,6,10,12,12a-pentahydroxy-1,11-dioxo-2-naphthacenecarboxamide hydrochloride

分子式

  • C21H21ClN2O8・HCl

分子量

  • 501.31

性状

  • 本品は、黄色の結晶又は結晶性の粉末で、味は苦い。
    本品は、水にやや溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元demethylchlortetracycline hydrochloride
関連記事リン」「デメチルクロルテトラサイクリン」「」「塩酸」「デメチル

demethylchlortetracycline hydrochloride」

  [★] 塩酸デメチルクロルテトラサイクリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





デメチルクロルテトラサイクリン」

  [★]

demethylchlortetracycline DMCTC
demethylchlortetracyclinum
塩酸デメチルクロルテトラサイクリン demethylchlortetracycline hydrochloride
デメクロサイクリン demeclocycline
レダマイシンDeclomycin
テトラサイクリン系抗菌薬SIADH
[show details]


特徴

  • ADH antagonist; acts as a diuretic in SIADH

構造


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。


デメチル」

  [★]

demethyl
脱メチル




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡