前立腺炎

出典: meddic

prostatitis
前立腺

分類

最も多い


前立腺炎のためのNIH分類

分類   症状
I 急性細菌性前立腺炎 発熱、排尿痛、全身倦怠で急激に発症
II 慢性細菌性前立腺炎 Iが慢性化したもの。再発性細菌感染としての症状を認める。
III 慢性非細菌性前立腺炎 頻尿・残尿感、排尿時痛(不快感)、ソケイ部・会陰部・尿道部痛など多彩。
慢性骨盤内疼痛症候群/前立腺関連疼痛症候群
  A 炎症性
B 非炎症性
IV 無症候性炎症性前立腺炎 たまたま採取した前立腺液中に白血球を認めて発見されるなど、偶然発見されることがあるが、現時点では積極的に治療の必要はない。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/08 02:29:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 慢性前立腺炎 (特集 抗菌薬の選択と上手な使い方! : 私の処方箋)
  • 上原 慎也
  • 臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 69(8), 644-650, 2015-07
  • NAID 40020513785
  • 両側腎腫大で発見されたIgG4関連腎臓病
  • 山本 憲男,小金丸 恒夫,松山 豪泰
  • 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology 76(10), 358-364, 2014-10
  • NAID 40020233690
  • その他の公報 日本語版National Institute of Health Chronic Prostatitis Symptom Indexの作成について
  • 髙橋 聡,和田 耕一郎,公文 裕巳 [他]
  • 日本泌尿器科学会雑誌 = The Japanese journal of urology 105(2), 62-65, 2014-04
  • NAID 40020045483
  • 日本語版National Institute of Health Chronic Prostatitis Symptom Indexの作成について
  • 髙橋 聡,和田 耕一郎,公文 裕巳,増田 均,鈴木 康之,横山 修,本間 之夫,武田 正之
  • 日本泌尿器科學會雑誌 105(2), 62-65, 2014
  • … NIH慢性前立腺炎問診票は,慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群の症状の程度や治療の評価に用いられる症状スコアである.我が国では,日本泌尿器科学会が公認したNIH慢性前立腺炎問診票日本語版が確立されていないことから,日本泌尿器科学会では(排尿機能・神経泌尿器科)専門部会長の武田正之を委員長としてNIH慢性前立腺炎問診票日本語版作成委員会を …
  • NAID 130005076061

関連リンク

急性・慢性前立腺炎の概要。1999年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)が提唱した分類を示します。カテゴリーI 急性細菌性前立腺炎カテゴリーII 慢性細菌性前立腺炎カテゴリーIII 慢性非細菌性前立腺炎 慢性骨盤痛 ...
前立腺炎は飲酒、過労、緊張、冷え、長期の座位(車の運転)、刺激物の多量摂取、射精不足、熱い風呂などが原因となる場合があります。 しかし、これらは意識的に回避する事で自覚症状はかなり改善していきます。
腹腔鏡手術を主体とした東海大学病院泌尿器科のご紹介。 ... 前立腺炎とは、文字のごとく前立腺の炎症ですが前立腺肥大や前立腺がんと違って、10代後半から、あらゆる年代層に起きます。

関連画像

前立腺炎前立腺炎 …前立腺炎が疑われます 前立腺炎 と 誤診 される 患者前立腺炎の症状文字サイズ-小 文字サイズ-中 前立腺炎さらに慢性前立腺炎について


★リンクテーブル★
国試過去問102B055」「103A054」「107I037」「103I034
リンク元前立腺特異抗原」「prostatitis」「慢性骨盤内疼痛症候群」「急性細菌性前立腺炎」「慢性細菌性前立腺炎
拡張検索無症候性炎症性前立腺炎」「慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群」「結核性前立腺炎」「急性前立腺炎
関連記事前立腺」「」「腺炎

102B055」

  [★]

  • 次の文を読み、54~56の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。尿失禁を主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から就寝後に2回トイレに行くようになった。1か月前から気が付かないうちに尿失禁をきたしている。残尿感と排尿困難とは認めない。
  • 既往歴:10年前から糖尿病で血糖降下薬を内服している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長160cm、体重66kg、体温36.4℃。脈拍68/分、整。血圧144/88mmHg。下腹部に弾性軟で手拳大の腰痛を触知する。下肢に浮腫を認めない。直腸診で小鶏卵大の前立腺を触知するが、硬結や圧痛は認めない。
  • 検査所見.尿所見:蛋白(-)、糖2+、潜血(-)、沈さに赤血球と白血球とを認めない。血液所見:赤血球450万、Hb14.6g/dl、Ht44%、白血球5.600。血液生化学所見:血糖146mg/dl、HbA1c 6.8%(基準4.3~5.8)、尿素窒素20.0mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl。免疫学所見:CRP O.1mg/dl、PSA1.6ng/ml(基準4.0以下)。
  • 考えられるのはどれか。2つ選べ。
[正答]
※国試ナビ4※ 102B054]←[国試_102]→[102B056

103A054」

  [★]

  • 65歳の男性。昨夜からの悪寒戦慄を伴う39℃台の発熱、会陰部不快感および排尿困難を主訴に来院した。5日前から頻尿と排尿時痛とがみられたが放置していた。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A053]←[国試_103]→[103A055

107I037」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107I036]←[国試_107]→[107I038

103I034」

  [★]

  • 在宅自己導尿法の適応はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I033]←[国試_103]→[103I035

前立腺特異抗原」

  [★]

prostate specific antigen, prostate-specific antigen, PSA, PA
前立腺前立腺液前立腺癌PAP


概念

LAB.639 OLM.377
  • 前立腺上皮細胞から分泌されるキニン-カリクレインファミリーに属する分子量33~34kDaの糖蛋白で、セリンプロテアーゼの一種である。
  • 精液中に含まれ、精子運動性の亢進および精漿の液状化に関与するといわれている。
  • 一部血中に逸脱するため、血清PSAとして測定することができる。
  • 血液中では10-20%がfree PSAとして存在するが、多くはα1-アンチキモトリプシン(ACT)と結合している。
  • 前立腺癌では総PSAに対するACT-PSA複合体の割合が増加するため、前立腺肥大症との鑑別に有用かもしれない。
  • 前立腺癌の診断や治療経過をみる腫瘍マーカーとして用いられているが、生理的、あるいは他の疾患でも上昇することがある。
  • Tandem-Rキットでの基準値が臨床では良く用いられている、らしい。(ガイドラインにも記載があった気がした)

判定

  • 正常:4ng/ml以下(IRMA法) (参考1)
  • グレーゾーン:4-10 ng/ml
  • 高値:10ng/ml
LAB.640
  • 加齢により増加するため、年齢階層別基準値が定められている。

高値

LAB.639 OLM.377
  • 前立腺癌:腫瘍量とPSAとは正の相関関係にある。
  • 前立腺肥大症:PSA軽度上昇を示す。確定診断には前立腺生検が必要  ←  そこまでする???
  • 尿路・前立腺の炎症:急性前立腺炎
  • 機械的刺激:長時間のサイクリング、前立腺マッサージ、前立腺生検、尿道カテーテル留置、膀胱鏡検査、前立腺手術
  • その他:急性尿閉、射精後

臨床的意義

注意

参考

  • 1. 体外診断用放射性医薬品/タンデム-R free PSA
[display]http://www.yamasa.com/shindan/seihin/freePSA/freepsa.htm%23rinsyou




prostatitis」

  [★] 前立腺炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of the prostate gland characterized by perineal pain and irregular urination and (if severe) chills and fever」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「前立腺炎」


慢性骨盤内疼痛症候群」

  [★]

chronic pelvic pain syndrome, CPPS
前立腺炎慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群


急性細菌性前立腺炎」

  [★]

acute bacterial prostatitis
前立腺炎慢性細菌性前立腺炎
-急性前立腺炎



慢性細菌性前立腺炎」

  [★]

chronic bacterial prostatitis
前立腺炎急性細菌性前立腺炎



無症候性炎症性前立腺炎」

  [★]

asymptomatic inflammatory prostatitis
前立腺


慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群」

  [★]

CP/CPPS
前立腺炎


結核性前立腺炎」

  [★]

tuberculous prostatitis


急性前立腺炎」

  [★]

acute prostatitis


前立腺」

  [★]

prostate (KL,KH,N,Z), prostate gland
prostata
前位腺摂護腺
  • 図:N.367

解剖

  • くるみ大の大きさ。体積は5ml(??)程度が普通で、大きい場合、前立腺肥大症や前立腺癌などが考えられる
  • 膀胱の直下にある栗の実に似た固い器官
  • 内腺と外腺からなる。現在では、central zone CZ,transitional zone TZ,peripheral zone PZという分け方が一般的。

組織

  • 円柱上皮と立方上皮が2相構造を呈している → 多列円柱上皮? : 前立腺肥大症ではこの構造が保たれ、前立腺癌ではこの構造が乱れる。
  • 30-50個からなる複合管状胞状腺の集合体からなる。(HIS.427)
  • 管状胞状腺の内腔に前立腺石(アミロイド小体)を認める。(HIS.428)

機能 (KL.446)

  • 特有の臭気を有する乳白色の液で、クエン酸や、デヒドロゲナーゼ、亜鉛を含み、精液の15-30%を構成する。
  • 分泌はジヒドロテストステロンに制御されている(HIS.428)

発生学的な関係 (KH.258,264 N.362,368)

男性 前立腺 尿道腺
(Littre腺)
球尿道腺
女性 尿道腺 小前庭腺
(スキーン腺)
大前庭腺

臨床関連

  • inner, periurethral glandsに見られる。肥大はinner region(central and transitional region)で著明
  • outer region(peripheral) glandsで起こる → 尿路の閉塞は初期に出づらい。


参考

  • 1. 解剖 写真 シェーマ - 前立腺
[display]http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/2d/5d/zr750soyokaze/folder/1188086/img_1188086_27786171_0?1242055767






炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


腺炎」

  [★]

adenitis
リンパ節炎




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡