呻吟

出典: meddic

しんぎん
grunting, moaning
うめき
呼気性呻吟喉音発生


  • 新生児で呼吸不全の際のうめき声
  • 呼気時に短く低い音として聴取され、小さな鳴き声と間違えられることがある。
  • 声門が部分的に閉鎖した状態で呼気をした場合に生じる。
  • 自己でPEEPをかけ(呼気時の気道内圧を陽圧に維持し)て末梢気道や肺胞嚢の開存を維持するためになされるとされる。
  • 原因
  • 肺疾患:肺炎、肺挫傷、急性呼吸窮迫症候群
  • 心疾患:鬱血心不全による肺水腫
  • 腹部疾患:疼痛に伴う反応(腸閉塞、内造船工、虫垂炎、腹膜炎)


  • 陥没呼吸、呻吟
  • 陥没呼吸、最後に呻吟


和文文献

  • 太宰治における仮想現実と仮面的適応
  • 齋藤 繁
  • 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要 (10), 29-41, 2010-03-15
  • … 自ら世を去った直接の契機は、現実と仮想現実の狭間で呻吟し、なおまた長期にわたる労苦の累積からの消耗症の発症にあったと推論した。 …
  • NAID 120002777620
  • 石田波郷とその時代(18)韻文精神、戦場に呻吟

関連リンク

デジタル大辞泉 呻吟の用語解説 - [名](スル)苦しんでうめくこと。「病床に―する」「小説の書き出しに―する」 ... ... 2件の用語解説(呻吟で検索) Tweet デジタル大辞泉 の解説 しん‐ぎん 【 × 呻吟】 [名](スル)苦しんでうめくこと。
しんぎん。 ①苦しんで呻くこと。また、その音。 ②声門を閉めて息を吐く、呼気時の呻き。胸腔内を陽圧に保って、肺が虚脱するのを防ごうとする呼吸。主に新生児の呼吸障害において生じる。 【新生児の呼吸障害】
呻吟(しんぎん)とは病気で苦しみながら、うめく声である。論語ほど有名ではないが、一部の人には、熱心に読み継がれてきた中国の古典に、呻吟語がある。人としてどのように生きるか思い悩む、それでも前向きに進もうとするときに ...

関連画像

呻吟 性爱分享到呻吟語清新的呻吟呻吟or私房话 爱爱时不可避免的 挪威的呻吟kuroshitsuji_1.jpg


★リンクテーブル★
国試過去問107E043」「106B048」「101C019
リンク元呼吸窮迫症候群」「新生児一過性多呼吸」「moaning」「grunting」「喉音発生
拡張検索呼気性呻吟

107E043」

  [★]

  • 生後2時間の新生児。在胎39週4日、出生時体重は3,056gである。出生5分後のApgarスコアは10点。体動は良好、泣き声も大きく身体所見に異常を認めない。
  • この児に認められる呼吸はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E042]←[国試_107]→[107E044

106B048」

  [★]

  • 生後16時間の新生児。在胎28週0日、体重1,220gで出生した。 Apgarスコア7点(1分)、 8点(5分)。多呼吸とチアノーゼとをきたしている。
  • 他に認められる可能性が高いのはどれか。 3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B047]←[国試_106]→[106B049

101C019」

  [★]

  • 新生児の呼吸困難を表す症候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C018]←[国試_101]→[101C020

呼吸窮迫症候群」

  [★]

respiratory distress syndrome, RDS
呼吸促迫症候群
新生児呼吸窮迫症候群 infantile neonatal respiratory distress syndrome, IRDS
[[]]


概念

  • 出産直後から進行性の呼吸不全を起こす代表的疾患。
  • 胎児の未熟性(在胎34未満)による肺サーファクタントの産生障害により、肺胞の虚脱および硝子膜形成に基づく換気障害である。肺胞の拡張不全によりアシドーシスを来たし、肺血管の収縮により低酸素血症が悪化する。また、アシドーシス・肺血流減少、肺サーファクタント不足により肺胞上皮が障害をうけ、透過性の亢進により肺硝子膜が形成される。結果として呼吸不全となる。(SPE.99 NGY.503)

疫学

症状

1-4が呼吸窮迫症候群の四徴とされる

検査

胸部単純X線写真

SPE.101
Bomsel分類:I~IV度で判定。IV度は真っ白で無気肺が認められる
  • 肺胞の拡張不全
  • 網状顆粒状陰影:空気の入っていない肺胞が黒く見える
  • 気管支透亮像
  • すりガラス状陰影
呼吸窮迫症候群 肺胞の拡張不全、網状顆粒状陰影、気管支透亮像、すりガラス状陰影
一過性多呼吸 肺野全体の透亮像低下(呼吸窮迫症候群より軽度)、肺尖部の高透過性
胎便吸引症候群 胎便による全肺野の炎症像(斑状、まだら状の不透亮像)

肺サーファクタント

診断

  • 臨床症状
  • 胸部X線

治療





新生児一過性多呼吸」

  [★]

transient tachypnea of the newborn, TTN
新生児一過性頻呼吸

病因

  • 肺胞水の吸収遅延
  • 通常、分娩により羊水の産生が低下する。正常例では生後30分に75%の例で羊水の残存が認められるが、6時間後には肺胞より吸収され認められなくなる。

疫学

症状

診断

  • 臨床所見
  • 生後6時間以内に発症し、症状が12時間以上持続する。呼吸数は60回/分以上。
  • 胸部X線像
  • 除外診断となる

検査

  • 胸部X線像
  • wet lung様所見

治療

  • 酸素投与、人工換気療法、気管内洗浄 



moaning」

  [★]

  • n.
  • 呻吟。苦しみうめくこと。


grunting」

  [★]

  • n.


喉音発生」

  [★]

grunting
呻吟

呼気性呻吟」

  [★]

expiratory grunting
呻吟





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡