加齢

出典: meddic

aging
高齢者エージングエイジング高齢化年齢老化老齢化熟成






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/30 21:02:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Dr.シラサワの超「抗加齢(アンチエイジング)学」(第86回)ナッツ類で死亡率が低下 食欲を抑えるとの報告も
  • 白澤 卓二
  • 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai (6503), 218, 2014-12-28
  • NAID 40019918070
  • Dr.シラサワの超「抗加齢(アンチエイジング)学」(第100回・最終回)「1日1個のリンゴ」が生活習慣病を予防する
  • 白澤 卓二
  • 週刊東洋経済 = Weekly toyo keizai (6520), 106, 2014-04-12
  • NAID 40020034089
  • 生殖細胞質移植,核置換 : 加齢・遺伝子異常解決への可能性 (第1土曜特集 生殖医学・医療の最前線) -- (生殖医学研究の最前線)

関連リンク

眼抗加齢医学研究会 抗加齢歯科医学研究会 見た目のアンチエイジング研究会 抗加齢内分泌研究会 泌尿器抗加齢医学研究会 抗加齢ウィメンズヘルス研究会 脳心血管抗加齢研究会 運動器抗加齢医学研究会
お知らせ 東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センター東京分室 事務補佐員公募1名 >>詳細 東北大学発のアルツハイマー病タウPET画像が今年度の米国核医学会・分子イメージング学会のImage of the Year Award ...
加齢黄斑(かれいおうはん)ドットコムでは、一般の方に向け、加齢黄斑変性症・黄斑変性症に関する情報を提供しています。 加齢黄斑変性症は、網膜の中心である黄斑の老化で視力が低下してくる病気です。まずは片眼でチェックして ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み年齢
国試過去問098E028」「108I002」「107F003」「106H009」「103C003」「101B070」「105H011
リンク元生活習慣病」「高齢者」「100Cases 48」「aging」「熟成
拡張検索加齢黄斑変性」「加齢性骨粗鬆症

年齢」

  [★]

age, year old
保育園

年齢と幼稚園・保育園、就学

  • 4月1日生まれの場合は一つ下の年齢と同じクラスと考える。

保育園

  • 4月1日に 3歳:3歳児クラス
  • 4月1日に 4歳:4歳児クラス
  • 4月1日に 5歳:5歳児クラス

小学校

  • 4月1日に 6歳:小1
  • 4月1日に 7歳:小2
  • 4月1日に 8歳:小3
  • 4月1日に 9歳:小4
  • 4月1日に10歳:小5
  • 4月1日に11歳:小6

中学校

  • 4月1日に12歳:中1
  • 4月1日に13歳:中2
  • 4月1日に14歳:中3

高校

  • 4月1日に15歳:高1
  • 4月1日に16歳:高2
  • 4月1日に17歳:高3

大学

  • 4月1日に18歳:大1
  • 4月1日に19歳:大2
  • 4月1日に20歳:大3
  • 4月1日に21歳:大4


098E028」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098E027]←[国試_098]→[098E029

108I002」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108I001]←[国試_108]→[108I003

107F003」

  [★]

  • 加齢に伴う心臓の変化で正しいのはどれか。
  • a 心房容積は減少する。
  • b 左室後負荷は減少する。
  • c 左室拡張機能は低下する。
  • d 運動時に左室駆出率の増加が著明になる。
  • e 運動時に到達可能な最大心拍数は増加する。


[正答]


※国試ナビ4※ 107F002]←[国試_107]→[107F004

106H009」

  [★]

  • 成人歩行において、加齢に伴って増大するのはどれか。
  • a 歩幅(左右の足の着地点の縦幅)
  • b 歩隔(左右の足の着地点の横幅)
  • c 腕を振る角度の大きさ
  • d を挙上する高さ
  • e つま先を挙上する高さ


[正答]


※国試ナビ4※ 106H008]←[国試_106]→[106H010

103C003」

  [★]

  • 血圧で正しいのはどれか。
  • a. 起床時が最も低い。
  • b. 運動中は低下する。
  • c. 入浴後に上昇する。
  • d. 加齢とともに上昇する。
  • e. 上肢よりも下肢が低い。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C002]←[国試_103]→[103C004

101B070」

  [★]

  • 眼瞼下垂の原因となるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B069]←[国試_101]→[101B071

105H011」

  [★]

  • 加齢に伴い低下しないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H010]←[国試_105]→[105H012

生活習慣病」

  [★]

lifestyle-related disease


  • 古くは成人病

生活習慣病などのリスクファクター (サブノート.155 改変)

疾患 危険因子 防御因子
悪性腫瘍 胃癌 塩辛い食品、喫煙、くん製製品、ニトロソアミン土壌、腸上皮化生Helicobacter pyroli ビタミンC、野菜、果実
食道癌 喫煙飲酒、熱い飲食物 野菜、果実
結腸癌 高脂肪食、肉食、低い身体活動、腸内細菌叢の変化、遺伝(家族性大腸腺腫症)  
肝癌 HBVキャリア・HCVキャリア、アフラトキシン住血吸虫飲酒  
肺癌 喫煙(特に扁平上皮癌)、大気汚染石綿(扁平上皮癌悪性中皮腫) 野菜、果実
膵癌 高脂肪食喫煙  
口腔癌 喫煙(口唇・舌-パイプ)、ビンロウ樹の実(口腔)、飲酒  
咽頭癌 EBウイルス(上咽頭癌)、飲酒  
喉頭癌 喫煙男性アルコール  
乳癌 高年初産、乳癌の家族歴、肥満、未婚で妊娠回数少ない、無授乳、脂肪の過剰摂取、低年齢初経、高年齢閉経 母乳授乳
子宮頚癌 初交年齢若い、早婚、多産、性交回数が多い(売春)、貧困、不潔]、HSV-2HPV流産、人工妊娠中絶回数が多い  
子宮体癌 肥満糖尿病ピルエストロゲン常用、未婚、妊娠回数少ない、乳癌後のタモキシフエン内服  
膀胱癌 喫煙鎮痛剤乱用、ビルハルツ住血吸虫サッカリン防腐剤  
皮膚癌 日光(紫外線)、ヒ素(Bowen病)  
白血病 放射線ベンゼン、地域集積性(ATL)、ダウン症(小児白血病)  
骨腫瘍 電離放射線  
甲状腺癌 ヨード欠乏または過剰  
バーキットリンパ腫 EBウイルス  
循環器疾患 脳出血 高血圧、重筋肉・夜勤労働、蛋白摂取不足、低アルブミン血症食塩、家族歴、初老期の男、過度の習慣性飲酒、ストレス寒冷  
脳梗塞 高血圧運動不足糖尿病肥満食塩喫煙家族歴加齢高脂血症 有酸素運動
虚血性心疾患 高血圧高脂血症喫煙HDLコレステロール低値、糖尿病肥満、過度の飲酒、運動不足年齢ストレス 適度の飲酒
高血圧疾患 寒冷食塩肥満飲酒カリウム(野菜、果物)の摂取不足、ストレス 減量
2型糖尿病 家族歴肥満脂肪の過剰摂取運動不足喫煙、薬剤(降圧薬etc.)  
肝硬変 HCVHBV、飲酒(多量)  


高齢者」

  [★]

elderlyaged
老化加齢初老老齢年輩高齢老人老齢者老年者高年齢

定義

  • 国連の世界保健機関による定義:高齢者とは65歳以上。前期高齢者とは65歳以上74歳未満。後期高齢者とは75歳以上。末期高齢者とは85歳以上。

特徴

  • 精神:人格変化(柔軟性の低下、自発性の低下、感情の制御困難(涙もろい、怒りっぽい)、社会的引きこもり)。若い頃の性格が先鋭化。
  • 神経:反射低下
  • 呼吸:残気量増加、肺活量低下、分時換気量低下、最大酸素摂取量低下  ← 呼吸数は不変
[show details]
  • 心臓:一回心拍出量減少
  • 血管
  • 収縮期血圧上昇
  • 消化器:吸収機能低下、食欲低下、便秘
  • 肝臓:肝機能低下
  • 薬物代謝のI相(加水分解、酸化、還元)の機能低下
  • 腎臓:糸球体濾過量減少
  • 骨:骨塩量減少
  • 筋肉:筋力低下
  • 関節:可動域低下(拘縮)、変形
  • 水分量:細胞外液細胞内液減少 → 脱水になりやすい
  • 血液
  • 脂質増加
  • BUN増加 ← 腎機能低下を反映
  • 血清Cr増加 ← 腎機能低下を反映
  • 内分泌

高齢者と医療

SUB12.
  • 年齢階級別国民医療費(H20)「国民医療費」:65歳以上が54.6%と半数以上を占める。
  • 年齢階級別一人あたり国民医療費(H20)「国民医療費」:65歳以上67万円、75歳以上83万円 ⇔ それ以外の年齢階級はは10-25万円
  • 傷病別・年齢階級別一般診療医療費の割合(H20)「国民医療費」:65歳以上では循環器疾患(27.1%)が最も多く、新生物(13.1%)がこれに次ぐ。
  • 疾病別外来・入院受診率「患者調査」:(外来)循環器系疾患(高血圧性疾患)。(入院)循環器疾患(脳血管疾患)
  • 年齢階級別死因順位(H21)「人口動態統計」:(65~89歳)①悪性新生物、②心疾患。(89~99歳)①心疾患、②肺炎
  • 医療保険制度:後期高齢者医療制度:65-74歳で一定の障害がある者と75歳以上を対象とする。各都道府県の全市町村が加入する広域連合が保険者。財源は公費(5割)、支援(4割)、保険料(1割)
  • 介護保険制度:65歳以上(第1号被保険者)と40-64歳(第2号被保険者)が対象となる。市町村が保険者。財源は公費(5割。国20%、調節交付金5%、都道府県12.5%、市町村12.5%)、保険料(第1号被保険者20%、第2号被保険者30%)




100Cases 48」

  [★]

44歳 女性
主訴頭痛
現病歴:前年より頭痛が続いていた。頭痛増強してきたたため、当院受診となった。
なお頭痛両側性であり、夜に向かって増悪し、視覚障害、または嘔気は伴わない。その他に食欲減退早朝覚醒を伴う睡眠障害がある。
嗜好歴:喫煙 15/day飲酒 15units/week (350mlの缶ビール 10本)
社会歴:パートタイムのoffice cleaner離婚している。2人の子供(10歳と12歳)の世話をしている。
家族歴:母が脳腫瘍死亡
既往歴皮疹過敏性腸症候群(当時はそれ以外になにも問題なかった)
服用薬:頭痛に対してパラセタモールイブプロフェン
身体所見 examination
全身:引きこもっているように見える(withdrawn)。
脈拍:74/分、整。血圧:118/76 mmHg
システミックレビュー:心血管系呼吸器系消化器系胸部および網内系正常神経学所見正常。眼底所見は正常
Q1. 診断は?
Q2. 鑑別診断は?
Q3. 管理方法は?
■鑑別診断
頭痛 問診:(典型例では)眼症状に続く片側性拍動性頭痛で、悪心嘔吐もあり、数時間持続。家族歴
群発頭痛 問診眼窩激烈な痛み(行動不能になる程度)。
占拠病変による頭痛
その他 
 副鼻腔炎 問診頭重感鼻汁の有無、発熱診察上顎洞前頭洞圧痛触診、扁桃腺視診頚部リンパ触診
 歯牙障害 歯科コンサルト
 頚椎症 加齢による退行性変性を考慮しつつ、頚部の可動制限、疼痛、凝り感を問診単純X線、MRI診断
 緑内障 問診視野検査視力眼圧視野、視神経乳頭形態、隅角検査
 外傷頭痛 外傷既往歴頭皮視診
unit
1 unit = 10 ml of ethanol
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
glossary
withdrawn
 v.
  withdrawのpp.
 adj.
  1.(人が)引きこもった、内にこもった、世間と交わらない
  She looks withdrawn.
  2.人里離れた、遠くにある
  3.(商品などが市場から)回収された
  4.(競争などから)撤退した
reticuloendothelial system
細網内皮系 = 網内系
dental disorder 歯牙障害
bereavement 
 n.
  死別
sneezing


aging」

  [★]

  • v.
  • ageの現在分詞
  • n.
  • 年を取ること、加齢、廊下。経年変化、時間効果、熟成、エージング。
  • adj.
agesenescencesenescentsenilesenility
older adults

WordNet   license wordnet

「the organic process of growing older and showing the effects of increasing age」
ageing, senescence

WordNet   license wordnet

「growing old」
ageing, senescent

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「年をとること / (ワイン・チーズなどの)熟成」

熟成」

  [★]

agingageingage
エージングエイジング加齢高齢化年齢老化老齢化


加齢黄斑変性」

  [★]

age-related macular degeneration, age related macular degeneration, ARMD, AMD
老人性黄斑変性 老人性黄斑変性症 senile macular degeneration老人性円板状黄斑変性 senile disciform macular degeneration加齢黄斑変性加齢黄斑変性症加齢黄斑症加齢性黄斑症加齢性黄斑変性症
黄斑黄斑変性症黄斑疾患
[show details]


概念

  • 加齢に伴って生じる黄斑変性
  • 主として網膜色素上皮細胞、ブルッフ膜、脈絡膜毛細血管板の加齢変化に関係した黄斑変性の総称

疫学

  • 60歳以上の片眼に発生し、70歳までに両眼性となり失明(SOP.147)。
  • 欧米で頻度が高く失明の原因の第一位(3)。日本でも増加傾向(3)。
  • 放置すれば約90%の症例で視力が0.1以下となる (3)
  • (日本)有病率:0.87%。(欧米の半分) (3)
  • (日本)5年間の発症率:0.8%(欧米と同程度) (3)

病型

  • 1. 萎縮型(dry type)   :血管新生なし。網膜色素上皮細胞や脈絡膜毛細血管板の萎縮のみ。
  • 2. 滲出型(exudative type):血管新生あり → これは脈絡膜に由来する ← こちらの方が治療の対象となる(3)。
2. = 老人性円板状黄斑変性症

病因

  • 加齢。脈絡膜新生血管が発生する機序は不明

病態

2. 滲出型

  • 黄斑部の加齢変性に基づいて脈絡膜新生血管, choroidal neovascularization, CNVが発生し、色素上皮状あるいは色素上皮下に伸びて出血・滲出を生じる。
[show details]
  • 新生血管から出血や滲出(網膜。もちろん黄斑にも) → 瘢痕化 → 視力の著明な低下や中心暗点
  • 新生血管から出血・滲出の繰り返視し → 網膜下血腫、硬性白斑、漿液性網膜剥離、網膜色素上皮剥離 → 線維性瘢痕 (3)
[show details]

病理

脈絡膜新生血管分類

  • 脈絡膜神経血管と網膜色素上皮との位置関係で分類
  • 1型:網膜色素上皮下
  • 2型:網膜色素上皮の上に達したもの

症状

検査

フルオレセイン蛍光眼底造影

  • 神経血管からの蛍光漏出を見る(3)。

インドシアニングリーン蛍光眼底造影

  • 本方法は一般的に色素上皮下の新生血管を検出する際に用いられる(3)。
  • 特殊病型のポリープ状脈絡膜血管症と網膜血管腫状増殖の確定診断に有用(3)。

光干渉断層計

  • 新生血管の有無、網膜剥離、上皮剥離の有無を観察 (3)

治療

萎縮型加齢黄斑変性

参考4
有効な治療が確立していない。
  • 生活指導:
  • 禁煙:喫煙は病態の増悪因子
  • 薬物療法:
  • ビタミンA,C,E、およびZnのサプリメント (中等度から重症の患者には病態の進行リスクを下げる作用が見られた)
  • 手術療法:(ドルーゼンを有する高リスク群を対象とした)レーザー治療。有効性については相反する研究結果が出ておりやらない方がよい。

滲出型加齢黄斑変性

  • 1. レーザー光凝固療法 
  • 脈絡膜新生血管が中心窩から離れている場合に利用できる。新生血管全体にレーザー光凝固を行いこれを破壊する。(3)
→ 黄斑部は組織を損傷するので照射できない
  • 2. (欧米)光感受性物質 + レーザー → 光線力学療法
  • 日本における光線力学的療法の治療成績は、欧米のそれより良好(3)
  • 脈絡膜には光感受性物質であるベルテポルフィンが集積しやすい(3)。この物質を静注後、病変に弱いレーザー光を照射することで新生血管を閉塞する(3)。網膜に障害を来すことなく中心窩のCNVを破壊できる(3)。2004年より認可
  • 3. 抗血管新生薬
  • 脈絡膜新生血管の発生にVEGFが重要な役割を果たしている(3)。抗血管新生薬によりCNVを押さえようとする治療が臨床応用されてきている。例えば抗VEGF薬がある
  • 抗VEGF薬:VEGFは血管新生を促進するサイトカインで、増殖糖尿病網膜症や加齢黄斑変性の眼内新生血管の発生にも関与(3)。bevacizumabの硝子体内治療が前述の眼内血管新生性疾患の治療に応用されつつある(3)。日本では保険未収載(2010年現在)。加齢黄斑変性を対象としたpegaptanibranibizumabがある(3)。

予後

  • 萎縮型加齢黄斑変性の患者は5年間で7%が滲出性加齢黄斑変性に移行する (参考4)

参考

  • 1. 加齢黄斑変性症に対する光線力学的療法のガイドライン
http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/karei.pdf
  • 2. 加齢黄斑変性に対するPDT
http://www2.wind.ne.jp/tanakaganka/pdt.htm
  • (3) 現代の眼科学 第10版第1刷 金原出版株式会社 ISBN 9784307351355
  • 4. [charged] Age-related macular degeneration: Treatment and prevention - uptodate [1]
  • 5. 難病情報センター | 加齢黄斑変性 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/228

臨床関連

  • 黄斑下の脈絡膜新生血管は、網膜色素線条症、強度近視、眼ヒストプラスマ症、外相殿脈絡膜破裂などに続発(SOP.149)

国試


加齢性骨粗鬆症」

  [★]

age-related osteoporosis
オステオポローシス、老人性骨粗鬆症加齢性骨減少




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡