坐骨棘

出典: meddic

ischial spine, ischiadic spine
spina ischiadica, ossis ischii
尾骨筋梨状筋大坐骨孔仙棘靭帯仙結節靭帯寛骨



付着する筋・靭帯

臨床関連

  • 産科:分娩の進行を見るために用いる。児頭の固定(-2~-1)から児頭の嵌入(0~+3)に至まで(~第2回旋の進行中。濶部)は触れることができるが、坐骨棘を触れなくなるころにはSP +3~+4となり児頭最大通過面は濶部から峡部にある。SP+4では坐骨棘が触れなくなり、児頭最大通過面は峡部に達し、矢状縫合は骨盤前後径に一致し、第2回旋は終了する。(G10M.214)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 坐骨棘間距離と直腸横径の超音波計測 : 機能性便秘の画像的診断のために
  • 藤井 喜充,木野 稔
  • 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 = Japanese journal of pediatric gastroenterology, hepatology and nutrition 25(1), 19-24, 2011-04-27
  • NAID 10029384348
  • P3-47 解剖献体における子宮頸部-坐骨棘間結合組織の検討(Group104 女性医学4,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 平田 英司,藤原 久也,山本 弥寿子,工藤 美樹
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 640, 2010-02-01
  • NAID 110007686307
  • 家畜ヤギの骨格の雌雄差に関する解剖学的研究
  • 松尾 信一,菅沢 勝巳,大島 浩二
  • 信州大学農学部紀要 27(2), p133-189, 1990-12-00
  • … 後肢骨では寛骨(坐骨棘の高さ,腸骨は雄は雌よりも太くて短い。 …
  • NAID 120000822874

関連リンク

濶部)は触れることができるが、坐骨棘を触れなくなるころにはSP ...
⑩ 恥骨櫛. Pecten ossis pubis. ⑪ 恥骨結節 pubic tubercle. ⑫ 恥骨体. Corpus ossis pubis. ⑬ 耳状面. Facies auricularis. ⑭ 大坐骨切痕. Incisura ischiadica major. ⑮ 坐骨棘. Spina ischiadica. ⑯ 恥骨結合面 articular surface of pubis. ⑰ 坐骨結節 ...

関連画像

股関節痛み原因治療 上双子筋4  坐骨棘, 小坐骨切痕, 恥骨, 恥骨仙腸関節&恥骨結合


★リンクテーブル★
先読み梨状筋」「大坐骨孔」「寛骨」「仙結節靭帯
国試過去問101H012」「103E013」「108B022
リンク元下肢の筋」「station方式」「陰部神経」「内陰部動脈」「骨盤闊部
関連記事骨棘」「坐骨」「

梨状筋」

  [★]

piriform muscle
musculus piriformis, piriformis (K)
下肢筋群
股関節の筋>股関節の運動に関与する筋

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

下肢帯の筋>:下肢帯の筋~ 深層外旋六筋>:深層外旋六筋


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



大坐骨孔」

  [★]

great sciatic foramen (N), greater sciatic foramen
foramen ischiadicum majus
小坐骨孔


  • 図:N.340
  • 腸骨の大坐骨切痕、仙結節靭帯、および仙棘靭帯により作られる
  • 骨盤腔と殿部の連絡路

ここを通る構造物 (M.327,N.522)


寛骨」

  [★]

coxal bone, hip bone
無名骨 innominate bone
os coxae
[[]]



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


仙結節靭帯」

  [★]

sacrotuberous ligament (M,K)
ligamentum sacrotuberale
陰部神経管仙骨坐骨結節



101H012」

  [★]

  • 30歳の1回経産婦。前回の妊娠は妊娠40週2日で3.200gの男児を自然経膣分娩した。今回の妊娠中の経過は順調であり、妊娠38週4日に陣痛が発来したので入院した。入院後も陣痛は次第に増強して子宮口も徐々に開大した。8時間後、子宮口全開大、児頭の下降度SP+2~+3cm、小泉門は9時の方向に触知した。その2時間後も所見は変わらず、坐骨棘は触知困難で、産瘤を認めない。胎児心拍数陣痛図を以下に示す。
  • この時点で考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101H011]←[国試_101]→[101H013

103E013」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E012]←[国試_103]→[103E014

108B022」

  [★]

  • 正常に経過している分娩第 1期の内診で触れないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B021]←[国試_108]→[108B023

下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


station方式」

  [★]

De Leeのstation方式
SP



  • De Leeによる児頭下降度の評価方法
  • 両坐骨棘を結ぶ線をstation0として児頭先進部の位置をcmで表現する。母体の頭側が-、尾側が+になる。
先進部の位置
SP, station
(cm)
解剖 児頭先進部 回旋部位 児頭の状態
-5 骨盤入口部          
-4      
-3      
-2     骨盤入口部 固定
-1    
0 坐骨棘 坐骨棘骨盤闊部 嵌入
1   骨盤峡部  
2   骨盤出口部
3  
4     骨盤峡部  
5 坐骨結節下面   排臨
固定・・・児頭最大周囲径が骨盤入口にはまり可動性を失う。 SP<0
嵌入・・・児頭最大周囲径が骨盤入口を通過した状態     SP>0


陰部神経」

  [★]

pudendal nerve (KL)
nervus pudendus
仙骨神経叢


由来 (KL.489)

支配

走行 (KL.489)

神経 分布
下直腸神経 外肛門括約筋肛門周辺の皮膚
会陰神経 会陰の筋・皮膚
 後陰嚢神経後陰唇神経 尿道球前庭球尿道
陰茎背神経陰核背神経 陰茎の背部・陰核の背部

カテゴリ

仙骨神経叢>:仙骨神経叢


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



内陰部動脈」

  [★]

internal pudendal artery (Z)
arteria pudenda interna
  • 図:N.378(後面), 382(女性、側面), 383(男性、側面), 384(女性、下面), 385(男性、下面)

起始

走行

  • ここで、坐骨棘の後部に回り込む (N.378)

分布


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



骨盤闊部」

  [★]

こつばんかつぶ
mid pelvis, Beckenweitesraum
骨産道、骨盤濶平面 \wide pelvic plane
  • 骨盤入口部につづく骨産道のなかで最も広い部分。
  • 以下で定義される上腔と下腔を骨盤濶部(濶部)という。(NGY.333)
|(上腔)
  • 骨盤濶平面:(前部)恥骨結合後面中央、(側方)寛骨臼底の内面中央、(後方)S2-S3の癒合部。これらを結ぶ平面
|(下腔)
  • 下方の境界:(前部)恥骨結合下縁、(側方)左右の坐骨棘、(後方)仙骨前面



骨棘」

  [★]

bone spur, spur
骨増殖体 osteophyte, spicules



坐骨」

  [★]

ischium, ischial bone
os ischii



棘」

  [★]

spike
てんかん性異常脳波





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡