単純性紫斑

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 単純性紫斑について--広範な色素沈着を伴った症例
  • 斉藤 隆三,増沢 幹男
  • 皮膚科の臨床 21(3), p175-179, 1979-03
  • NAID 40003268137

関連リンク

単純性紫斑。単純性紫斑とはどんな病気か 20代の女性に好発する、四肢とくに下肢の皮膚の表面にできる、しこりのない点状の出血斑です。合併症はありません。春、秋に多く発症する傾向があります。原因は何か 原因は不明です goo ...
単純性紫斑は女性に多い症状で、特に20代の方の皮膚に好発する出血斑です。痛みやかゆみはありませんが、時に色素沈着をして痕が残ることもあるので、女性としては油断できない症状です。春や秋などの穏やかな季節に生じること ...
症状 紫斑病には血管に原因がある場合と血小板の異常によって引き起こされる場合があります。単純性紫斑病(たんじゅんせいしはんびょう)は血管に原因があると考えられており、点状出血斑が下腿に見られ、その大きさは米粒前後 ...

関連画像

紫斑病単純 性 紫斑 老人 性 紫斑 など アレルギー性血管性紫斑病ならない が かなり 紫斑


★リンクテーブル★
国試過去問102E048」「100G082
関連記事単純」「紫斑」「単純性」「

102E048」

  [★]

  • 21歳の女性。繰り返す腹痛皮疹とを主訴に来院した。2週前に感冒様症状が出現し、軽快した後から軽度の腹痛を自覚していた。2、3日前から両下腿に隆起性の皮疹を多数認めていた。意識は清明。体温36.6℃。血圧110/66mmHg。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。尿所見:蛋白1+、糖(-)、潜血1+。血液所見:赤血球425万、Hb12.4g/dl、白血球8,300(桿状核好中球1%、分葉核好中球42%、好酸球30%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球18%)、血小板31万。下腿の写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102E047]←[国試_102]→[102E049

100G082」

  [★]

  • 貧血を伴わないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G081]←[国試_100]→[100G083

単純」

  [★]

simpleplainsimply
単一単一性単純性単味明白平地単に簡素シンプル簡便

紫斑」

  [★]

purpura
紫斑病

紫斑



単純性」

  [★]

simplicitysimple
単一単一性単純単純さ簡素シンプル簡便


斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡