喉頭横隔膜

出典: meddic

laryngeal web


臨床関連

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 声門下狭窄を伴った先天性喉頭横隔膜症の1例
  • 松山 洋,正道 隆介,山崎 恵介,渡辺 順,富田 雅彦,佐藤 克郎,髙橋 姿,久 育男
  • 頭頸部外科 22(3), 311-316, 2012
  • … 声門下狭窄を伴った先天性喉頭横隔膜症に対し,良好な治療経過を経た1例を報告する。 … ファイバースコピーにて喉頭横隔膜症と診断され,呼吸状態が安定しないため気管切開術を施行した。 … 1歳10か月で直達喉頭鏡を施行し,喉頭横隔膜症に声門下狭窄を合併していることが分かった。 …
  • NAID 130003373789
  • 予期せぬ挿管困難--無症状の先天性喉頭横隔膜症の1症例
  • 永川 敦士,平林 由広,瀬尾 憲正
  • 麻酔 60(10), 1211-1213, 2011-10
  • NAID 40019005183
  • 喉頭横隔膜症を合併した小児症例のアデノイド・口蓋扁桃摘出術に対する麻酔管理

関連リンク

[mixi]言語聴覚士 喉頭横隔膜症の発声訓練について はじめまして。この場をお借りして皆様のご意見・ご鞭撻を頂きたいとおもいます。 先天性の喉頭横隔膜症の診断で受診されている方がいます。小さいころにストロボス ...
〒250-0872 小田原市中里72-1 tel+fax:0465-27-3325 ゆげ耳鼻咽喉科 鴨宮より中里へ移転しました ... 喉頭横隔膜症 主に喉頭前連合部に膜様組織を認めるもので、先天性と後天性があります。 先天性の場合、泣き声の異常や呼吸困難 ...
喉頭横隔膜 症(こうとうおうかくまくしょう) 声帯の間に鳥の水かきのような膜がある。 声門下狭窄(せいもんかきょうさく) 声帯の下の部分が狭い 。 [治療] 頸部(けいぶ)のX線検査と、鼻から入れる喉頭ファイバースコープ検査 ...

関連画像

喉頭癌 先天性喉頭横隔膜症喉頭癌 先天性喉頭横隔膜症 、心臓、横隔膜、喉頭模型 HS7正常声帯静止画像


★リンクテーブル★
拡張検索先天性喉頭横隔膜症」「後天性喉頭横隔膜症
関連記事喉頭」「横隔膜」「」「隔膜

先天性喉頭横隔膜症」

  [★]

congenital laryngeal web
喉頭横隔膜



後天性喉頭横隔膜症」

  [★]

acquired laryngeal diaphragma


喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


隔膜」

  [★]

diaphragma
横隔膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡