固有肝動脈

出典: meddic

proper hepatic artery (N,KH), hepatic artery proper (KL), hepatic artery (KH)
arteria hepatica propria
腹腔動脈




  • 図:N.290
  • N.290をみると、総肝動脈から胃十二指腸動脈、上十二指腸動脈、右胃動脈を分枝し、固有肝動脈となる、ように見える

起始

走行

分布

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PS-083-4 孤立性動脈解離が腹腔動脈幹より総肝動脈,固有肝動脈,右肝動脈,脾動脈起始部におよぶ,巨大解離性総肝,固有肝動脈瘤手術(PS-083 ポスターセッション(83)動脈,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 東山 洋,石井 正之,岡 ゆりか,小松原 隆司,小泉 直樹,上原 徹也,山神 和彦,小柴 孝友,藤本 康二,坂野 茂,山本 正之
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 648, 2011-05-25
  • NAID 110008684885
  • 固有肝動脈・総肝動脈の損傷 (特集 胃手術における術中トラブル--その対処法と予防策)
  • 遠藤 和也,掛地 吉弘,小西 晃造 [他]
  • 手術 62(10), 1375-1379, 2008-09
  • NAID 40016234608

関連リンク

「固有肝動脈」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「固有肝動脈」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! ... 解剖学 肝門について質問です。 固有肝動脈 は栄養血管、肝門脈は機能血管と習... 解剖学 肝門について質問 ...
機能血管と栄養血管について 一般に臓器には栄養する動脈が入り、使用した血液は静脈となって臓器を去ります。この場合栄養血管は区別されても、機能血管は区別されません。人体の器官でこの両者の区別があるのは肺と肝です。
肝臓は固有肝動脈(栄養血管)で栄養されており、また門脈(機能血管)によって運ばれてくる栄養を受け取る。 肝臓を流れる血液のうち 1/5 は固有肝動脈からのもの、4/5は門脈からのものである。 門脈は多くの消化管などから 流入 ...

関連画像

1205630130_1.png腹腔動脈分岐型のAdachi分類(6型 名称付きイラスト肝動脈】画像所見動脈: 腹腔動脈, 脾動脈, 固有肝


★リンクテーブル★
先読み腹腔動脈」「hepatic artery
リンク元解剖学」「総肝動脈」「胆嚢動脈
関連記事固有」「肝動脈」「動脈

腹腔動脈」

  [★]

celiac trunk (M,N,KH,KL,KA), celiac artery (Z)
  • 図:KL.404

由来

走行

腹腔動脈 腹大動脈で横隔
膜の大動脈裂孔
のすぐ遠位
ただちに分かれて,左胃動脈,脾動脈,総肝動脈となる 食道,胃,十二指腸(胆管よりも近位部),肝臓,胆汁路,膵臓
左胃動脈 腹腔動脈 後腹膜を上行して食道裂孔に至り,そこで肝胃間膜の2葉のあいだを通る 食道の遠位部と胃の小窩
脾動脈 腹腔動脈 後腹膜を膵臓の上緑に沿って走り,それから脾腎ヒダの2葉のあいだを脾門まで走る 膵体,脾臓,胃の大網
左胃大網動脈 脾動脈で脾門の近く 胃脾間膜の葉のあいだを通り,胃の大雪に向かう 胃の大考の左側
短胃動脈 脾動脈で脾門の近く 胃脾間膜の葉のあいだを通り,胃底に向かう 胃底
肝動脈 腹腔動脈 後腹膜を走って肝十二指腸間膜に至り,その葉のあいだを走って関門に達し,2本に分かれて右および左肝動脈となる 肝臓,胆嚢,胃,膵臓,十二指腸,肝臓の各葉
胆嚢動脈 右肝動脈 肝十二指腸問膜の中で起こる 胆嚢と胆管
右胃動脈 肝動脈 肝胃間膜の葉のあいだを走る 胃の小琴の右側
胃十二指腸動脈 肝動脈 後腹膜を下行し,胃十二指腸境界の後方を通る 胃,膵臓,十二指腸の第1部,胆管の遠位部
右胃大網動脈 胃十二指腸動脈 大網の葉のあいだを走り,胃の大雪に至る 胃の大雪の右側
前上膵十二指腸動脈および後上膵十二指腸動脈 胃十二指腸動脈 膵頭を下行する 十二指腸の近位部と膵頭
前下膵十二指腸動脈および後下膵十二指腸動脈 上腸間膜動脈 後腹膜で膵頭を上行する 十二指腸の遠位部と膵頭





Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



hepatic artery」

  [★]

総肝動脈肝動脈

common hepatic artery


解剖学」

  [★]

anatomy
anatomia
体表解剖学臨床解剖学神経解剖学比較解剖学

系統解剖

運動

筋肉

部位ごとの分類

関節ごとの分類

筋の付着部

神経

部位別

上肢

体幹

下肢

下肢の皮神経

名称
陰部大腿神経大腿枝
外側大腿皮神経
大腿神経前皮枝
閉鎖神経皮枝
伏在神経
浅腓骨神経
深腓骨神経
上殿皮神経
中殿皮神経
下殿皮神経
大腿皮枝の枝
後大腿皮神経の終末枝
内側腓腹皮神経
外側腓腹皮神経
腓腹神経
外側足背皮神経

脳幹の神経解剖

血管

臓器に分布する血管

臓器 栄養血管 機能血管
動脈 静脈 動脈 静脈
食道        
       
小腸 上腸間膜動脈 上腸間膜静脈門脈    
大腸 上・下腸間膜動脈 上・下腸間膜静脈門脈    
肝臓 固有肝動脈 肝静脈下大静脈    
胆嚢 胆嚢動脈 胆嚢静脈    
膵臓        
気管        
気管支動脈 気管支静脈 肺静脈 肺動脈幹肺動脈
腎臓        
尿管        
膀胱        
脾臓 脾動脈 脾静脈    
精巣 精巣動脈 蔓状静脈叢    
卵巣 卵巣動脈 蔓状静脈叢卵巣静脈    

各体部位に分布する血管

  • 頭部
頚部



総肝動脈」

  [★]

common hepatic artery (N)
arteria hepatica communis
[[]]
  • 図:N.290-292

由来

走行



胆嚢動脈」

  [★]

cystic artery (KH)
arteria cystica
腹腔動脈胆嚢
  • 図:N.285,290
  • 胆嚢に分布する動脈の一つ

由来

  • 固有肝動脈の右枝 = 右肝動脈 = 固有肝動脈右枝

走行

臨床関連

  • 胆嚢摘出時に胆嚢動脈を結紮するが、誤って右肝動脈を結紮すると肝臓が壊死する危険がある。



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


固有」

  [★]

inherentintrinsicproperendemicinherently
妥当適切適当内因性内因的内在性本質的本来もっとも適した地方内在的


肝動脈」

  [★]

hepatic artery (Z)
腹腔動脈
  • M.161で言う肝動脈とはN.290の固有肝動脈に相当する


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3