国試 098

出典: meddic

098A001 098B001 098C001 098D001 098E001 098F001 098G001 098H001 098I001
098A002 098B002 098C002 098D002 098E002 098F002 098G002 098H002 098I002
098A003 098B003 098C003 098D003 098E003 098F003 098G003 098H003 098I003
098A004 098B004 098C004 098D004 098E004 098F004 098G004 098H004 098I004
098A005 098B005 098C005 098D005 098E005 098F005 098G005 098H005 098I005
098A006 098B006 098C006 098D006 098E006 098F006 098G006 098H006 098I006
098A007 098B007 098C007 098D007 098E007 098F007 098G007 098H007 098I007
098A008 098B008 098C008 098D008 098E008 098F008 098G008 098H008 098I008
098A009 098B009 098C009 098D009 098E009 098F009 098G009 098H009 098I009
098A010 098B010 098C010 098D010 098E010 098F010 098G010 098H010 098I010
098A011 098B011 098C011 098D011 098E011 098F011 098G011 098H011 098I011
098A012 098B012 098C012 098D012 098E012 098F012 098G012 098H012 098I012
098A013 098B013 098C013 098D013 098E013 098F013 098G013 098H013 098I013
098A014 098B014 098C014 098D014 098E014 098F014 098G014 098H014 098I014
098A015 098B015 098C015 098D015 098E015 098F015 098G015 098H015 098I015
098A016 098B016 098C016 098D016 098E016 098F016 098G016 098H016 098I016
098A017 098B017 098C017 098D017 098E017 098F017 098G017 098H017 098I017
098A018 098B018 098C018 098D018 098E018 098F018 098G018 098H018 098I018
098A019 098B019 098C019 098D019 098E019 098F019 098G019 098H019 098I019
098A020 098B020 098C020 098D020 098E020 098F020 098G020 098H020 098I020
098A021 098B021 098C021 098D021 098E021 098F021 098G021 098H021 098I021
098A022 098B022 098C022 098D022 098E022 098F022 098G022 098H022 098I022
098A023 098B023 098C023 098D023 098E023 098F023 098G023 098H023 098I023
098A024 098B024 098C024 098D024 098E024 098F024 098G024 098H024 098I024
098A025 098B025 098C025 098D025 098E025 098F025 098G025 098H025 098I025
098A026 098B026 098C026 098D026 098E026 098F026 098G026 098H026 098I026
098A027 098B027 098C027 098D027 098E027 098F027 098G027 098H027 098I027
098A028 098B028 098C028 098D028 098E028 098F028 098G028 098H028 098I028
098A029 098B029 098C029 098D029 098E029 098F029 098G029 098H029 098I029
098A030 098B030 098C030 098D030 098E030 098F030 098G030 098H030 098I030
098A031     098D031 098E031 098F031 098G031 098H031 098I031
098A032     098D032 098E032 098F032 098G032 098H032 098I032
098A033     098D033 098E033 098F033 098G033 098H033 098I033
098A034     098D034 098E034 098F034 098G034 098H034 098I034
098A035     098D035 098E035 098F035 098G035 098H035 098I035
098A036     098D036 098E036 098F036 098G036 098H036 098I036
098A037     098D037 098E037 098F037 098G037 098H037 098I037
098A038     098D038 098E038 098F038 098G038 098H038 098I038
098A039     098D039 098E039 098F039 098G039 098H039 098I039
098A040     098D040 098E040 098F040 098G040 098H040 098I040
098A041     098D041 098E041 098F041 098G041 098H041 098I041
098A042     098D042 098E042 098F042 098G042 098H042 098I042
098A043     098D043 098E043 098F043 098G043 098H043 098I043
098A044     098D044 098E044 098F044 098G044 098H044 098I044
098A045     098D045 098E045 098F045 098G045 098H045 098I045
098A046     098D046 098E046 098F046 098G046 098H046 098I046
098A047     098D047 098E047 098F047 098G047 098H047 098I047
098A048     098D048 098E048 098F048 098G048 098H048 098I048
098A049     098D049 098E049 098F049 098G049 098H049 098I049
098A050     098D050 098E050 098F050 098G050 098H050 098I050
098A051     098D051     098G051 098H051  
098A052     098D052     098G052 098H052  
098A053     098D053     098G053 098H053  
098A054     098D054     098G054 098H054  
098A055     098D055     098G055 098H055  
098A056     098D056     098G056 098H056  
098A057     098D057     098G057 098H057  
098A058     098D058     098G058 098H058  
098A059     098D059     098G059 098H059  
098A060     098D060     098G060 098H060  
            098G061 098H061  
            098G062 098H062  
            098G063 098H063  
            098G064 098H064  
            098G065 098H065  
            098G066 098H066  
            098G067 098H067  
            098G068 098H068  
            098G069 098H069  
            098G070 098H070  
            098G071 098H071  
            098G072 098H072  
            098G073 098H073  
            098G074 098H074  
            098G075 098H075  
            098G076 098H076  
            098G077 098H077  
            098G078 098H078  
            098G079 098H079  
            098G080 098H080  
            098G081    
            098G082    
            098G083    
            098G084    
            098G085    
            098G086    
            098G087    
            098G088    
            098G089    
            098G090    
            098G091    
            098G092    
            098G093    
            098G094    
            098G095    
            098G096    
            098G097    
            098G098    
            098G099    
            098G100    
            098G101    
            098G102    
            098G103    
            098G104    
            098G105    
            098G106    
            098G107    
            098G108    
            098G109    
            098G110    
            098G111    
            098G112    
            098G113    
            098G114    
            098G115    
            098G116    
            098G117    
            098G118    
            098G119    
            098G120    

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

TOP / 国家試験 / 答え合わせ / 鍼灸2007 / 問題098 SQS特集(TOPページ) 基礎知識 治療院 養成学校 国家試験 国試対策予備校 本 独立開業 セミナー情報 ...
第15回 柔整師国家試験:098 † 環境ホルモン(内分泌撹乱物質)でないのはどれか。 1.ダイオキシン ... 本年度は鍼灸国試前日に直前対策講義のインターネット生中継を計画中です。 くわしくは→ こちら へ 就職説明会 複数の企業様 ...
メディカル インデックス ― CBT・国試・卒試・プライマリケア対応/コアカリ準拠 短時間で論理的に効率よく読めるコンパクト設計の中に,医学専門課程で学ぶ知識のすべてを完全網羅!詳細情報を見る 著者 金井信行(自治医科大学 ...
第98回(2009年度)午前 第98問の国試過去問・回答・解説 - 看護学生の看護師国家試験対策なら|ナースフル看護学生 ... システムメンテナンスのお知らせ 2015年5月17日(日)2:30~7:30(予定)の間、システムメンテナンスのため ...

関連画像

看護学生・国試受験者向け 先輩から後輩へ(国試合格の


★リンクテーブル★
国試過去問098C016」「098C020」「098C018」「098C021」「098C017」「098C019」「098C024」「098C023」「098C015」「098C013」「098C022」「098C014」「098C004」「098C005」「098C006」「098F048」「098F047」「098C009」「098C008」「098C007
リンク元医師国家試験
関連記事国試

098C016」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 75歳の女性。家族では介護しきれないために夫と妹が入院を希望し、拒否する本人を連れて来院した。
  • 現病歴 : 裕福な家庭に育ち有名女学校を首席で卒業した。20歳で結婚し24歳で長男を出産。以後専業主婦として現在に至る。多趣味で俳句、書道をたしなみ、師範の免許も多い。夫と2人暮らし。長男は独立して家庭を持っている。2年前心臓疾患で2か月入院して帰宅した後から「もらい物が見当たらない。」、「冷蔵庫の中身が変わっている。」と夫を責めるようなことがあった。1年前には長男の嫁に対して財産を狙っていると責めるようになり、3か月前からは最も世話になって信頼していた妹にも「絵のコレクションを盗む。」、「貯金通帳を隠した。」と一方的に攻撃して警察に通報するようになり、親族と断絶してしまった。高齢の夫のみとの生活になったが、メモ帳を捨てたなどと夫にも攻撃が及ぶようになり、夫は介護不能と判断した。
  • 現症 : 上品な老婦人。診察室では攻撃性は一見みられない。身長150cm、体重48kg。脈拍84/分、整。血圧148/84mmHg。神経学的には深部反射が両下肢とも軽度亢進。左上肢で歯車様筋固縮を軽度に認める。本人拒否のまま入院としたが、入院時には頑強に抵抗し、「人権侵害です。訴えますよ。」と大騒ぎした。
  • 入院後経過 : 意に反して入院させられたことを厳しく追及するが、入院の必要についての説明に納得して機嫌よくしていることもあり、まったく相反する態度が交互に現れる。会話しているとしばらく前に話した内容がそっくりそのまま何度も出てきて、本人はそのことに気付いていない。病棟内で迷子になることはない。改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールでは30点満点中25点である。入院10日目の頭部単純MRIを以下に示す。
  • この患者にみられる症候はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 098C015]←[国試_098]→[098C017

098C020」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害と胸部異常陰影とのため、家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 70歳ころから肺気腫があり、時々、咳と息切れとが増悪することがあった。2か月前に37℃台の発熱と咳とが出現し、様子をみていたが改善しなかった。1か月前、かかりつけ医に胸部エックス線写真で右肺尖部に浸潤影を指摘され、軽症の肺炎の診断で経口セフェム系薬を処方された。1週間服用したが軽快しないため市販の風邪薬を服用していた。2日前から息苦しさと頭痛とを訴えるようになり、元気がなくなってきた。今朝からうとうとする傾向があり、かかりつけ医の勧めで入院した。
  • 既往歴 : 75歳時、心筋梗塞。77歳時、心不全。
  • 生活歴 : 喫煙は20歳から70歳まで30本/日、以後、10本/日。飲酒は1合/日。
  • 現症 : 傾眠傾向であるが、名前を呼ぶと目を開け返事をする。身長160cm、体重54kg。体温37.5℃。呼吸数14/分。脈拍104/分、整。血圧134/76mmHg。皮膚は紅潮気味。心雑音はない。呼吸音は全体的に減弱し、右上肺にfine crackles〈捻髪音〉を聴取する。腹部では右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。両下肢に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.021、pH6.0、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈86mm/1時間、赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht39%、白血球8,300、血小板14万。血清生化学所見:血糖96mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、総コレステロール266mg/dl、AST51単位(基準40以下)、ALT66単位(基準35以下)、LDH 394単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K3.8 mEq/l、Cl 96mEq/l。CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 58Torr、PaCO2 72Torr、HCO3- 31mEq/l。胸部エックス線写真で右上肺野に広範な浸潤影とその一部に空洞性病変を認める。喀痰塗抹Ziehl-Neelsen染色標本を以下に示す。


  • この患者の感染対策に使用するマスクとして適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C019]←[国試_098]→[098C021

098C018」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 75歳の女性。家族では介護しきれないために夫と妹が入院を希望し、拒否する本人を連れて来院した。
  • 現病歴 : 裕福な家庭に育ち有名女学校を首席で卒業した。20歳で結婚し24歳で長男を出産。以後専業主婦として現在に至る。多趣味で俳句、書道をたしなみ、師範の免許も多い。夫と2人暮らし。長男は独立して家庭を持っている。2年前心臓疾患で2か月入院して帰宅した後から「もらい物が見当たらない。」、「冷蔵庫の中身が変わっている。」と夫を責めるようなことがあった。1年前には長男の嫁に対して財産を狙っていると責めるようになり、3か月前からは最も世話になって信頼していた妹にも「絵のコレクションを盗む。」、「貯金通帳を隠した。」と一方的に攻撃して警察に通報するようになり、親族と断絶してしまった。高齢の夫のみとの生活になったが、メモ帳を捨てたなどと夫にも攻撃が及ぶようになり、夫は介護不能と判断した。
  • 現症 : 上品な老婦人。診察室では攻撃性は一見みられない。身長150cm、体重48kg。脈拍84/分、整。血圧148/84mmHg。神経学的には深部反射が両下肢とも軽度亢進。左上肢で歯車様筋固縮を軽度に認める。本人拒否のまま入院としたが、入院時には頑強に抵抗し、「人権侵害です。訴えますよ。」と大騒ぎした。
  • 入院後経過 : 意に反して入院させられたことを厳しく追及するが、入院の必要についての説明に納得して機嫌よくしていることもあり、まったく相反する態度が交互に現れる。会話しているとしばらく前に話した内容がそっくりそのまま何度も出てきて、本人はそのことに気付いていない。病棟内で迷子になることはない。改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールでは30点満点中25点である。入院10日目の頭部単純MRIを以下に示す。
  • この患者に適切な入院形態はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098C017]←[国試_098]→[098C019

098C021」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害と胸部異常陰影とのため、家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 70歳ころから肺気腫があり、時々、咳と息切れとが増悪することがあった。2か月前に37℃台の発熱と咳とが出現し、様子をみていたが改善しなかった。1か月前、かかりつけ医に胸部エックス線写真で右肺尖部に浸潤影を指摘され、軽症の肺炎の診断で経口セフェム系薬を処方された。1週間服用したが軽快しないため市販の風邪薬を服用していた。2日前から息苦しさと頭痛とを訴えるようになり、元気がなくなってきた。今朝からうとうとする傾向があり、かかりつけ医の勧めで入院した。
  • 既往歴 : 75歳時、心筋梗塞。77歳時、心不全。
  • 生活歴 : 喫煙は20歳から70歳まで30本/日、以後、10本/日。飲酒は1合/日。
  • 現症 : 傾眠傾向であるが、名前を呼ぶと目を開け返事をする。身長160cm、体重54kg。体温37.5℃。呼吸数14/分。脈拍104/分、整。血圧134/76mmHg。皮膚は紅潮気味。心雑音はない。呼吸音は全体的に減弱し、右上肺にfine crackles〈捻髪音〉を聴取する。腹部では右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。両下肢に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.021、pH6.0、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈86mm/1時間、赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht39%、白血球8,300、血小板14万。血清生化学所見:血糖96mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、総コレステロール266mg/dl、AST51単位(基準40以下)、ALT66単位(基準35以下)、LDH 394単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K3.8 mEq/l、Cl 96mEq/l。CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 58Torr、PaCO2 72Torr、HCO3- 31mEq/l。胸部エックス線写真で右上肺野に広範な浸潤影とその一部に空洞性病変を認める。喀痰塗抹Ziehl-Neelsen染色標本を以下に示す。


  • 補液に際して最も配慮するのはどれか。
  • a. 腎機能障害の出現
  • b. 肺うっ血の出現
  • c. 高血圧の出現
  • d. 肝機能の悪化
  • e. 肺炎の悪化
[正答]


※国試ナビ4※ 098C020]←[国試_098]→[098C022

098C017」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 75歳の女性。家族では介護しきれないために夫と妹が入院を希望し、拒否する本人を連れて来院した。
  • 現病歴 : 裕福な家庭に育ち有名女学校を首席で卒業した。20歳で結婚し24歳で長男を出産。以後専業主婦として現在に至る。多趣味で俳句、書道をたしなみ、師範の免許も多い。夫と2人暮らし。長男は独立して家庭を持っている。2年前心臓疾患で2か月入院して帰宅した後から「もらい物が見当たらない。」、「冷蔵庫の中身が変わっている。」と夫を責めるようなことがあった。1年前には長男の嫁に対して財産を狙っていると責めるようになり、3か月前からは最も世話になって信頼していた妹にも「絵のコレクションを盗む。」、「貯金通帳を隠した。」と一方的に攻撃して警察に通報するようになり、親族と断絶してしまった。高齢の夫のみとの生活になったが、メモ帳を捨てたなどと夫にも攻撃が及ぶようになり、夫は介護不能と判断した。
  • 現症 : 上品な老婦人。診察室では攻撃性は一見みられない。身長150cm、体重48kg。脈拍84/分、整。血圧148/84mmHg。神経学的には深部反射が両下肢とも軽度亢進。左上肢で歯車様筋固縮を軽度に認める。本人拒否のまま入院としたが、入院時には頑強に抵抗し、「人権侵害です。訴えますよ。」と大騒ぎした。
  • 入院後経過 : 意に反して入院させられたことを厳しく追及するが、入院の必要についての説明に納得して機嫌よくしていることもあり、まったく相反する態度が交互に現れる。会話しているとしばらく前に話した内容がそっくりそのまま何度も出てきて、本人はそのことに気付いていない。病棟内で迷子になることはない。改訂長谷川式簡易知的機能評価スケールでは30点満点中25点である。入院10日目の頭部単純MRIを以下に示す。
  • 頭部単純MRIでみられる所見はどれか。2つ選べ。
  • a. 前頭葉の萎縮
  • b. 側頭葉の萎縮
  • c. 側脳室の拡大
  • d. 視床の萎縮
  • e. 後頭葉の萎縮


[正答]


※国試ナビ4※ 098C016]←[国試_098]→[098C018

098C019」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害と胸部異常陰影とのため、家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 70歳ころから肺気腫があり、時々、咳と息切れとが増悪することがあった。2か月前に37℃台の発熱と咳とが出現し、様子をみていたが改善しなかった。1か月前、かかりつけ医に胸部エックス線写真で右肺尖部に浸潤影を指摘され、軽症の肺炎の診断で経口セフェム系薬を処方された。1週間服用したが軽快しないため市販の風邪薬を服用していた。2日前から息苦しさと頭痛とを訴えるようになり、元気がなくなってきた。今朝からうとうとする傾向があり、かかりつけ医の勧めで入院した。
  • 既往歴 : 75歳時、心筋梗塞。77歳時、心不全。
  • 生活歴 : 喫煙は20歳から70歳まで30本/日、以後、10本/日。飲酒は1合/日。
  • 現症 : 傾眠傾向であるが、名前を呼ぶと目を開け返事をする。身長160cm、体重54kg。体温37.5℃。呼吸数14/分。脈拍104/分、整。血圧134/76mmHg。皮膚は紅潮気味。心雑音はない。呼吸音は全体的に減弱し、右上肺にfine crackles〈捻髪音〉を聴取する。腹部では右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。両下肢に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.021、pH6.0、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈86mm/1時間、赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht39%、白血球8,300、血小板14万。血清生化学所見:血糖96mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、総コレステロール266mg/dl、AST51単位(基準40以下)、ALT66単位(基準35以下)、LDH 394単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K3.8 mEq/l、Cl 96mEq/l。CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 58Torr、PaCO2 72Torr、HCO3- 31mEq/l。胸部エックス線写真で右上肺野に広範な浸潤影とその一部に空洞性病変を認める。喀痰塗抹Ziehl-Neelsen染色標本を以下に示す。


  • この患者の意識レベルはJCSでどれか。
  • a. I-1(1)
  • b. II-1(10)
  • c. II-2(20)
  • d. III-1(100)
  • e. III-2(200)
[正答]


※国試ナビ4※ 098C018]←[国試_098]→[098C020

098C024」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 30歳前後の男性。人工呼吸下に救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 公園で倒れているのを通行人に発見された。救急隊到着時、意識は混濁し、自発呼吸は微弱であった。呼気に芳香臭があり、発見現場から不凍液(エチレングリコール)の空容器と三環系抗うつ薬アミトリプチリンの空包装とが見つかった。
  • 既往歴 : 不明。
  • 現 症 : 体格栄養中等度。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧90/60mmHg。痛み刺激を与えても開眼せず、言語反応はない。運動反応を認めない。舌根は沈下し、自発呼吸を認めない。瞳孔径は4mmで左右差を認めないが、対光反射が消失している。眼瞼結膜に貧血なく、眼球結膜に黄染を認めない。心雑音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。下腿に浮腫はなく、人工呼吸下にチアノーゼを認めない。深部反射は保たれている。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球497万、Hb14.9g/dl、Ht42%、白血球9,800、血小板35万。
  • 血清生化学所見:血糖197mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT25単位(基準35以下)、LDH298単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ220単位(基準260以下)、γーGTP48単位(基準8~50)、アミラーゼ120単位(基準37~160)、CK28単位(基準10~40)、Na138 mEq/l、K3.4mEq/l、Cl101mEq/l。
  • 動脈血ガス分析(人工呼吸、酸素投与下):pH7.54、PaO2 305Torr、PaCO2 24Torr、HCO3 -15mEq/l、血漿浸透圧:実測値は345mOsm/kg H2O (基準285~295)で、Na、血糖および尿素窒素の血中濃度からの計算値293mOsmL/kg H2O(基準285~295)との間に浸透圧ギャップを認める。
  • 浸透圧ギャップとanion gap とが、この患者と同様の変化を示す病態はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C023]←[国試_098]→[098C025

098C023」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 30歳前後の男性。人工呼吸下に救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 公園で倒れているのを通行人に発見された。救急隊到着時、意識は混濁し、自発呼吸は微弱であった。呼気に芳香臭があり、発見現場から不凍液(エチレングリコール)の空容器と三環系抗うつ薬アミトリプチリンの空包装とが見つかった。
  • 既往歴 : 不明。
  • 現 症 : 体格栄養中等度。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧90/60mmHg。痛み刺激を与えても開眼せず、言語反応はない。運動反応を認めない。舌根は沈下し、自発呼吸を認めない。瞳孔径は4mmで左右差を認めないが、対光反射が消失している。眼瞼結膜に貧血なく、眼球結膜に黄染を認めない。心雑音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。下腿に浮腫はなく、人工呼吸下にチアノーゼを認めない。深部反射は保たれている。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球497万、Hb14.9g/dl、Ht42%、白血球9,800、血小板35万。
  • 血清生化学所見:血糖197mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT25単位(基準35以下)、LDH298単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ220単位(基準260以下)、γーGTP48単位(基準8~50)、アミラーゼ120単位(基準37~160)、CK28単位(基準10~40)、Na138 mEq/l、K3.4mEq/l、Cl101mEq/l。
  • 動脈血ガス分析(人工呼吸、酸素投与下):pH7.54、PaO2 305Torr、PaCO2 24Torr、HCO3 -15mEq/l、血漿浸透圧:実測値は345mOsm/kg H2O (基準285~295)で、Na、血糖および尿素窒素の血中濃度からの計算値293mOsmL/kg H2O(基準285~295)との間に浸透圧ギャップを認める。
  • この患者にまず行うべき処置はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C022]←[国試_098]→[098C024

098C015」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 2歳1か月の男児。発熱と発疹とを主訴に来院した。
  • 発育歴 : 在胎40週で出生。出生時の身長49cm、体重3,050g。頚定3か月、独り歩きは1歳3か月。現在、牛乳をコップから飲むことができる。積木を3個重ねることができる。「あーあー」、「うーうー」を言うが、意味のある言葉は言わない。「ワンワンちょうだい。」と言うと犬の縫いぐるみを持ってくる。人見知りをする。
  • 現病歴 : 2日前から38.5~39℃の発熱と体幹部の紅斑とが出現し、近医で両眼と口唇との異常を指摘され紹介入院した。今朝から左頚部を触れると強く啼泣する。嘔吐はない。
  • 現症 : 意識は清明。身長83cm、体重18kg。体温38.8℃。脈拍120/分、整。左頚部に径3.5cmの腫瘤があり痛がって首を動かさない。皮膚は腹部から腰部にかけ大小さまざまな紅斑を認める。聴診では心雑音なく、呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。口腔粘腹はびまん性に発赤している。右眼の写真と口唇の写真とを以下に示す。
  • 検査所見 : 血液所見:赤沈45mm/1時間、赤血球410万、Hb12.5g/dl、Ht 35%、白血球15,000(桿状核好中球7%、分状核好中球56%、好酸球2%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球29%)、血小板30万。血清生化学所見:総蛋白7.3g/dl、アルブミン3.5g/dl、総ビリルビン0.4mg/dl、AST55単位(基準40 以下)、ALT60単位(基準35以下)、LDH550単位(基準176~353)。免疫学所見:CRP12.5mg/dl(基準0.3以下)、ASO250単位(基準250以下)。胸部エックス線写真と心電図とに異常を認めない。


  • この患児で発症後10日ころに行う検査はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C014]←[国試_098]→[098C016

098C013」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 2歳1か月の男児。発熱と発疹とを主訴に来院した。
  • 発育歴 : 在胎40週で出生。出生時の身長49cm、体重3,050g。頚定3か月、独り歩きは1歳3か月。現在、牛乳をコップから飲むことができる。積木を3個重ねることができる。「あーあー」、「うーうー」を言うが、意味のある言葉は言わない。「ワンワンちょうだい。」と言うと犬の縫いぐるみを持ってくる。人見知りをする。
  • 現病歴 : 2日前から38.5~39℃の発熱と体幹部の紅斑とが出現し、近医で両眼と口唇との異常を指摘され紹介入院した。今朝から左頚部を触れると強く啼泣する。嘔吐はない。
  • 現症 : 意識は清明。身長83cm、体重18kg。体温38.8℃。脈拍120/分、整。左頚部に径3.5cmの腫瘤があり痛がって首を動かさない。皮膚は腹部から腰部にかけ大小さまざまな紅斑を認める。聴診では心雑音なく、呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。口腔粘腹はびまん性に発赤している。右眼の写真と口唇の写真とを以下に示す。
  • 検査所見 : 血液所見:赤沈45mm/1時間、赤血球410万、Hb12.5g/dl、Ht 35%、白血球15,000(桿状核好中球7%、分状核好中球56%、好酸球2%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球29%)、血小板30万。血清生化学所見:総蛋白7.3g/dl、アルブミン3.5g/dl、総ビリルビン0.4mg/dl、AST55単位(基準40 以下)、ALT60単位(基準35以下)、LDH550単位(基準176~353)。免疫学所見:CRP12.5mg/dl(基準0.3以下)、ASO250単位(基準250以下)。胸部エックス線写真と心電図とに異常を認めない。


  • この患児の成長発達の評価で正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 低身長
  • b. 肥満
  • c. 運動発達の遅れ
  • d. 精神発達の遅れ
  • e. 言語発達の遅れ
[正答]


※国試ナビ4※ 098C012]←[国試_098]→[098C014

098C022」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 30歳前後の男性。人工呼吸下に救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 公園で倒れているのを通行人に発見された。救急隊到着時、意識は混濁し、自発呼吸は微弱であった。呼気に芳香臭があり、発見現場から不凍液(エチレングリコール)の空容器と三環系抗うつ薬アミトリプチリンの空包装とが見つかった。
  • 既往歴 : 不明。
  • 現 症 : 体格栄養中等度。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧90/60mmHg。痛み刺激を与えても開眼せず、言語反応はない。運動反応を認めない。舌根は沈下し、自発呼吸を認めない。瞳孔径は4mmで左右差を認めないが、対光反射が消失している。眼瞼結膜に貧血なく、眼球結膜に黄染を認めない。心雑音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。下腿に浮腫はなく、人工呼吸下にチアノーゼを認めない。深部反射は保たれている。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球497万、Hb14.9g/dl、Ht42%、白血球9,800、血小板35万。
  • 血清生化学所見:血糖197mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT25単位(基準35以下)、LDH298単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ220単位(基準260以下)、γーGTP48単位(基準8~50)、アミラーゼ120単位(基準37~160)、CK28単位(基準10~40)、Na138 mEq/l、K3.4mEq/l、Cl101mEq/l。
  • 動脈血ガス分析(人工呼吸、酸素投与下):pH7.54、PaO2 305Torr、PaCO2 24Torr、HCO3 -15mEq/l、血漿浸透圧:実測値は345mOsm/kg H2O (基準285~295)で、Na、血糖および尿素窒素の血中濃度からの計算値293mOsmL/kg H2O(基準285~295)との間に浸透圧ギャップを認める。
  • この患者の意識状態はGlasgow coma scaleで何点か。
  • a. 3点
  • b. 6点
  • c. 9点
  • d. 12点
  • e. 15点
[正答]


※国試ナビ4※ 098C021]←[国試_098]→[098C023

098C014」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 2歳1か月の男児。発熱と発疹とを主訴に来院した。
  • 発育歴 : 在胎40週で出生。出生時の身長49cm、体重3,050g。頚定3か月、独り歩きは1歳3か月。現在、牛乳をコップから飲むことができる。積木を3個重ねることができる。「あーあー」、「うーうー」を言うが、意味のある言葉は言わない。「ワンワンちょうだい。」と言うと犬の縫いぐるみを持ってくる。人見知りをする。
  • 現病歴 : 2日前から38.5~39℃の発熱と体幹部の紅斑とが出現し、近医で両眼と口唇との異常を指摘され紹介入院した。今朝から左頚部を触れると強く啼泣する。嘔吐はない。
  • 現症 : 意識は清明。身長83cm、体重18kg。体温38.8℃。脈拍120/分、整。左頚部に径3.5cmの腫瘤があり痛がって首を動かさない。皮膚は腹部から腰部にかけ大小さまざまな紅斑を認める。聴診では心雑音なく、呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。口腔粘腹はびまん性に発赤している。右眼の写真と口唇の写真とを以下に示す。
  • 検査所見 : 血液所見:赤沈45mm/1時間、赤血球410万、Hb12.5g/dl、Ht 35%、白血球15,000(桿状核好中球7%、分状核好中球56%、好酸球2%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球29%)、血小板30万。血清生化学所見:総蛋白7.3g/dl、アルブミン3.5g/dl、総ビリルビン0.4mg/dl、AST55単位(基準40 以下)、ALT60単位(基準35以下)、LDH550単位(基準176~353)。免疫学所見:CRP12.5mg/dl(基準0.3以下)、ASO250単位(基準250以下)。胸部エックス線写真と心電図とに異常を認めない。


  • この疾患の急性期にみられる通常の発熱期間はどれか。
  • a. 3日以内
  • b. 4日以内
  • c. 5日以上
  • d. 10日以上
  • e. 14日以上
[正答]


※国試ナビ4※ 098C013]←[国試_098]→[098C015

098C004」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 66歳の男性。全身倦怠感と腹部膨満とを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 1年前の健康診断で貧血を指摘されたが放置していた。3か月前から徐々に倦怠感が増強し、腹部膨満が出現し食事摂取量が減少した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重60kg。体温37.5℃。脈拍96/分、整。血圧114/70mmHg。眼瞼結膜は貧血様、眼球結膜に黄染を認めない。胸部で胸骨左縁第4肋間に2/6度の収縮期雑音を聴取するが、呼吸音に異常はない。腹部は心窩部から左季肋部が膨隆し、肝を右肋骨弓下に5cm、脾を左肋骨弓下に15cm触知する。両下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球210万、Hb6.5g/dl、Ht20%、網赤血球20‰、白血球3,200(前骨髄球1%、骨髄球3%、桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、好塩基球3%、単球5%、リンパ球22%、赤芽球3/100)、血小板6.2万。プロトロンビン時間〈PT〉12秒(基準10~14)、APTT30秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン360mg/dl(基準200~400)。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.5g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、尿酸9.0mg/dl、総コレステロール110mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、直接ビリルビン0.4mg/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT52単位(基準35以下)、LDH520単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ320単位(基準260以下)、γ-GTP70単位(基準8~50)、CK40単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l、Ca8.0mg/dl、Fe150μg/dl(基準80~160)。骨髄穿刺は吸引不能。
  • この患者の病態について正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 無効造血
  • b. 白血球機能異常
  • c. 骨髄造血能低下
  • d. 脾臓での髄外造血
  • e. 血清ビタミンB12低下
[正答]


※国試ナビ4※ 098C003]←[国試_098]→[098C005

098C005」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 66歳の男性。全身倦怠感と腹部膨満とを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 1年前の健康診断で貧血を指摘されたが放置していた。3か月前から徐々に倦怠感が増強し、腹部膨満が出現し食事摂取量が減少した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重60kg。体温37.5℃。脈拍96/分、整。血圧114/70mmHg。眼瞼結膜は貧血様、眼球結膜に黄染を認めない。胸部で胸骨左縁第4肋間に2/6度の収縮期雑音を聴取するが、呼吸音に異常はない。腹部は心窩部から左季肋部が膨隆し、肝を右肋骨弓下に5cm、脾を左肋骨弓下に15cm触知する。両下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球210万、Hb6.5g/dl、Ht20%、網赤血球20‰、白血球3,200(前骨髄球1%、骨髄球3%、桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、好塩基球3%、単球5%、リンパ球22%、赤芽球3/100)、血小板6.2万。プロトロンビン時間〈PT〉12秒(基準10~14)、APTT30秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン360mg/dl(基準200~400)。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.5g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、尿酸9.0mg/dl、総コレステロール110mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、直接ビリルビン0.4mg/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT52単位(基準35以下)、LDH520単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ320単位(基準260以下)、γ-GTP70単位(基準8~50)、CK40単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l、Ca8.0mg/dl、Fe150μg/dl(基準80~160)。骨髄穿刺は吸引不能。
  • この疾患の赤血球所見として特徴的なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C004]←[国試_098]→[098C006

098C006」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 66歳の男性。全身倦怠感と腹部膨満とを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 1年前の健康診断で貧血を指摘されたが放置していた。3か月前から徐々に倦怠感が増強し、腹部膨満が出現し食事摂取量が減少した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長168cm、体重60kg。体温37.5℃。脈拍96/分、整。血圧114/70mmHg。眼瞼結膜は貧血様、眼球結膜に黄染を認めない。胸部で胸骨左縁第4肋間に2/6度の収縮期雑音を聴取するが、呼吸音に異常はない。腹部は心窩部から左季肋部が膨隆し、肝を右肋骨弓下に5cm、脾を左肋骨弓下に15cm触知する。両下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球210万、Hb6.5g/dl、Ht20%、網赤血球20‰、白血球3,200(前骨髄球1%、骨髄球3%、桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、好塩基球3%、単球5%、リンパ球22%、赤芽球3/100)、血小板6.2万。プロトロンビン時間〈PT〉12秒(基準10~14)、APTT30秒(基準対照32.2)、フィブリノゲン360mg/dl(基準200~400)。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.5g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、尿酸9.0mg/dl、総コレステロール110mg/dl、総ビリルビン1.0mg/dl、直接ビリルビン0.4mg/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT52単位(基準35以下)、LDH520単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ320単位(基準260以下)、γ-GTP70単位(基準8~50)、CK40単位(基準10~40)、Na135mEq/l、K4.5mEq/l、Cl105mEq/l、Ca8.0mg/dl、Fe150μg/dl(基準80~160)。骨髄穿刺は吸引不能。
  • この患者に用いる血液製剤で適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098C005]←[国試_098]→[098C007

098F048」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 48歳の男性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 4年前に狭心症と診断され、アスピリンと亜硝散薬とを服薬していたが、半年前から中断していた。3か月前から通勤途中の駅の階段を昇るとき軽度の胸痛を感じていた。2か月前から、就眠前の安静時にも軽度の胸痛が出現するようになった。2週前の夕方、勤務中に冷汗を伴う前胸部絞扼感を感じたが、30分ほど安静にしていると軽快した。昨夜、就寝後1時間ほどで呼吸困難のため覚醒した。横になると呼吸困難が再発するので眠れず、午前3時に来院した。
  • 既往歴 : 8年前に健康診断で糖尿病を指摘されたことがある。
  • 現症 : 意識は清明。身長169cm、体重68kg。呼吸数28/分。脈拍92/分、整。血圧122/88mmHg。頚静脈の怒張と下腿の浮腫とを認める。心雑音はない。両下肺にcoarse crackles を聴取する。右季肋部に圧痛を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球430万、Hb14.2g/dl、Ht42%、白血球6,500、血小板30万。血清生化学所見:血糖150mg/dl、HbA1c6.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、尿素窒素17mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール204mg/dl、トリグリセライド129mg/dl(基準50~130)、総ビリルビン0.5mg/dl、AST22単位(基準40以下)、ALT34単位(基準35以下)、LDH320単位(基準176~353)、CK40単位(基準10~40)、Na 148mEq/l、K4.6mEq/l、Cl103mEq/l。入院時の心電図を以下に示す。


  • この患者にまず必要な治療薬はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F047]←[国試_098]→[098F049

098F047」

  [★]

  • 次の文を読み、47、48の問いに答えよ。
  • 48歳の男性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 4年前に狭心症と診断され、アスピリンと亜硝散薬とを服薬していたが、半年前から中断していた。3か月前から通勤途中の駅の階段を昇るとき軽度の胸痛を感じていた。2か月前から、就眠前の安静時にも軽度の胸痛が出現するようになった。2週前の夕方、勤務中に冷汗を伴う前胸部絞扼感を感じたが、30分ほど安静にしていると軽快した。昨夜、就寝後1時間ほどで呼吸困難のため覚醒した。横になると呼吸困難が再発するので眠れず、午前3時に来院した。
  • 既往歴 : 8年前に健康診断で糖尿病を指摘されたことがある。
  • 現症 : 意識は清明。身長169cm、体重68kg。呼吸数28/分。脈拍92/分、整。血圧122/88mmHg。頚静脈の怒張と下腿の浮腫とを認める。心雑音はない。両下肺にcoarse crackles を聴取する。右季肋部に圧痛を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球430万、Hb14.2g/dl、Ht42%、白血球6,500、血小板30万。血清生化学所見:血糖150mg/dl、HbA1c6.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、尿素窒素17mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール204mg/dl、トリグリセライド129mg/dl(基準50~130)、総ビリルビン0.5mg/dl、AST22単位(基準40以下)、ALT34単位(基準35以下)、LDH320単位(基準176~353)、CK40単位(基準10~40)、Na 148mEq/l、K4.6mEq/l、Cl103mEq/l。入院時の心電図を以下に示す。


  • この患者の病態の原因はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F046]←[国試_098]→[098F048

098C009」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 65歳の女性。歩きにくさと手足のふるえとを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 4年前からじっとしているときに左手がふるえることに気付いた。同じころから歩くのが遅くなり、話すときの声が小声で、メモを書くときに字が小さくなることを自覚するようになった。これらの症状は徐々に増悪する傾向にあり、最近左手だけでなく、右手と両足もじっとしているときにふるえるようになった。患者の写真を以下に示す。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重52kg。体温36.2℃。臥位で脈拍64/分、整。血圧120/80mmHg。顔面の表情は乏しい。眼瞼結膜と眼球結膜とに貧血と黄疸とを認めない。心雑音はない。呼吸音は清である。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。構音障害、頚部と四肢との筋緊張異常および起立・歩行障害を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球410万、Hb13.0g/dl、Ht39%、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素9.2mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST18単位(基準40以下)、ALT14単位(基準35以下)、LDH260単位(基準176~353)。
  • 左上腕二頭筋と左上腕三頭筋とから記録された5種の表面筋電図を以下に示す。
  • この患者の記録はどれか。
  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤



[正答]
※国試ナビ4※ 098C008]←[国試_098]→[098C010

098C008」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 65歳の女性。歩きにくさと手足のふるえとを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 4年前からじっとしているときに左手がふるえることに気付いた。同じころから歩くのが遅くなり、話すときの声が小声で、メモを書くときに字が小さくなることを自覚するようになった。これらの症状は徐々に増悪する傾向にあり、最近左手だけでなく、右手と両足もじっとしているときにふるえるようになった。患者の写真を以下に示す。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重52kg。体温36.2℃。臥位で脈拍64/分、整。血圧120/80mmHg。顔面の表情は乏しい。眼瞼結膜と眼球結膜とに貧血と黄疸とを認めない。心雑音はない。呼吸音は清である。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。構音障害、頚部と四肢との筋緊張異常および起立・歩行障害を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球410万、Hb13.0g/dl、Ht39%、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素9.2mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST18単位(基準40以下)、ALT14単位(基準35以下)、LDH260単位(基準176~353)。
  • 適切な治療薬はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 098C007]←[国試_098]→[098C009

098C007」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 65歳の女性。歩きにくさと手足のふるえとを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 4年前からじっとしているときに左手がふるえることに気付いた。同じころから歩くのが遅くなり、話すときの声が小声で、メモを書くときに字が小さくなることを自覚するようになった。これらの症状は徐々に増悪する傾向にあり、最近左手だけでなく、右手と両足もじっとしているときにふるえるようになった。患者の写真を以下に示す。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長165cm、体重52kg。体温36.2℃。臥位で脈拍64/分、整。血圧120/80mmHg。顔面の表情は乏しい。眼瞼結膜と眼球結膜とに貧血と黄疸とを認めない。心雑音はない。呼吸音は清である。腹部は平坦で、肝・脾を触知せず、圧痛と抵抗とを認めない。構音障害、頚部と四肢との筋緊張異常および起立・歩行障害を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球410万、Hb13.0g/dl、Ht39%、白血球6,500、血小板25万。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン4.8g/dl、尿素窒素9.2mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、AST18単位(基準40以下)、ALT14単位(基準35以下)、LDH260単位(基準176~353)。
  • この患者で障害されている部位はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098C006]←[国試_098]→[098C008

医師国家試験」

  [★]

National Medical Licensure Examination
国試
1日10問国試過去問
102D010

[正答]


※国試ナビ4※ 102D009]←[国試_102]→[102D011

095E045
  • 脱水によって循環不全に陥った乳児に投与してはならない輸液の成分はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095E044]←[国試_095]→[095E046

104D003
  • 検査器具の写真(別冊No.2)を別に示す。
  • この検査器具が診断に有用なのはどれか。





[正答]


※国試ナビ4※ 104D002]←[国試_104]→[104D004

103I044
  • 67歳の女性。下血を主訴に来院した。5日前から時々下腹部痛を自覚していたが、昨夜、突然暗赤色の下血をきたした。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めない。血液所見:赤血球422万、Hb 13.2g/dl、Ht 43%、白血球 10,200、血小板 38万。血液生化学所見:総蛋白 8.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.7mg/dl、総コレステロール 202mg/dl、総ビリルビン 1.2mg/dl、AST 22IU/l、ALT 30IU/l、LD<LDH> 286IU/l(基準176~353)、ALP 202IU/l(基準115~359)。CRP 1.4mg/dl。下部消化管内視鏡写真を以下に示す。
  • 下血の原因はどれか。




[正答]
※国試ナビ4※ 103I043]←[国試_103]→[103I045

097A006
  • 7歳の男児。落ち着きがないことを主訴に母親に連れられて来院した。5歳ころから一つのことを続けてやれない,じっとして授業を受けていられず、教室を走り回ったりするため、担任の教師から受診を勧められた。診察中、たえず手足をそわそわと動かしているのが認められる。この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 遺伝性疾患である。
  • b. てんかんを伴いやすい。
  • c. 衝動性が強い。
  • d. 人格障害である。
  • e. 薬物療法は無効である。

[正答]


※国試ナビ4※ 097A005]←[国試_097]→[097A007

106E065
  • 次の文を読み、 64-66の問いに答えよ。


  • 22歳の女性。運動時の疲労感と「理由もなく氷が食べたくなる」ことを主訴に受診した。
  • 現病歴:受診3か月前の1月から、運動時の疲労感が強いことを自覚するようになった。所属している大学剣道部の最後の大会を夏に控え、特に熱心に練習していたので、そのための疲労感だろうと考えていた。 4月になると、軽い稽古だけで今までよりも強い疲労感を感じるようになったが、 3月にあった春合宿の疲労が残っているものと考えてそのままにしていた。ただ、暑くもないのに氷が食べたくなるときが増えたことは気になっていた。本日、大学内の医務室前を通りがかったとき、偶然「寒い日でも氷が食べたくなったときは医務室へ相談を! 」と書かれたポスターが目に入り、心配になったため受診した。
  • 既往歴: 12歳時に虫垂炎の手術を受けた。
  • 生活歴 : 喫煙・飲酒はしない。
  • 家族歴:母(48歳)が脂質異常症で内服加療中。父(52歳)は高血圧症で内服加療中。妹(18歳)と弟(15歳)とは健康である。
  • 月経歴 :初経13歳。周期28日型、整。
  • 現 症:意識は清明。身長152cm、体重40kg。体温36.8℃。脈拍96/分、整。血圧100/60mmHg。呼吸数20/分。眼瞼結膜はやや蒼白である。眼球結膜に黄染を認めない。心音呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。


  • この患者の検査結果で予測されるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 106E064]←[国試_106]→[106E066

098F039
  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 8か月の乳児。顔色不良を主訴として来院した。
  • 現病歴 : 15時間前に発熱と不機嫌とに母親が気付いた。その後患児は入眠したがすぐ覚醒した。1時間前に顔色不良と元気がないこととが認められた。
  • 既往歴 : BCGは接種済み。1か月前に突発性発疹に罹患している。
  • 現症 : 体重8,410g。体温38.2℃。呼吸数60/分。脈拍160/分、整。顔色は不良で、顔貌は無欲様である。周囲に対する関心が乏しい。背臥位で頭部を持ち上げ前屈させると抵抗があり、同時に股関節と膝関節とが屈曲する。検査所見2%、好中球56%、単球7%、リンパ球35%)、血小板10万。CRP11mg/dl(基準0.3以下)。血液所見:赤血球394万、Hb10.7g/dl、白血球14,500(後骨髄球2%、好中球56%、単球7%、リンパ球35%〕、血小板10万、CRP11mg/dl(基準0.3以下)。


  • この患児の診断に重要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098F038]←[国試_098]→[098F040

103I047
  • 72歳の男性。突然の胸痛呼吸困難とを主訴に家族に伴われて来院した。2時間前に上記症状が出現し次第に増悪している。体温36.8℃、呼吸数32/分、脈拍104/分、整。血圧96/60mmHg。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 静脈路確保後にまず行うのはどれか。




[正答]
※国試ナビ4※ 103I046]←[国試_103]→[103I048

108E046
  • 88歳の女性。急に発症した右上下肢の麻痺を主訴に来院した。頭部 MRIで脳梗塞と診断された。入院後、脳梗塞の治療と経管栄養とを行っていた。時々嘔吐があり、むせることがあった。入院後 14日から 37℃台の発熱があり、咳嗽もみられ、胸部エックス線写真では両側下肺優位の浸潤影を認めた。抗菌薬を投与したが奏効せず、呼吸不全で入院後 28日に死亡した。死因や肺病変の診断を目的に病理解剖を行った。病理解剖の肺組織の H-E染色標本 (別冊 No.9A、B)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。




[正答]


※国試ナビ4※ 108E045]←[国試_108]→[108E047

103A005
  • たばこ煙成分とその影響の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 103A004]←[国試_103]→[103A006


国試」

  [★]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3