国際標準化比

出典: meddic

international normalized ratio, INR
プロトロンビン時間国際比
プロトロンビン時間 prothrombin time PT = 血漿プロトロンビン時間 PPTプロトロンビン比


  • INR= (検体血漿凝固時間/正常血漿凝固時間)ISI
INR大:凝固しづらい傾向
INR小:凝固しやすい傾向
  • 基準値:1.0±0.1

定義

  • (被検血漿のプロトロンビン時間) / (正常対照血漿のプロトロンビン時間)
  • 正常な血漿であれば1.0、凝血時間が延長すれば1より大きい値を示す。

治療

  • 抗凝固療法ではINR=2.0-3.0を目指す(欧米の基準)。日本では1.6-2.5程度にコントロールしているらしい。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗血栓療法施行患者における抜歯後出血に関する臨床的検討
  • 藤盛 真樹,西村 泰一,谷 和俊 [他]
  • 日本口腔科学会雑誌 59(3), 113-122, 2010-07
  • NAID 40017319414
  • 抗血栓療法のReal worldと経口New anticoagulant の展望
  • 是恒 之宏
  • 心電図 30(2), 174-177, 2010
  • … コアによる脳梗塞リスク評価に基づき考慮される.ワルファリン療法で日常診療あるいは臨床試験で留意すべき点としては,ワルファリン未経験者(ワルファリン・ナイーブ)と,プロトロンビン時間の国際標準化比(PT-INR)の至適範囲内時間(time in therapeutic range ;TTR)の二つがあげられる.ワルファリンには,食事や併用薬剤の影響を受けやすく,定期的なPT-INR 測定を要するといった使いづらい面がある.そのため …
  • NAID 130000431963
  • DICの診断基準
  • 和田 英夫,阿部 泰典,西岡 淳二,戸松 宏明,登 勉
  • 臨床病理 50(3), 273-276, 2002-03-25
  • NAID 10012083974

関連リンク

この差異を標準化するために考案されたものが International normalized ratio(INR, 国際標準比または国際標準化比。PT-INRとも表記される)である。各業者は、製造した 組織トロンボプラスチンごとに国際感受性指標 (International Sensitivity Index、ISI)を ...
2005年3月10日 ... INR(International Normalized Ratio; 国際標準化比)値はこのような格差を解消する ために考案されました。INR値でPTを評価するとどこの検査施設で測定しても標準的な 結果を得ることが出来るため、同じ検査施設で測定しなくても治療 ...
PT-INR(プロトロンビン時間 国際標準比). プロトロンビン時間の測定は、各社の試薬毎 で検査値にバラツキが生じます。 INRは、標準試薬を設定し、これを基準として各試薬の 感度をISI(国際感度指数)と呼ばれる指数(各試薬に記載)で表示し、計算式を用いて ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みプロトロンビン時間」「PT」「prothrombin time」「血漿プロトロンビン時間」「PPT
リンク元国際標準比」「プロトロンビン比」「INR」「international normalized ratio
関連記事標準」「標準化」「

プロトロンビン時間」

  [★]

prothrombin timePT
血液凝固試験プロトロンビン時間国際比活性化部分トロンボプラスチン時間 APTT

概念

  • an isolated abnormal prothorombin time suggests FVII deficiency (HIM.725)
  • 外因系の凝固能を測定する
  • F III(組織トロンボプラスチン)を加えて Ca, F I(フィブリノゲン), F II(プロトロンビン), F V, F VII, F X による凝固能をみる

検体

  • 血漿(採血管はクエン酸が加えられたものを使用)

方法

  • クエン酸を加えた血漿を検査用の試験管に入れ37℃で加温。37℃に保温した組織トロンボプラスチン・カルシウムを加え、時間の測定を開始する。試験管を傾斜・浸透させ、フィブリンが析出するまでの時間を測定する。

評価方法

LAB.414
  • 1. プロトロンビン時間:凝固時間をそのまま[s]で表現。
  • 2. プロトロンビン比(PR):標準血漿のPT(秒)に対する被検血漿のPT(秒)の比。基準範囲1.00±0.15
  • 3. プロトロンビン活性/プロトロンビン濃度:正常対象血漿を100%とし、硫酸バリウム血漿もしくは2mg/mlウシフィブリノゲン液で希釈系列をつくり、そのそれぞれについて凝固時間を測定し検量線を作成する。被検血漿のPT(秒)を測定し、検量線から標準血漿のどれだけの活性があるかを表現する。基準範囲80-100%
  • 4. プロトロンビン時間国際比 INR:プロトロンビン時間の測定で用いられる試薬には差があるため、トロンボプラスチン試薬の国際標準品をさだめ、それに対する各試薬の感度ISIを定める。その上で、プロトロンビン比を補正する。
INR = (プロトロンビン比 PR)ISI=(被検血漿のPT/正常血漿のPT)ISI


臨床関連



PT」

  [★]


prothrombin time」

  [★]


血漿プロトロンビン時間」

  [★] プロトロンビン時間


PPT」

  [★] プロトロンビン時間


国際標準比」

  [★]

international normalized ratio
国際標準化比


プロトロンビン比」

  [★]

prothrombin ratio PR
国際標準化比


INR」

  [★] 国際標準化比 international normalized ratio


international normalized ratio」

  [★] 国際標準化比 INR


標準」

  [★]

standardlevelnormauthentic
確証的基準水準レベル平らにする標準物質準位信頼のおける真正規格標準的スタンダード

標準化」

  [★]

standardizationstandardisationnormalizationnormalisationstandardize
規格化基準規準化標準品標定正常化ノーマリゼーション標準試料



比」

  [★]

ratio
  • 分子と分母の間に全体と部分の関係がないもの。
  • 0~∞の値をとる。




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡