在宅

出典: meddic

home
ホーム

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 在宅ホスピス調査の企画と設計 : 調査票デザインの観点から
  • 藤本 穣彦,諸岡 了介,相澤 出 [他]
  • 島根大学社会福祉論集 4, 17-30, 2012-03-31
  • NAID 110008916334
  • 在宅高齢者の運動行動変容に係わる変容プロセス尺度の因子の検討
  • 青木 邦男
  • 山口県立大学学術情報 5, 137-144, 2012-03-31
  • NAID 110008907121

関連リンク

SOHO,フリーランス向けの在宅ワーク、副業、業務委託、求人情報を提供しています。 同時にSOHO,フリーランスのプロフィールも掲載し,両者のマッチングを行う仕組みを 提供しています。
子育てや介護をしながら仕事ができる在宅ワーク。自分で時間調整がしやすい一方で、 納期に間に合うよう段取りも重要です。在宅の始め方、仕事内容、トラブル対処法、 楽しく働くコツなどを解説します。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みhome
国試過去問095H021
リンク元」「ホーム
拡張検索在宅酸素療法」「在宅人工呼吸療法」「在宅静脈栄養

home」

  [★]

  • n.
  • adj.
  • 在宅の
house

WordNet   license wordnet

「used of your own ground; "a home game"」

WordNet   license wordnet

「an environment offering affection and security; "home is where the heart is"; "he grew up in a good Christian home"; "there''s no place like home"」

WordNet   license wordnet

「an institution where people are cared for; "a home for the elderly"」
nursing home, rest home

WordNet   license wordnet

「where you live at a particular time; "deliver the package to my home"; "he doesn''t have a home to go to"; "your place or mine?"」
place

WordNet   license wordnet

「place where something began and flourished; "the United States is the home of basketball"」

WordNet   license wordnet

「the country or state or city where you live; "Canadian tariffs enabled United States lumber companies to raise prices at home"; "his home is New Jersey"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉〈U〉《おもに米》(家族の住む)『家』,住居,わが家 / 〈U〉〈C〉『家庭』,家庭生活 / 〈U〉『生まれ故郷』,長く住んでいる所;故国,本国 / 〈C〉(動物の)生息地,(植物の)原産地;(物・思想などの)発祥地,本場 / 〈C〉(家のない人・病人などの)『収容施設』,ホーム《+『for』+『名』》 / 〈U〉〈C〉決勝点,ゴール;(野球で)本塁,ホーム / 『家庭の』;故郷の / 『国内の』,自国の / ぐさりと急所をつく,胸にこたえる / (スポーツの試合などが)地元(ホームグランド)で行われる / 『家へ』(に);故郷へ(に);本国(母国)へ(に) / (ねらった所に)ずぶりと,深々と / 胸にこたえるぼと,ぎくりと / 〈人が〉帰宅(帰国)する;〈ハトなどが〉巣に帰る / 〈誘導単;飛行機などが〉(目標に)向かう,(…へ)誘導される《+『in on』+『名』》 / (特定の場所に)家を持つ,住む / 〈誘導弾・飛行機など〉‘を'誘導する / 〈人〉‘に'家を与える」

WordNet   license wordnet

「inside the country; "the British Home Office has broader responsibilities than the United States Department of the Interior"; "the nation''s internal politics"」
interior, internal, national

WordNet   license wordnet

「at or to or in the direction of one''s home or family; "He stays home on weekends"; "after the game the children brought friends home for supper"; "I''ll be home tomorrow"; "came riding home in style"; "I hope you will come home for Christmas"; "I''ll take her home"; "don''t forget to write home"」

WordNet   license wordnet

「on or to the point aimed at; "the arrow struck home"」

WordNet   license wordnet

「provide with, or send to, a home」

WordNet   license wordnet

「relating to or being where one lives or where one''s roots are; "my home town"」

WordNet   license wordnet

「return home accurately from a long distance; "homing pigeons"」

WordNet   license wordnet

「to the fullest extent; to the heart; "drove the nail home"; "drove his point home"; "his comments hit home"」


095H021」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 80歳の女性。右上下肢の脱力を主訴に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 約20年前から高血圧症を指摘され降圧薬投与を受けていた。日常生活は自立していたが、昨日朝からしゃべりづらくなり、今朝から右上下肢の力が入らなくなり、夕方トイレで立てなくなった。
  • 既往歴 : 75歳ころ、口唇と手とのしびれを認め、78歳時に左下肢の脱力に続いて動きが悪くなったことがある。
  • 生活歴 : 85歳の夫、長男夫婦と平屋家屋に同居。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍62/分、整。血圧162/70mmHg。舌は乾燥し、尿失禁を認める他特記すべきことはない。神経学的診察では右側の顔面を含む不全片麻痺と舌の右方偏位とを認める。Babinski徴候は両側で陽性である。
  • 入院後経過 : 内科的治療とリハビリテーションとを行った。意識状態は変化せず麻痺の進行もなかったが、尿路感染症を合併したころから昼夜の逆転現象と被害妄想とが出現した。リハビリテーションを再開したが、入院40日の時点で車椅子介助で意欲に乏しい。食事は左手で自力摂取可能であるが、尿失禁のためオムツを使用し、昼夜の逆転現象も持続している。
  • 介護保険の認定を申請することにしたが、今後のリハビリテーションの場として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095H020]←[国試_095]→[095H022

家」

  [★]

househome
ホーム在宅収容室内


ホーム」

  [★]

home
在宅


在宅酸素療法」

  [★]

home oxygen therapy, HOT、(欧米)long-term oxygen therapy LTOT
家庭酸素療法
[[]]

概念

  • 1985年に医療保険の適用
  • HOTを導入されている患者:約10万人(2002年)、約13万人(2008年?)
  • 疾患別HOT導入患者数:COPD(約半数) > 肺結核後遺症 > 肺線維症 > 肺癌

目的

  • 生命予後改善、運動耐容能の改善、QOLの向上
  • 低酸素血症の持続による全身的な臓器障害の予防、生存期間の延長
  • 呼吸困難感の軽減や運動耐容能の改善および入院回数の減少 → QOL改善

対象疾患

  • 慢性閉塞性肺疾患、肺結核後遺症など

保険上の適応

  • 種々の原因による呼吸不全症例であって(慢性呼吸不全で少なくとも1か月以上病態が安定していること)、(1)もしくは(2)であるもの。

装置

  • 酸素供給装置
  • 酸素濃縮装置/酸素濃縮器(膜型・吸着型):空気から酸素を取り出す方式 ← 9割以上の症例で
  • 液体酸素:外出の機会の多い活動度の高い症例のみ
  • 酸素ボンベ
  • その他:(外出用)携帯用酸素ボンベ、(長時間利用できるタイプ:吸気時にのみ酸素を供給)節約装置

導入

  • 在宅酸素療法の導入には入院でおこない、酸素流量の決定と患者さんの学習が行われる。

治療目標

  • 酸素流量の決定:動脈血酸素飽和度により低酸素状態を評価。デバイスとしてパルスオキシメーターが許容されているが、動脈血液ガス検査を施行することが好ましい。
  • 在宅酸素療法で用いる機械をベットサイドに用意、3つの状況(安静時、睡眠時、労作時)毎に酸素流量を決定する。
  • 安静時:(1)高CO2血症を伴わない症例:PaO2 80-100Torr。高CO2血症を伴う症例:PaO2 70Torr前後。
  • 睡眠時:睡眠中SpO2が90%以上。REM睡眠期に低酸素の著しい症例では高CO2血症に陥ることがある。
  • 労作時:6分間歩行テストがSpO2が90%以上。目安:「COPD・肺結核後遺症」安静時の1-2L/分増し。「肺線維症」安静時の3倍

ガイドライン

  • 酸素療法ガイドライン:有料

参考

  • 1. rockymuku
[display]http://rockymuku.sakura.ne.jp/kokyuukinaika/zaitakusannsoryouhounotekiyou.pdf
  • 2. 在宅酸素療法.com
[display]http://www.zaitakusansoryoho.com/hot/h04.html
  • 3.
[display]http://nsleep.com/hp/home-care/ho-hot/ho-hot.htm
  • 4. 在宅呼吸ケア白書2010【要約版】
http://www.jrs.or.jp/home/modules/glsm/index.php?content_id=48



在宅人工呼吸療法」

  [★]

home mechanical ventilation HMV
在宅酸素療法 HOT人工呼吸


在宅静脈栄養」

  [★]

home parenteral nutritionHPN
在宅静脈栄養法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡