副腎髄質ホルモン

出典: meddic

adrenomedullary hormone, adrenal medullary hormone


  • 副腎髄質で産生・分泌されるカテコールアミン(アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン)、エンケファリンの総称?(SP.899-900)。

以下、アドレナリンノルアドレナリンだけについて記述する。

分類

  • 副腎髄質ホルモン

性状

  • カテコールアミン
    • チロシンから生合成される

産生組織

標的組織

生理作用

  受容体 存在部位 作用
心臓 β1 心臓 心拍数・心収縮・心伝導速度↑
平滑筋 α1 血管、性器、泌尿器の平滑筋 収縮
α1 消化管平滑筋 弛緩
α2 血管平滑筋 収縮
α2 消化管平滑筋? 収縮?
β2 血管、気管支、胃腸、尿路、子宮の平滑筋 弛緩
代謝 α1,β2 肝臓 グリコーゲン分解, 糖新生
β2 骨格筋 グリコーゲン分解, 糖新生
β3 脂肪組織 脂肪分解促進
内分泌 α2 膵臓β細胞 インスリン・グルカゴン分泌↓
β1 腎臓傍糸球体細胞 レニン分泌↑

作用機序

分泌調節

  • 交感神経
    • T5-T9の交感神経節前ニューロン~

ホルモン>:ホルモン


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/27 14:38:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 57.生活習慣病における副腎髄質ホルモン分泌機構の分子メカニズムとその作用機序の解明(第28回産業医科大学学会総会学術講演・展示抄録集)
  • 松岡 秀忠,原田 景太,井上 真澄
  • 産業医科大学雑誌 33(1), 120, 2011-03-01
  • NAID 110008574545
  • Case of Adrenal Incidentaloma with 131I-adosterol Scintigraphy Showing High Uptake Despite No Significant Physical or Endocrinological Abnormalities
  • Ogo Atsushi,Mayoba Yuka,Sakai Yoshiyuki,Hiramatsu Shinsuke,小河 淳,的場 ゆか,坂井 義之,平松 真祐,オゴウ アツシ,マトバ ユカ,サカイ ヨシユキ,ヒラマツ シンスケ
  • 福岡医学雑誌 101(6), 128-131, 2010-06-25
  • … 検査では,コルチゾールは正常な日内リズムで,デキサメサゾン1 mg 抑制試験で十分な抑制を認めた.早朝ACTH値は正常で,CRH負荷試験においても正常な反応がみられた.レニンーアルドステロン系や副腎髄質ホルモンは正常であり,以上から非機能性副腎腺腫と診断した.ところが131I-アドステロールシンチグラフィー検査では患側に陽性所見を認めた.この4年間において腫瘍のサイズを含めてこれらの検査所見に …
  • NAID 120002451552
  • ストレス反応とその脳内機構
  • 尾仲 達史
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 126(3), 170-173, 2005-09-01
  • … キャノンとセリエにより医学の世界にストレスという言葉が持ちこまれた.キャノンは,ストレス刺激に対応した多様な反応が生体におきることとこの反応に交感神経系-副腎髄質ホルモン分泌が必須であることを示した.セリエは,刺激によらず非特異的な反応が生体におきることとこの反応に視床下部-下垂体前葉ACTH-副腎皮質ホルモンが必須であることを示した.近年になり,「ストレス」が多くの疾患の少なくと …
  • NAID 10019595918

関連リンク

副腎髄質は主にホルモンを作り出すクロム親和性細胞によって構成されており、アミノ酸 のチロシンからカテコールアミンの ... また、節前神経線維と節後神経線維の間の シナプスは自律神経節と呼ばれ、実際は副腎髄質は交感神経系の神経節である。
副腎髄質ホルモンとは、腎臓の上に左右一対ある副腎と呼ばれる臓器から分泌される ホルモンのことです。アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3種類があり、3つを 総称してカテコールアミンと呼びます。

関連画像

副腎副腎о(ж> <)y Enjoy!! Organic Life♪ステロイドホルモン  関与するホルモンが作られる副腎3


★リンクテーブル★
リンク元カテコールアミン
関連記事ホルモン」「副腎」「副腎髄質」「腎髄質」「髄質

カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用






ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



副腎」

  [★]

adrenal gland (KH), suprarenal gland (Z)
腎上体



解剖

  • 第一腰椎の高さ

血管(図:N.322)

動脈

静脈

  1. ref(renal_gland_av.png,副腎)


組織

  • 皮質
  • 髄質

機能



副腎髄質」

  [★]

adrenal medulla (Z)
副腎副腎皮質
  • クロム親和性細胞カテコールアミンを合成
  • クロム親和性細胞の顆粒中にはAD:NA=4:1で貯蔵されている(SPC.140)
  • 交感神経節が内分泌器官に分化した組織 (SP.899)
  • 胸髄(T5-T9)から出る交感神経節前ニューロン(大内臓神経の線維)の支配を受ける (SP.899)
adrenal medulla


腎髄質」

  [★]

renal medulla (Z)
medulla renalis
腎臓腎皮質



髄質」

  [★]

medulla (Z)
  • 胸腺の髄質





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡