劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症

出典: meddic

fulminant group A streptococcal infection
毒素性ショック様症候群 toxic shock-like syndrome TSLS
毒素性ショック症候群


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • C型肝硬変合併肝細胞癌治療中に急速な経過で死亡した劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症(Toxic shock -like syndrome ; TSLS)の1例
  • 福森 一太,中野 聖士,桑木 光太郎 [他]
  • 日本プライマリ・ケア連合学会誌 = an official journal of the Japan Primary Care Association 37(2), 112-115, 2014-06
  • NAID 40020112068
  • 痔瘻術後劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症を発症した1例
  • 村田 将人,萩原 周一,青木 誠,金子 稔,神戸 将彦,大嶋 清宏,Murata Masato,Hagiwara Shuichi,Aoki Makoto,Kaneko Minoru,Kanbe Masahiko,Oshima Kiyohiro
  • The Kitakanto medical journal = 北関東医学 64(2), 171-175, 2014-05-01
  • … 痔瘻の術後に劇症型A 群溶血性連鎖球菌感染症を発症した1例を報告する.症例は33歳,男性.他院での痔瘻の日帰り手術を受けた.術後2日目に40℃の発熱と臀部痛が出現した.近医(他院) 受診し抗菌薬処方されるも, 術後5日の早朝に臀部痛の増強と全身倦怠感悪化から体動困難となり, 近隣2次病院を受診し入院となった. …
  • NAID 120005429871
  • 痔瘻術後劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症を発症した1例
  • 村田 将人,萩原 周一,青木 誠 [他]
  • 北関東医学 64(2), 171-175, 2014-05
  • NAID 40020114675

関連リンク

2002年第46週号(2002年11月11~17日)掲載 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 劇症型溶血性レンサ球菌感染症は突発的に発症し、急速に多臓器不全に進行するA群溶血性レンサ球菌による敗血症性ショック病態である。メデイアなどで ...
(2013年02月08日改訂) 劇症型溶血性レンサ球菌感染症は突発的に発症し、急速に多臓器不全に進行するβ溶血を示すレンサ球菌による敗血症性ショック病態である。メデイアなどで「人食いバクテリア」といった病名で、センセーショナル ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みTSLS」「毒素性ショック症候群」「toxic shock-like syndrome
リンク元毒素性ショック様症候群」「人食いバクテリア症」「fulminant group A streptococcal infection
関連記事溶血」「感染症」「感染」「A」「

TSLS」

  [★] 毒素性ショック様症候群 toxic shock-like syndrome


毒素性ショック症候群」

  [★]

toxic shock syndrome, TSS
TSST-1



toxic shock-like syndrome」

  [★] 毒素性ショック様症候群


毒素性ショック様症候群」

  [★]

toxic shock-like syndrome, TSLS
劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症


人食いバクテリア症」

  [★]

劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症


fulminant group A streptococcal infection」

  [★] 劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症


溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


感染症」

  [★]

infectious disease
感染定着感染症法


  • 病原体から引き起こされる疾患
  • 感染が成立して、宿主に病気が発症した状態
→宿主が病原体を追い出そうとしている状態

新興感染症

再興感染症

地域別の感染症

参考になるリンク

  • 厚生労働省検疫所 - 感染症別情報トップ
  • 厚生労働省検疫所 - 国別感染症情報トップ
http://www.forth.go.jp/tourist/worldinfo/index.html
  • Centers for Disease Control and Prevention
http://www.cdc.gov/


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡