嚢胞状リンパ管腫

出典: meddic

cystic lymphangioma
cystic hygroma嚢胞性リンパ管腫
嚢腫滑液嚢水腫ヒグローマリンパ管腫リンパ管奇形
[show details]

部位

  • 頚部・腋窩の皮下

形状

  • 境界不明瞭な嚢胞状の柔らかな腫瘍

写真


嚢胞状リンパ管腫らしい


参考

  • リンパ管腫
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/y/y9g.htm
  • lymphangioma
[display]http://www.manual-of-surgery.com/content/0083-Diseases-of-Lymph-Vessels.html
  • lymphangioma
[display]http://www.sonoworld.com/fetus/page.aspx?id=199




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 炎症を伴い, 多房性中皮腫との鑑別が困難であった腹膜嚢胞状リンパ管腫の1例
  • 内野 かおり,増田 渉,和仁 洋治,津嘉山 朝達,能登原 憲司
  • 診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology 27(2), 165-167, 2010-04-30
  • NAID 10026431282
  • 嚢腫内出血により急性腹症で発症した大網リンパ管腫の1例-術前動脈塞栓術が有効であった1例-
  • 吉田 拓哉,中田 哲夫 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 85(1), 9-14, 2010-03-25
  • … 病理組織学的所見は嚢胞状リンパ管腫であった. …
  • NAID 110007590125
  • 症例報告 左鼠径部に生じた後天性嚢胞状リンパ管腫の1例
  • 西本 和代,舩越 建,橋本 玲奈 [他]
  • 臨床皮膚科 64(4), 315-318, 2010-04
  • NAID 40017037826

関連リンク

リンパ管腫は先天的なリンパ管の形成異常で医学用語では過誤腫(*)といいます。 これ以上増殖したり、転移したりすることはありません。 形状には2種類あります。嚢胞 状という袋状になったものと、海綿状というスポンジ状になったものです。どちらも中に ...
リンパ管腫は炎症を起こした後、小さくなることがあります。そこで、一種の免疫賦活剤を 腫瘤部分に局所注射し、人為的に炎症を起こし、免疫担当細胞活性化してやるわけです 。 構造的に嚢胞状リンパ管腫には比較的よく効き、海綿状では効果があがらない ...

関連画像

のCTの結果、『嚢胞状リンパ管 頭頸部の嚢胞胞性疾患に対する


★リンクテーブル★
先読み嚢腫」「滑液嚢水腫」「ヒグローマ」「cystic lymphangioma
国試過去問079C037
リンク元リンパ管奇形」「嚢胞性リンパ管腫
関連記事嚢胞」「リン」「リンパ管腫」「」「リンパ

嚢腫」

  [★]

cystoma
嚢胞性腫瘍 cystic tumor
シスト嚢胞被覆体水滑性嚢腫嚢胞性リンパ管腫水滑性嚢胞滑液嚢水腫、腫瘍性嚢胞



滑液嚢水腫」

  [★]

hygroma
嚢腫嚢胞性リンパ管腫嚢水腫ヒグローマ


ヒグローマ」

  [★]

hygroma
hygrome
水滑液嚢症 hygroid cyst



cystic lymphangioma」

  [★] 嚢胞性リンパ管腫


079C037」

  [★]

  • 正しいのはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]

リンパ管奇形」

  [★]

リンパ管腫
  • 以前はリンパ管腫と呼ばれていた物
  • 形態的に分類される。

分類

SPE.569


嚢胞性リンパ管腫」

  [★] 嚢胞状リンパ管腫


嚢胞」

  [★]

cyst

概念

  • 内腔に液体や泥状物を含む袋状の構造物をいう。
  • 上皮細胞に囲まれた体内にできた異常な腔で、水や泥状の物を含む

種類

総胆管嚢胞胆管嚢胞内膜症性嚢胞出血嚢胞前立腺小室嚢胞単純腎嚢胞卵巣内膜症性嚢胞卵巣嚢胞性腺腫卵巣嚢胞腺腫卵巣機能性嚢胞外傷後嚢胞多嚢胞症多発嚢胞性腎多発性嚢胞射精管嚢胞汎発性嚢胞状線維性骨炎深在嚢胞性大腸炎肝嚢胞腺癌腸管気腫性嚢胞症膵嚢胞性病変虫垂粘液嚢胞腹膜軟骨下嚢胞先天性肺嚢胞症単独嚢胞腎Nabothian嚢胞ミュラー管嚢胞膵嚢胞性腺癌先天性総胆管嚢胞寄生虫性嚢胞巨大嚢胞嚢胞体血液嚢胞嚢胞性膵疾患多発性肝嚢胞漿液性嚢胞腫瘍多嚢胞化萎縮腎後天性嚢胞性腎疾患成人型多発性嚢胞腎胸膜下肺胞性肺嚢胞、腎嚢胞性疾患の鑑別、線維嚢胞性変化乳頭状嚢胞腺腫孤立性腎嚢胞、肺嚢胞、鰓原性嚢胞膵嚢胞症ナボット嚢胞甲状舌管嚢胞単純性腎嚢胞

産婦人科



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リンパ管腫」

  [★]

lymphangioma
嚢胞状リンパ管腫

概念

  • リンパ管の過誤腫的な先天異常、リンパ液の持続的うっ滞、腫瘍性の増殖などによって生じる疾患
  • リンパ管の腫瘍的増殖ではなく先天的なリンパ管の奇形という理解になっている。

分類

治療

  • 外科的切除




腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡