国民医療費

出典: meddic

national medical care expenditure
医療費



概念

  • 国民医療費とは、単年度内の医療機関等における傷病の治療に要する費用を推計したものである。「公費負担医療給付分」「公的医療保険等給付分」「後期高齢者医療給付分」の原則として診療についての支払確定額をもって、患者が支払う「一部負担額」と医療費の全額を患者が支払う「全額自費」推計し、以上を合算することにより推算される。(参考1)
  • 従って医療費とイコールではない。


  • 国内の医療機関などにおいて傷病の診療に要する1年間の費用を推計したもの。
  • 国民医療費に含まれる費用:診療報酬額、調剤報酬額、入院時食事療養費、健康保険で支給される看護費・移送費など


  • 国民医療費の動向は2年に1度の診療報酬改訂に左右され、改定がない年は3%程度増える。
  • 政府は2002,2006年度などに大幅なマイナス改定をして医療費の伸びを抑えた。

状況

参考2
  • 平成20年度(2008年度)の国民医療費は34兆8084億円(国民所得の9.90%)を占めており増加傾向である。
[show details]

算出方法

参考4 SUB12.102


  • 算入されるもの:診療費、薬剤調剤医療費、入院時食事医療費、訪問看護医療費


  • 除外されるもの:正常妊娠正常分娩に要する費用、健康維持・増進を目的とした健康診断・予防接種などの費用、固定した身体障害のために必要とする義眼や義肢などの費用、介護保険に基づく費用

制度区分

参考2
  • 被保険者
  • 被扶養者
  • 高齢者
  • 高齢者以外
  • 高齢者
  • その他
  • 後期高齢者医療給付分
  • 患者負担分

財源別国民医療費

参考2
財源 平成20年度 平成19年度 対前年度 備考
推計額
(億円)
構成割合
(%)
推計額
(億円)
構成割合
(%)
増減額
(億円)
増減率
(%)
国民医療費  348,084 100  341,360 100 6725 2  
  公費  129,053 37.1  125,744 36.8 3309 2.6  
  国庫  87,234 25.1  84,794 24.8 2439 2.9 軽減特例措置は、国庫に含む。
地方  41,819 12  40,949 12  869 2.1  
保険料  169,709 48.8  167,426 49 2283 1.4  
  事業主  71,110 20.4  68,990 20.2 2120 3.1  
被保険者  98,599 28.3  98,436 28.8  163 0.2  
その他  49,323 14.2  48,190 14.1 1132 2.3 患者負担及び原因者負担
  患者負担(再掲)  49,141 14.1  47,996 14.1 1144 2.4  

年齢階級別国民医療費

参考2
平成20年度
年齢階級 推計額
(億円)
構成割合
(%)
人口一人当たり
国民医療費(千円)
65歳未満  158,085 45.4 158.9
0~14歳  22,326 6.4 130
15~44歳  48,362 13.9 101
45~64歳  87,397 25.1 254.1
65歳以上  189,999 54.6 673.4
70歳以上(再掲)  153,325 44 760
75歳以上(再掲)  109,711 31.5 830.1
総数  348,084 100 272.6
65歳以上では一人あたりの国民医療費も高く、割合も大きい
国民医療費のうち75歳未満が68.5%で、75歳以上(後期高齢者医療給付)が31.5%を占める。

傷病分類別一般診療医療費

参考2
傷病分類 平成20年度 平成19年度
推計額 構成割合 推計額 構成割合
(億円) (%) (億円) (%)
   一般診療医療費
総数 259 595 100 256 418 100
循環器系の疾患 52 980 20.4 54 353 21.2
新生物 33 121 12.8 30 716 12
呼吸器系の疾患 20 186 7.8 21 191 8.3
腎尿路生殖器系の疾患 19 273 7.4 21 389 8.3
筋骨格系及び結合組織の疾患 19 223 7.4 18 433 7.2
その他 114 812 44.2 110 337 43
  65歳未満
総数 113 604 100 115 445 100
新生物 13 997 12.3 13 240 11.5
循環器系の疾患 13 385 11.8 13 898 12
呼吸器系の疾患 12 249 10.8 12 725 11
精神及び行動の障害 10 587 9.3 11 350 9.8
腎尿路生殖器系の疾患 8 466 7.5 10 535 9.1
その他 54 922 48.3 53 697 46.5
  65歳以上
総数 145 991 100 140 973 100
循環器系の疾患 39 595 27.1 40 455 28.7
新生物 19 125 13.1 17 476 12.4
筋骨格系及び結合組織の疾患 12 061 8.3 11 521 8.2
内分泌、栄養及び代謝疾患 11 271 7.7 9 871 7
腎尿路生殖器系の疾患 10 808 7.4 10 853 7.7
その他 53 129 36.4 50 799 36
循環器系疾患が最も多く、悪性新生物がこれに次ぐ

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B2%BB
  • 2. 平成20年度国民医療費の概況
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/08/index.html
  • 性、年齢階級別国民医療費
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/08/kekka5.html
  • 性、傷病分類別一般診療医療費
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/08/kekka6.html
  • 3. 平成18年度国民医療費の概況
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/06/index.html
  • 4. 国民医療費の範囲と推計方法の概要
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/03/gaiyou.html

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 社会保障Q&A 国民医療費の構造(下)
  • 社会保障Q&A 国民医療費の構造(上)
  • 数字は語る 高齢化の進展以上に増加する医療費 調剤費がその一因 42兆円 : 2015年度の国民医療費推計額 : 2014年度の国民医療費に15年度の医療費(速報値)の伸び率を乗じた額
  • 週刊ダイヤモンド = Diamond weekly 104(43), 24, 2016-11-05
  • NAID 40020973743
  • 平成26年度 国民医療費の概要(抜粋) : 平成28年9月28日

関連リンク

国民医療費について紹介しています。 ... 大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課保健統計室 電話:03-5253-1111(内線7526)
国民医療費:結果の概要 結果の概要 平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 平成16年度 平成15年度 平成14年度 平成13年度 平成12年度 平成11年度 平成10 ...
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 国民医療費の用語解説 - 国民が医療にかけた年間費用の総額。厚生労働省が毎年度発表する。ただし,正常妊娠,分娩,産じょくにかかった費用,室料差額,歯科材料差額,美容整形費 ...
厚生労働省は14日、2011年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が、前年度比1兆1648億円増(3.1%増)の38兆5850億円だったと発表した。国民1人当た

関連画像

国民医療費 - みな歯科オープン 日本人の平均寿命と国民医療費 労働省:平成20年度国民医療費  の統計-48 国民医療費の推移 年度国民医療費の概況について国民医療費の推移国民医療費の推移2010年 国民医療費・対


★リンクテーブル★
国試過去問107E001」「102B008」「101C049」「095A010」「106G012」「097G006」「103H014」「100G011
リンク元高齢者」「後期高齢者医療制度」「国内総生産」「国民総生産」「保険料
関連記事医療費」「医療」「国民

107E001」

  [★]

  • 我が国の医療福祉の現状について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107D060]←[国試_107]→[107E002

102B008」

  [★]

  • 国民医療費について正しいのはどれか。
  • a. 正常分娩に要する費用を含む。
  • b. 国民所得に対する割合は10%を超える。
  • c. 疾病分類別一般診療医療費では循環器系疾患が最も多い。
  • d. 年齢別1人当たり医療費は65歳以上が65歳未満の約2倍である。
  • e. 財源別では「保険料」、「公費」および「患者負担」の中で「公費」が最も多い。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B007]←[国試_102]→[102B009

101C049」

  [★]

  • 日本とアメリカ、ドイツ、フランスおよびイギリスとの国際比較で、日本について正しいのはどれか。
  • a. 平均在院日数が最短
  • b. 人口1,000人当たりの病床数が最少
  • c. 国内総生産 GDPに対する国民医療費が最大
  • d. 自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)が最高
  • e. 高齢化率(65歳以上人口の総人口に対する比率)が最低
[正答]


※国試ナビ4※ 101C048]←[国試_101]→[101C050

095A010」

  [★]

  • 最近の国民医療費について正しいのはどれか。
  • a. 国民所得の15%を超えている。
  • b. 約50%は保険料で負担されている。
  • c. 病院医療費より診療所医療費の方が多い。
  • d. 一般診療医療費の疾患別構成割合では新生物が最大である。
  • e. 一般診療医療費の年齢階級別構成割合では65歳以上が約20%を占める。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A009]←[国試_095]→[095A011

106G012」

  [★]

  • 我が国の医療費について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G011]←[国試_106]→[106G013

097G006」

  [★]

  • 我が国の国民医療費で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G005]←[国試_097]→[097G007

103H014」

  [★]

  • 我が国の国民医療費で正しいのはどれか。
  • a. 年間50兆円を超える。
  • b. 国民健康保険で給付される。
  • c. 介護保険の費用も含まれる。
  • d. 公費負担は50%以下である。
  • e. 対GDP比はOECD諸国の中で上位にある。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H013]←[国試_103]→[103H015

100G011」

  [★]

  • 我が国の国民医療費に含まれるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G010]←[国試_100]→[100G012

高齢者」

  [★]

elderlyaged
老化加齢初老老齢年輩高齢老人老齢者老年者高年齢

定義

  • 国連の世界保健機関による定義:高齢者とは65歳以上。前期高齢者とは65歳以上74歳未満。後期高齢者とは75歳以上。末期高齢者とは85歳以上。

特徴

  • 精神:人格変化(柔軟性の低下、自発性の低下、感情の制御困難(涙もろい、怒りっぽい)、社会的引きこもり)。若い頃の性格が先鋭化。
  • 神経:反射低下
  • 呼吸:残気量増加、肺活量低下、分時換気量低下、最大酸素摂取量低下  ← 呼吸数は不変
[show details]
  • 心臓:一回心拍出量減少
  • 血管
  • 収縮期血圧上昇
  • 消化器:吸収機能低下、食欲低下、便秘
  • 肝臓:肝機能低下
  • 薬物代謝のI相(加水分解、酸化、還元)の機能低下
  • 腎臓:糸球体濾過量減少
  • 骨:骨塩量減少
  • 筋肉:筋力低下
  • 関節:可動域低下(拘縮)、変形
  • 水分量:細胞外液細胞内液減少 → 脱水になりやすい
  • 血液
  • 脂質増加
  • BUN増加 ← 腎機能低下を反映
  • 血清Cr増加 ← 腎機能低下を反映
  • 内分泌

高齢者と医療

SUB12.
  • 年齢階級別国民医療費(H20)「国民医療費」:65歳以上が54.6%と半数以上を占める。
  • 年齢階級別一人あたり国民医療費(H20)「国民医療費」:65歳以上67万円、75歳以上83万円 ⇔ それ以外の年齢階級はは10-25万円
  • 傷病別・年齢階級別一般診療医療費の割合(H20)「国民医療費」:65歳以上では循環器疾患(27.1%)が最も多く、新生物(13.1%)がこれに次ぐ。
  • 疾病別外来・入院受診率「患者調査」:(外来)循環器系疾患(高血圧性疾患)。(入院)循環器疾患(脳血管疾患)
  • 年齢階級別死因順位(H21)「人口動態統計」:(65~89歳)①悪性新生物、②心疾患。(89~99歳)①心疾患、②肺炎
  • 医療保険制度:後期高齢者医療制度:65-74歳で一定の障害がある者と75歳以上を対象とする。各都道府県の全市町村が加入する広域連合が保険者。財源は公費(5割)、支援(4割)、保険料(1割)
  • 介護保険制度:65歳以上(第1号被保険者)と40-64歳(第2号被保険者)が対象となる。市町村が保険者。財源は公費(5割。国20%、調節交付金5%、都道府県12.5%、市町村12.5%)、保険料(第1号被保険者20%、第2号被保険者30%)





後期高齢者医療制度」

  [★]

高齢者の医療の確保に関する法律(高齢者医療確保法)
  • 75歳以上の高齢者を対象とした医療制度。
  • 2008年度に導入。
  • 根拠法:高齢者の医療の確保に関する法律(高齢者医療確保法)
  • 運営主体:都道府県の区域ごとに当該区域内のすべての市町村が加入する広域連合(=後期高齢者医療広域連合)
  • 財源:高齢者の医療費の5割を税金、4割を現役の支援金、1割を高齢者自身の保険料でまかなう。  ⇔ 通常の医療保険では公費医療の対象とならない場合は保険料のみでまかなわれる。総じて国民医療費は保険料が48.8%、公費37.1%、患者負担(14.1%)(SUB12.102)
  • 対象:
  • 1. 75歳以上の後期高齢者
  • 2. 65-74歳で一定の障害状態にあると後期高齢者医療広域連合が認定した者
  • 患者負担:1割。一定以上の所得者は3割
  • 所得の低い高齢者が支払う保険料の急増や、年金からの天引きによる保険料の徴収などが批判を浴びた。

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E6%9C%9F%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%88%B6%E5%BA%A6

国内総生産」

  [★]

gross domestic product, GDP

定義

  • 全国民の収入(減価償却費や間接税を引く前、補助金を足す前)
国民総生産 = 総生産額(全国民が生産・販売の過程で受け取った金額の和) - 中間生産物
国内総生産 = 国民総生産 - 海外からの所得移転

国内総生産と国民医療費

  • 国内総生産 GDPに対して国民医療費が占める割合は他の先進国と比べて平均より低い。


国民総生産」

  [★]

gross national product, GNP
国民所得
  • 医療費の国際比較に用いられる。一方、国内の統計資料では国民医療費国民所得に対する割合として表現される。

保険料」

  [★]

insurance premium
  • 国民医療費保険料は48.8%と約半分を占め、公費は37.1%、その他(自費、原因者)は14.2%である(平成20年度)


医療費」

  [★]

health care cost
国民医療費


外科系学会社会保険委員会連合ホームページ - 日本の医療費について2006年9月現在 31兆円

[display]http://www.gaihoren.jp/gaihoren/public/medicalcost/html/index.html

医療費増加の要因

[1]
  • 医療費増加というとき医療費総額を指すのかと個々の疾病で必要となる医療費を指すのか分けて考える必要がある。医療費増加の要因として人口の高齢化や医療技術の進歩・普及などの議論が多いが、医療需要の誘発喚起、投資回収、医療費抑制対策など医療サービス提供側の要因も無視できない。

医療費増加に対する考察

  • 限られた財源のなかで、医療費をいかに確保すべきかは今後しばらくは重要な政策課題であろう。
  • 増加し続ける医療費に対する処方箋としてこれまで、医療費の削減が推し進められてきた。
  • 逆に、医療費に充填できる財源を増やすことに眼を向けても良いのではないだろうか。
  • 最近、医療ツーリズムが脚光を浴びている。
  • 新しい産業の一つとして推進すべきだと考えられる。
  • 一方で、日医があげている問題点として、医療の平等が崩れる、混合診療の全面解禁を後押しするなどがある。
  • これらの問題点の検討については、追って検討することとするが、もはや医療ツーリズムは押しとどめることのできない段階にさしかかっていると考えられる。
2010/07/03 01:20(sak)

医療ツーリズム関連の記事

  • 経産省、医療ツーリズム事業化へ検討着手
  • 経済産業省は診療目的で来日する外国人を視野に入れた、医療ツーリズムの事業化に向け検討を開始する。日本の医療は費用対効果が大きく、技術水準も高い。また、食生活などに対する国際的な関心も強まっていることから、観光や伝統文化などと連動させれば、モノづくり以外の分野での国際貢献と国内におけるサービス関連産業の活性化につながると判断した。同省は実証調査も予定しており、事業化に伴う問題点や課題などを把握する考えだ。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0821&f=business_0821_123.shtml
  • 企業関与の医療ツーリズムに反対-日医
  • 日本医師会は2010年6月9日、公的な医療保険の給付範囲を縮小させる恐れがあるとして、営利企業が関与する組織的な医療ツーリズムや混合診療の全面解禁に反対する声明を出した。
https://www.cabrain.net/news
  • 「訪日医療ツーリズム推進チーム」新設―日本旅行
  • 旅行会社大手の日本旅行(東京都港区)は2010年7月1日、国内外での医療ツーリズムへのニーズの高まりを受けて、日本を訪れる外国人の医療検診旅行を専門的に取り扱う「訪日医療ツーリズム推進チーム」を新設
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/28375.html

参考

  • 1. ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 医療保険データベース > 医療費の動向  厚労省
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/iryou_doukou.html


医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア



国民」

  [★]

citizen
市民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3