塞栓術

出典: meddic

embolization
塞栓塞栓形成塞栓症塞栓療法塞栓化
  • 脳神経外科:脳大動脈瘤、脳動静脈奇形
  • 上部消化管:気道出血
  • 下部消化管:腸管出血


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠高血圧症候群,特発性血小板減少性紫斑病合併妊娠にて分娩後,早発卵巣不全に陥り,その後免疫不全症を発症した1例
  • 笹 秀典,古谷 健一,高橋 明美,菊地 まゆみ
  • 母性衛生 54(2), 394-399, 2013-07-00
  • … 妊娠31週時, ITPの増悪,肝機能障害にて緊急帝王切開,翌日子宮動脈塞栓術施行。 … 【考察】本症例のPOFは,子宮動脈塞栓術が誘因となった可能性は否定できないが, PIH, ITP, POF,免疫不全症の間には自己免疫的な関連が考えられる。 …
  • NAID 110009624964
  • 仙骨部硬膜動静脈瘻の1例
  • 福田 修志[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 88(2), 113-118, 2013-06-25
  • … 後日にNBCAを用いた血管内塞栓術を施行し、術後の血管造影では脊髄静脈の消失を認め、神経脱落所見は認めなかった。 …
  • NAID 110009610808
  • 喀血に対し気管支動脈塞栓術が有効であった肺放線菌症の1例
  • 二階堂 雄文,谷野 功典,峯村 浩之,横内 浩,宮崎 真,福原 敦朗,関根 聡子,佐藤 俊,金沢 賢也,石田 卓,棟方 充
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(2), 193-197, 2013-03-25
  • … 2年前よりの血痰の増加と胸部X線写真での浸潤影増大を主訴に,当科紹介となった.気管支鏡検査にて右B^2b入口部に潰瘍病変を認め,同部位からの生検で放線菌症と診断.ペニシリン系抗菌薬による治療開始後も喀血は持続したが,気管支動脈塞栓術(bronchial artery embolization ; …
  • NAID 110009597494

関連リンク

父が肝臓がんにかかり、動脈塞栓術で治療すると言われました。どんな治療法でしょ うか? Q:どんな肝臓がんでも動脈塞栓術を行いますか? Q:どうやって肝臓のがんを 治療するのでしょうか? Q:どうやって肝臓がんを栄養する動脈を塞ぐのですか? Q: 動脈 ...

関連画像

図1.脳動脈瘤塞栓術コイル塞栓術 図未破裂脳動脈瘤に対する塞栓術 肝細胞がんに対する動脈塞栓術対 する コイル 塞栓 術 も 可能 図2:血管内コイル塞栓術


★リンクテーブル★
国試過去問106A030」「106G040」「102G033
リンク元embolization」「塞栓症」「塞栓療法」「塞栓形成」「塞栓化
拡張検索気管支動脈塞栓術」「硬膜動静脈瘻塞栓術」「経皮的動脈塞栓術
関連記事」「塞栓

106A030」

  [★]

  • 62歳の女性。腹痛と血便とを主訴に来院した。以前から時々便秘をする以外は自覚症状はなかったが、昨夜突然、左下腹部痛が出現し、直後に血便を認めた。腹痛は、排便後一時的に軽減したが今朝から増強し、悪心を伴うようになった。 2時間前に再度血便を認めたため受診した。 10年前から自宅近くの診療所で高血圧症に対する治療を受けている。意識は清明。身長153cm、体重54kg。体温37.2℃。脈拍88/分、整。血圧120/84mmHg。呼吸数14/分。 SpO2 98%(room air)。腹部は平坦で、左下腹部に圧痛を認めるが、 Blumberg徴侯と筋性防御とを認めない。腸雑音は低下し、金属音を聴取しない。血液所見:赤血球350万、 Hb11.0g/dl、Ht43%、白血球9,200、血小板38万。血液生化学所見:尿素窒素19mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl。 CRP5.0mg/dl。立位と臥位の腹部エックス線写真(別冊No. 8A、 B)を別に示す。
  • 入院後の対応として適切なのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 106A029]←[国試_106]→[106A031

106G040」

  [★]

  • 70歳の女性。けいれんのため搬入された。意識レベルはJCS II-10。体温36.8℃。脈拍98/分、整。血圧 138/86mmHg。呼吸数 16/分。 SpO2 96%(room air)。対光反射眼球運動とに異常を認めない。左上下肢の不全麻痺を認める。来院時の頭部MRIのFLAIR像(別冊No. 1A)と塞栓術のために施行した外頚動脈造影の写真(別冊No. 1B)とを別に示す。
  • 診断として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106G039]←[国試_106]→[106G041

102G033」

  [★]

  • 腹部大動脈瘤の治療法はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G032]←[国試_102]→[102G034

embolization」

  [★]

  • n.
chemoembolizationemboliembolicembolismembolizeembolus


塞栓症」

  [★]

embolism
embolia
塞栓形成 thrombus formation
塞栓塞栓形成塞栓術塞栓療法塞栓化



塞栓療法」

  [★]

embolization
塞栓塞栓形成塞栓症塞栓術化学塞栓療法化学塞栓術塞栓化


塞栓形成」

  [★]

thrombus formation
塞栓塞栓症塞栓術塞栓療法塞栓化

塞栓化」

  [★]

embolization
塞栓塞栓形成塞栓症塞栓術塞栓療法

気管支動脈塞栓術」

  [★]

bronchial artery embolization BAE
気管支動脈



硬膜動静脈瘻塞栓術」

  [★]

dural arteriovenous fistula embolization
硬膜動静脈瘻動静脈瘻


経皮的動脈塞栓術」

  [★]

transcatheter arterial embolization, TAE, percutaneous transarterial embolization


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


塞栓」

  [★]

embolus, (pl.)emboli
塞栓症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡