嚥下機能検査

出典: meddic

test of swallowing
  • 嚥下内視鏡検査 VE
  • 嚥下造影検査 VF

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 基調講演 嚥下障害のメカニズムと対策 (シンポジウム 嚥下障害のメカニズムと対策)

関連リンク

VF検査は嚥下機能検査法の中でも信頼性の高い方法ですが、X線被曝の観点から長 時間の撮影や繰り返しの評価を行うことは ... 本検査を行う為に、検査者は解剖学的 構造と嚥下障害の機序に関する知識のほか、代償方法や嚥下機能賦活法の知識と 排出の ...
③機能検査 ↓, RSST : 誤嚥スクリーニング. テストフード検査摂食 ↓, :咀嚼・嚥下 状態,食物の残留状態(食塊形成不全・食物移送不全). ④摂食時の評価, テーブル・ 椅子(高さ・位置) 姿勢 :体幹の安定性,頸部の角度,股関節の角度,膝関節の角度 ...

関連画像

嚥下機能を検査する阿部医長内視鏡下嚥下機能検査(VE 嚥下機能検査 細径内視鏡による嚥下機能評価嚥下機能検査嚥下機能検査


★リンクテーブル★
先読みVF
国試過去問100H038」「100H016
関連記事嚥下」「機能」「検査

VF」

  [★] 心室細動 ventricular fibrillation


100H038」

  [★]

  • 55歳の男性。高熱、咽頭痛および軽度の呼吸困難を主訴に来院した。2日前から発熱と咽頭痛とがあった。昨夜から咽頭痛が増悪し、39℃台の発熱を認め、物が飲み込みにくくなり、徐々に息苦しさが出現した。寝ると息苦しさが増強する。声は含み声である。咽頭粘膜に軽度の発赤を認める。口蓋扁桃に著変はない。心音と呼吸音とに異常はない。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. インフルエンザ検査
  • b. 呼吸機能検査
  • c. 嚥下機能検査
  • d. 喉頭ファイバースコープ
  • e. 胸部単純CT
[正答]
※国試ナビ4※ 100H037]←[国試_100]→[100H039

100H016」

  [★]

  • 58歳の男性。食後の胸やけと夜間の胃液の逆流とを主訴に来院した。3年前から同様の症状があり、近医で制酸薬の投与を受けていたが、服薬中断で容易に症状が再発している。
  • 内視鏡検査のほかに、病態診断のために行う検査はどれか。
  • a. 唾液分泌検査
  • b. 嚥下機能検査
  • c. 食道pHモニタリング
  • d. 胃運動機能検査
  • e. ICG試験
[正答]


※国試ナビ4※ 100H015]←[国試_100]→[100H017

嚥下」

  [★]

swallowing, deglution (SP)
deglutitio
飲み込み
嚥下反射


  • 嚥下の第1相は随意的
  • 嚥下の第2,3相は多シナプス反射により起こる。
  • 多シナプス反射
  • 嚥下の中枢は延髄

嚥下の相 (also see SP.719)

  • 1. 口腔相(第1期) 随意的
  • 2. 咽頭相(第2期) 反射
  • 食塊→咽頭壁、軟口蓋刺激→延髄嚥下中枢による反射
  • 咽頭相中、呼吸停止(嚥下性無呼吸)
開口部  閉鎖する構造 
鼻腔   舌      
口腔   軟口蓋    
気道   喉頭蓋    
咽頭   -
  • 3. 食道相(第3期) 反射

食道括約筋 (also see SP.720)

  • 下部食道2/3を占める平滑筋
  • LESは収縮し、胃からの逆流を防ぐ
  • 迷走神経支配(背側運動核、アセチルコリン作動性)
Auerbach神経叢の節後ニューロン(アセチルコリン作動性(興奮性)、NO,VIP作動性(抑制性))

臨床関連

  • 腹圧↑→胃が胸腔内に嵌入→
  • 食道下部のAuerbach神経叢細胞の消失および変性→食道下部の蠕動(-)、LESの反射性弛緩(-)→口側食道の拡張→嚥下障害、無胆汁性嘔吐、逆流性食道炎



機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡