塩酸インジセトロン

出典: meddic

インジセトロン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • EC・FEC療法における塩酸インジセトロン錠と塩酸グラニセトロン注射液の比較検討(一般演題(口頭)2,がん薬物療法(副作用対策 他)(2),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 櫻下 弘志,佐伯 康之,吉川 博,村瀬 哲也,畝井 浩子,木村 康浩,木平 健治
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 133, 2011-09-09
  • NAID 110008909261

関連リンク

塩酸インジセトロンの薬理作用 次に、塩酸インジセトロンの薬理作用についてお話致します。 塩酸インジセトロンは、in vitro試験でセロトニン3受容体に対して、類薬の塩酸グラニセトロン、塩酸オンダンセトロン、塩酸アザセトロン ...
塩酸インジセトロンの臨床効果 次に塩酸インジセトロン錠の臨床効果についてお話致します。 シスプラチンは抗悪性腫瘍剤の中でも悪心・嘔吐の副作用が最も激しい薬剤の一つです。シスプラチン使用患者における塩酸オンダンセ ...

関連画像

資料1:「塩酸インジセトロン 資料3:「スンクスの抗 資料4:「シスプラチン投与 資料2:図「嘔吐メカニズム 資料1:「塩酸インジセトロン 資料5:「シスプラチン使用

添付文書

薬効分類名

  • 5−HT3受容体拮抗型制吐剤

販売名

シンセロン錠8mg

組成

販売名

  • シンセロン錠8mg

成分・含量(1錠中)

  • インジセトロン塩酸塩 8mg

添加物

  • ステアリン酸Mg、ケイ酸Mg、乳糖水和物、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、カルナウバロウ、メチルセルロース、酸化チタン

色・剤形

  • 白色のフィルムコーティング錠

禁忌

本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)

  • 通常、成人にはインジセトロン塩酸塩として1回8mgを1日1回、経口投与する。

本剤の投与にあたっては、抗悪性腫瘍剤投与の30分〜2時間前に投与する。

癌化学療法の各クールにおいて、本剤は抗悪性腫瘍剤を投与する当日に投与し、抗悪性腫瘍剤を連日投与する場合には、その投与期間中(通常3〜5日間)に投与する。

抗悪性腫瘍剤投与終了後、翌日以降にみられる悪心、嘔吐に対する本剤の有効性は確立していないので、抗悪性腫瘍剤投与終了日の翌日以降は本剤の投与を継続しないように注意すること。

慎重投与

薬物過敏症の既往歴のある患者

重篤な肝障害のある患者

  • [肝機能異常があらわれるおそれがあるので慎重に投与する。]

薬効薬理

制吐作用

シスプラチン誘発嘔吐に対する作用

イヌにシスプラチン3mg/kgを静脈内投与し、その30分後にインジセトロン塩酸塩1mg/kgを経口投与した結果、初回嘔吐までの時間を有意に延長し、嘔吐回数を有意に減少させた7)

フェレットにインジセトロン塩酸塩0.1および1mg/kgを経口投与し、その30分後にシスプラチン10mg/kgを腹腔内投与した結果、初回嘔吐までの時間を有意に延長し、1mg/kgの用量で嘔吐回数を有意に減少させた7)

シクロホスファミド水和物誘発嘔吐に対する作用

  • フェレットにインジセトロン塩酸塩1mg/kgを経口投与し、その30分後にシクロホスファミド水和物200mg/kgを腹腔内投与した結果、初回嘔吐までの時間を有意に延長し、また、嘔吐回数を有意に減少させた7)

5-HT3受容体拮抗作用

5-HT3受容体への親和性:インジセトロン塩酸塩はラット大脳皮質膜画分に対する[3H]GR65630結合を抑制し(Ki: 1.82nmol/L)、その親和性はグラニセトロン塩酸塩、オンダンセトロン塩酸塩、アザセトロン塩酸塩とほぼ同程度であった8)

2-メチルセロトニン(2-Me-5-HT)誘発徐脈:インジセトロン塩酸塩はラットへの経口投与により、2-Me-5-HTによる一過性の徐脈を抑制した。その効力はグラニセトロン塩酸塩あるいはオンダンセトロン塩酸塩より20倍以上強く、アザセトロン塩酸塩とほぼ同程度であった8)。また、インジセトロン塩酸塩をラットへ経口投与(1mg/kg)した時の5-HT3受容体拮抗作用は24時間持続した8)

その他の受容体に対する作用

5-HT4受容体:インジセトロン塩酸塩は、ラット摘出食道粘膜筋板のカルバコール収縮に対する5-メトキシトリプタミン(5-HT4受容体作動薬)による弛緩を抑制し、5-HT4受容体拮抗作用を示した(pA2:7.01)8)

ベンゾジアゼピン受容体:ベンゾジアゼピン受容体に親和性を示したが(Ki:0.29μmol/L)8)、ラットにインジセトロン塩酸塩1mg/kgを経口投与しても、高架式十字迷路のオープンアームへの入所回数、滞在時間および社会的相互作用行動(ソーシャルインターラクション)に費やす時間に影響は認めなかった8)

その他の受容体:その他の受容体(5-HT1、5-HT2、アドレナリン-α1、-α2、-β、ドパミン-D1、-D2受容体)に対する親和性は認めなかった8)

作用機序

  • 抗悪性腫瘍剤による悪心・嘔吐は、抗悪性腫瘍剤により消化管に存在する腸クロム親和性(Enterochromaffin:EC)細胞から遊離したセロトニンが、その近傍に位置する腹部求心性迷走神経に存在する5-HT3受容体に作用し、これにより腹部求心性迷走神経が活性化され、この信号が嘔吐中枢に伝わることにより嘔吐機構が働くと考えられている。インジセトロン塩酸塩は、この5-HT3受容体に拮抗することで、抗悪性腫瘍剤投与により生じる消化器症状(悪心・嘔吐)を抑制するものと考えられる。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • インジセトロン塩酸塩 (Indisetron Hydrochloride)

別名:

  • 塩酸インジセトロン

化学名:

  • N-(3,9-Dimethyl-endo-3,9-diazabicyclo[3.3.1]non-7-yl)-1H-indazole-3-carboxamide dihydrochloride
  • 白色の結晶または結晶性の粉末で、においはない。
    ギ酸または水に溶けやすく、メタノールに溶けにくく、エタノール(99.5)に極めて溶けにくく、アセトニトリルにほとんど溶けない。
    吸湿性である。


★リンクテーブル★
リンク元indisetron hydrochloride
関連記事インジセトロン」「」「塩酸

indisetron hydrochloride」

  [★]

  • 塩酸インジセトロン
indisetron

インジセトロン」

  [★]

indisetron
塩酸インジセトロン indisetron hydrochloride
シンセロン


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

塩酸」

  [★]

hydrogen chloride
塩化水素


  • HCl。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡