在宅介護支援センター

出典: meddic

(老人福祉法では次のように定義されているが多分同じ→)老人介護支援センター


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/04 19:36:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • View Finder(2011-3)南砺市 五箇山在宅介護支援センター 越冬を支える
  • 日本における福祉用具を巡る現状と課題 : ソーシャルワークと制度の視点から
  • 立花 直樹
  • 関西福祉科学大学紀要 14, 53-76, 2010-11-05
  • NAID 110007730814
  • 明石市における摂食嚥下障害患者に対する治療的介入を含めたネットワーク作りの構築
  • 戸田 和夫,沖垣 壮一,山川 達也,坂部 登志子,丸山 哲矢,塚原 正志,萱澤 成行,永坂 美晴,森本 あゆみ,川口 智也
  • プライマリ・ケア = Japanese journal of primary care 32(3), 175-177, 2009-09-15
  • NAID 10026242059

関連リンク

平成26年度全国地域包括・在宅介護支援センター研修会を平成27年2月6日に開催 開催要綱はこちら 平成26年度 地域包括・在宅介護支援センター研究大会のポスターセッション資料をUPいたしました。 会員ページへ>>
在宅の介護が必要な高齢者やそのご家族に対して、介護などに関する相談に応じ、保健・福祉サービスが総合的にう ... ※平成26年4月1日より一部の在宅介護支援センターの名称を変更いたしました。住所・電話番号の変更はありません。

関連画像

 薬円台在宅介護支援センター笠松町在宅介護支援センターの 在宅介護支援センター - ささら ビーベル在宅介護支援センター  > 在宅介護支援センター光が丘在宅介護支援センターは


★リンクテーブル★
国試過去問097F050」「098I001
リンク元認知症」「老人介護支援センター
関連記事支援」「介護」「センター」「在宅

097F050」

  [★]

  • 次の文を読み、49、50の問いに答えよ。
  • 51歳の男性。手指のふるえを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 3年前に肝機能異常を指摘され、1か月間の禁酒でAST、ALT、γ-GTPが著明に改善した。その2か月後から再度常用飲酒が始まり、最近、手のふるえ、食欲不振および不眠を認めるようになった。アルコールによる肝障害を自分で理解しつつも、周囲から指摘されるのを拒み、飲酒問題を語ろうとしない。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長170cm、体重68kg。脈拍72/分、整。血圧120/70mmHg。安静時に両手指の細かなふるえがみられる。腹部はやや膨隆し、肝を右肋骨弓下に4cm触知する。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球450万、Hb14.7g/dl、Ht44%、白血球7,200、血小板12万。血清生化学所見:空腹時血糖110mg/dl、AST130単位(基準40以下)、ALT75単位(基準35以下)、ALP280単位(基準8~50)、コリンエステラーゼ410単位(基準400~800)。
  • この患者の治療に関連のないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F049]←[国試_097]→[097G001

098I001」

  [★]

  • 67歳の女性。2か月前、脳出血のため右半身麻痺となり入院治療中である。退院後、多くの機関と連携して社会生活に復帰させたい。この患者に適切でない施設はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H080]←[国試_098]→[098I002

認知症」

  [★]

dementia
痴呆痴呆症器質痴呆 organic dementia
amyotrophic lateral sclerosisハチンスキー虚血スコア

定義

  • いったん正常に発達した知的機能が持続的に低下し、複数の認知障害があるために社会生活に支障をきたすようになった状態。(参考1)
  • 1. 知的機能が脳の器質性障害によって低下
  • 2. 認知機能が選択的に障害された状態(PSY.312)
  • 3. 記憶と判断力の障害を基本とする症候群(PSY.312)

認知症の概念

認知症と区別すべき病態

など

認知症の分類

  • 変性認知症
  • ピック病:行動の障害、人格変化。Pick球やPick細胞が存在

原因疾患

  • 一次性
  • 二次性

認知症症状

1. 中核症状

  • 認知機能障害:思考・推理・判断・適応・問題解決
  • 記憶障害:初期には記銘力、短期記憶から障害される。早期:エピソード記憶 → 重症:意味記憶
  • 判断力低下
  • 見当識障害
  • 言語障害(失語)
  • 失行
  • 失認

2. 周辺症状

  • 不安
  • 抑うつ
  • 徘徊
  • 不眠
  • 妄想

認知症と老化現象との違い

  • 老化現象
  • 体験の一部を忘れる ← ヒントを与えられると思い出せる
  • 名前や日付などをとっさに思い出せる
  • 日常生活に支障はない
  • 物忘れに対して自覚がある
  • 認知症
  • 体験した全てを忘れる。最近の記憶がない ← ヒントを与えられてても思い出せない
  • 時間や自分のいる場所が分からない
  • 日常生活を営むことが困難
  • 物忘れに対して自覚がない

検査

診断

  アルツハイマー病 脳血管性認知症 ピック病
認知症 全般的認知症 まだら認知症 アルツハイマー病に類似。
早期には人格、注意力が障害され、
次第に記憶力も障害される。
人格 晩期に人格障害 保たれる 早期に人格障害
病識 なし(初期にはあり) あり なし
経過 進行性 動揺性、階段状に進行性 進行性
基礎疾患 特になし 高血圧、糖尿病、心疾患 特になし
画像検査 対称性の脳溝開大 脳実質内に脳梗塞巣 側頭葉と前頭葉の萎縮
機能画像検査 側頭葉、頭頂葉での代謝低下 前頭葉を中心とした多発性の脳代謝低下 前頭葉、側頭葉での代謝低下

認知症高齢者を対象とした事業・施設

相談体制 保健所 地域保健法が定める事業内容「母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項」による老人精神衛生相談事業
高齢者総合相談センター 厚労省が都道府県レベルに設置している高齢者に関する相談窓口
在宅介護支援センター 老人福祉法により市町村が実施の主体となっている施設であり、在宅の要介護高齢者やその介護者の要望に対応した適切なサービスが円滑に提供されるように市町村や関連機関との連絡・調節などを行っている。
認知症疾患医療センター  
在宅対策 介護 訪問介護 ホームヘルプサービス
通所介護 デイサービス
短期入所生活介護 ショートステイ
認知症老人向け毎日通所型デイサービスセンター  
認知症対応型老人共同生活介護 グループホーム
老人認知症疾患デイ・ケア施設  
福祉 訪問指導
施設対策 介護 介護療養型医療施設
介護老人保健施設
介護老人福祉施設
医療 老人性認知症疾患治療病棟
福祉 養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

国試





老人介護支援センター」

  [★]

老人福祉施設、老人福祉法、在宅介護支援センター
  • 老人福祉法第20条の七の二に規定される老人福祉施設

事業内容

  • 1. 地域の老人の福祉に関する各般の問題につき、老人、その者を現に養護する者、地域住民その他の者からの相談に応じ、必要な助言を行う。
  • 2. 主として居宅において介護を受ける老人又はその者を現に養護する者と市町村、老人居宅生活支援事業を行う者、老人福祉施設、医療施設、老人クラブその他老人の福祉を増進することを目的とする事業を行う者等との連絡調整
  • 3. その他の厚生労働省令で定める援助を総合的に行う


支援」

  [★]

supportbackuppatronagesupport
援助支持奨励担体補助サポートバックアップ裏づけ裏付け支える


介護」

  [★]

carecaringcaregivingcare
看護心配世話注意治療ケアケアリング


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢


在宅」

  [★]

home
ホーム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡