前負荷

出典: meddic

preload
後負荷心室機能曲線
  • 収縮時長さ張力関係において、筋節長が1.6-2.2μmの生理学範囲内にあるとき、筋節長が長いほど発生張力が大きい。筋節長または筋長、あるいはその長さに引きのばすための負荷を前負荷という(SP.541)
  • 心筋線維の収縮は前負荷に依存する(スターリングの心臓の法則)。
  • 故に、前負荷∝拡張末期容積∝静脈還流量
  • また、静脈還流量は全血流量,血流の分布(体位,胸腔内圧,心膜内圧,静脈緊張度,骨格筋のポンプ機能),左房収縮などの影響を受ける




和文文献

  • 75g糖負荷試験とHbA1cの年齢別解析
  • 高井 孝典,佐倉 宏,岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E184-E188, 2011-03-31
  • 目的:75 g経口糖負荷試験(OGTT)による血糖値の判定基準と、新しい診断基準のひとつに採用されたHbA1c値の判定基準を年齢層別に比較検討した。,方法:糖尿病が疑われて東京女子医科大学病院の糖尿病・代謝内科を受診し、OGTTを施行した7,798名を対象とした。OGTTの判定基準に基づき、正常型(NGT)、境界型(BL)、糖尿病型(DM)に分類した。OGTTの判定基準による分類と、HbA1c値の …
  • NAID 110008441466
  • 左室圧-容積曲線を用いた拡張不全心患者の心機能・血行動態の評価 : 収縮不全心患者との対比(2.心不全における拡張機能障害の病態と治療へのアプローチ,<特集>第73回日本循環器学会学術集会)
  • 藤本 直紀,大西 勝也,伊藤 正明
  • 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 17(2), 217-222, 2009-09-25
  • NAID 110007363295
  • 還元型CoQ10が心理的要素に与える影響
  • 池田 早耶香,豊田 一成
  • 聖泉論叢 17, 127-136, 2009
  • 本研究は,従来サプリメントとして普及してきたCoQ10が精神面などQOLの改善に効果がみられるという文献に着目し,その内容の検証を深めることを目的とした。 具体的にはCoQ10服用前(運動負荷前・負荷後)× CoQ10服用中(運動負荷前・負荷後)×サプリメント(CoQ10・プラセボ)の条件化による心理尺度の変容を分析することであった。 その結果服用によって快感情が高まるし(運動負荷前),運動負荷後 …
  • NAID 110007570230

関連リンク

2007年1月31日 ... 授業で心不全のところで前負荷と後負荷についてやっているんですが理解できません。 。2つの定義など、分かりやすく教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いし...
負荷loadとは、「負荷が大きいほど心臓の仕事量が多くなり、負担が大きくなる」という もので、前負荷preloadと後負荷after load ... 前負荷とは心臓が収縮する直前にかかる 負荷で、拡張期末期の心室容積 ventricular end diastolic volume(VEDV) に代表 され ...

関連画像

心不全スライド5.JPG前負荷と後負荷後負荷前負荷・後負荷新MRテキスト講義用パワー 前負荷


★リンクテーブル★
先読み心室機能曲線
リンク元100Cases 16」「プラゾシン」「抗狭心症薬」「後負荷」「前処置
関連記事負荷

心室機能曲線」

  [★]

ventricular function curve VFC
心室



100Cases 16」

  [★]

☆case16 膝の痛み
glossary
indigestion 消化障害消化不良
症例
80歳 男性
主訴:左膝の痛みと腫脹
現病歴:左膝の痛みを2日前から認めた。膝は発熱腫脹しており、動かすと疼痛を生じる。時々胸焼けと消化不良が見られる。6ヶ月前のhealth checkで、高血圧(172/102mmHg)と血中クレアチニンが高い(正常高値)こと以外正常といわれた。その4週間数回血圧測定したが、高値継続したため、2.5mg bendrofluamethizide(UK)/ベンドロフルメチアジドbendroflumethiazide(US)で治療開始した。最近血圧は138/84 mmHgであった。
喫煙歴:なし。
飲酒歴:一週間に平均4unit。
既往歴股関節中程度(mild)の変形性関節症
家族歴:特記なし
服薬歴アセトアミノフェン(股関節疼痛に対して)
身体所見 examination
 血圧 142/86mmHg体温37.5℃。脈拍88/分。grade 2 hypertensive retinopathy(高血圧症性網膜症)。心血管系呼吸器系検査場異常なし。手にDIPにヘバーデン結節なし。
 左膝が発熱腫脹している。関節内に液、patellar tap陽性。90℃以上膝関節屈曲させると痛みを生じる。右の膝関節正常に見える。
検査 investigation
 生化学白血球増多、ESR上昇、尿素高値グルコース高値
 単純X線:関節間隙やや狭小。それ以外に異常は認めない。
problem list
 #1 左膝の痛み
 #2 胸焼け
 #3 消化不良
 #4 高血圧
 #5 クレアチニン正常高値
 #6 股関節変形性リウマチ
 #7 高血圧性網膜症
■考え方
 ・関節痛鑑別診断を考える。
 ・VINDICATEで考えてみてもよいでしょう。
 ・関節痛頻度としては 外傷慢性疾患(OAなど)>膠原病脊椎疾患悪性腫瘍
関節痛の鑑別疾患
DIF 282
V Vascular 血友病 hemophilia, 壊血病 scurvy, 無菌性骨壊死 aseptic bone necrosis (Osgood-Schlatter diseaseとか)
I Inflammatory 淋疾 gonorrhea, ライム病 lyme disease, 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus, 連鎖球菌 Streptococcus, 結核 tuberculosis, 梅毒 syphilis, 風疹 rubella, 単純ヘルペス herpes simplex, HIV human immunodeficiency virus, サイトメガロウイルス cytomegalovirus
N Neoplastic disorders 骨原性肉腫 osteogenic sarcoma, 巨細胞腫 giant cell tumors
D Degenerative disorders degenerative joint disease or 変形性関節症 osteoarthritis
I Intoxication 痛風 gout (uric acid), 偽痛風 pseudogout (calcium pyrophosphate), ループス症候群 lupus syndrome of hydralazine (Apresoline) and procainamide, gout syndrome of diuretics
C Congenital and acquired malformations bring to mind the joint deformities of tabes dorsalis and syringomyelia and congenital dislocation of the hip. Alkaptonuria is also considered here.
A Autoimmune indicates (多い)関節リウマチ RA (可能性)血清病 serum sickness, 全身性エリテマトーデス lupus erythematosus, リウマチrheumatic fever, ライター症候群 Reiter syndrome, 潰瘍性大腸炎 ulcerative colitis, クローン病=限局性回腸炎 regional ileitis, 乾癬性関節psoriatic arthritis (老人であり得る)リウマチ性多発筋痛症 polymyalgia rheumatica
T Trauma 外傷性滑膜炎 traumatic synovitis, tear or rupture of the collateral or cruciate ligaments, 亜脱臼 subluxation or laceration of the meniscus (semilunar cartilage), 脱臼 dislocation of the joint or patella, a 捻挫 sprain of the joint, and fracture of the bones of the joint.
E Endcrine 先端肥大症 acromegaly, 閉経 menopause, 糖尿病 diabetes mellitus
■答え
 骨格筋系-関節炎-単関節炎-急性単関節
 痛風 尿酸 → 発熱ESR↑、白血球
 偽痛風 ピロリンカルシウム
 高齢女性でチアジド利尿薬の使用により痛風誘発されやすい。特に腎機能低下糖尿病の人はこのリスクが高まる。
■(BSTからの知識「)循環器領域での利尿薬
心不全治療において、循環血漿量を減らし、心臓前負荷軽減する。
利尿薬は高尿酸血症を起こす。(けど、心不全治療において高尿酸血症になったからといって痛風発症している患者はみたことない)
電解質異常を起こしやすいので、血液生化学検査でモニタして注意する。たとえば低Kで不整脈リスクが高まる。
チアジド系の利尿薬血糖を上げるし、尿酸を上げる
長期の使用で腎機能を低下させる
initial plan
 Dx 1. 関節液の吸引関節液の一般検査生化学検査、培養検査
    ・白血球増加していれば急性炎症性であることを示す。
    ・偏光顕微鏡関節液を検鏡する。
     ・尿酸結晶:針状結晶negatively birefringent
     ・ピロリンカルシウム結晶positively birefringent
 Tx 1. 関節液の吸引炎症が軽度改善
   2. NSAIDによる疼痛管理
   3. PPINSAID潰瘍予防するため
   4. ACE inhibitor導入

プラゾシン」

  [★]

prazosin
塩酸プラゾシン prazosin hydrochloride
ミニプレス Minipressダウナット
αアドレナリン受容体遮断薬アドレナリン受容体
GOO. 269.

分類

  • 選択的α1受容体拮抗薬

薬理作用

  • 末梢動脈の拡張→末梢血管抵抗↓→血圧↓(α1受容体遮断による) (SPC.249)
  • 動静脈に働き末梢血管抵抗を減少させ、静脈還流量を低下させる (GOO.269)
  • 心臓の前負荷を減らす。心拍出量と心拍数には影響を与えない (GOO.269)
  • 反射性頻脈が少ない。(他の血管拡張薬では心拍数↑。hydralazine) (GOO.269)
→前負荷減少、選択的α1遮断、さらには中枢神経に働いて、交感神経系の出力を抑制しているのかも (GOO.269)

ミニプレス

  • プラゾシンは高血圧自然発症ラット、腎性高血圧ラット、DOCA高血圧ラットのいずれにおいても優れた降圧作用が認められている。
  • プラゾシンの降圧作用はα受容体を遮断することにより末梢血管を拡張させ、その抵抗を減少させることによるが、従来のα遮断薬と異なり、シナプス後α受容体を選択的に遮断し、シナプス前α受容体にはほとんど作用しない。このためシナプス前α受容体を介するノルアドレナリン放出の負のフィードバック機構を抑制せず、過剰のノルアドレナリン放出をおこさないことがin vitroにおけるウサギ肺動脈の試験で認められている。シナプス後α受容体に対するプラゾシンの選択的な作用は本態性高血圧症患者に反射性頻脈をほとんどきたさないこと、レニン活性に及ぼす影響が少ないこと、長期連用による耐性発現がみられないこと10)などの特性に関連するものと考えられている。

適応

  • 抗高血圧薬として(SPC.249)
  • 前立腺肥大症での排尿障害
  • 腎機能低下例にも適応可能
  • 静脈系の拡張作用を持つので、心臓の前負荷後負荷を軽減し、心不全にも適応可

副作用

老人に多い



抗狭心症薬」

  [★]

antianginal agents, antianginal drug
狭心症

種類

硝酸薬

  • 冠血管スパズム緩解→酸素供給↑
  • 末梢血管拡張→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

特徴

  • 小動脈より静脈を拡張させる → 前負荷の減少
  • 冠血管では、細い動脈より太い動脈を弛緩させる

β遮断薬

  • 心筋抑制→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

Ca拮抗薬

  • 冠血管スパズム緩解→酸素供給↑ (SPC.226)
  • 心筋抑制→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

作用機序

  • 電位依存性型Ca2+チャネルのαサブユニットに作用

その他の冠血管拡張薬

抗狭心症薬の使い分け

  労作時狭心症 安静時狭心症 不安定狭心症
硝酸薬
β遮断薬    
Ca拮抗薬    


後負荷」

  [★]

afterload
前負荷



PHD.232

前負荷 後負荷 収縮力 拡張期容積 拡張期圧 収縮期容積 収縮期圧 一回拍出量

前処置」

  [★]

pretreatmentpretreatpreload
前処理前負荷治療前前投与処置前

負荷」

  [★]

loadchargeload
荷電チャージ電荷荷重帯電負担ロード

循環器

PT.291

前負荷 preload

  • 筋肉の場合
  • 収縮開始時の筋の伸展度
  • 心臓の場合
  • 心室の拡張終期に心室にある血液量、すなわち拡張終期容量(EDV)
  • 前負荷↑
  • 原発性アルドステロン症

後負荷 afterload

  • 筋肉の場合
  • 張力を発揮する対象としての負荷
  • 心臓の場合
  • 心室から血液が駆出される大動脈の圧
  • 後負荷↑
  • 本態性高血圧




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡