前斜角筋

出典: meddic

anterior scalene muscle
musculus scalenus anterior, scalenus anterior
中斜角筋後斜角筋斜角筋隙
  • 鎖骨に停止するあたりで、横隔神経と共に、鎖骨下静脈と鎖骨下動脈の間に割って入っている。

起始

  • C3-C6(横突起の前結節)

停止

  • 第1肋骨(斜角筋結節)

神経

  • 頚神経叢

機能

  • 第1肋骨を挙上


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/14 22:48:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-25 傍大動脈リンパ節転移を有する子宮頸癌症例における左前斜角筋リンパ節生検術の検討(Group37 子宮頸部悪性腫瘍7,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 井上 貴史,兼城 英輔,奥川 馨,谷口 秀一,矢幡 秀昭,小川 伸二,上岡 陽亮,園田 顕三,加来 恒壽,小林 裕明,和氣 徳夫
  • 日本産科婦人科學會雜誌 60(2), 622, 2008-02-01
  • NAID 110006805189
  • 放射線治療後に生じた巨大有棘細胞癌の1例
  • 伊藤 康裕,土井 春樹,辻 ひとみ,飯塚 一
  • Skin cancer : official organ of the Japanese Society for Skin Cancer = 皮膚悪性腫瘍研究会機関誌 22(2), 166-169, 2007-11-30
  • … MRIでは, 腫瘍は右胸鎖乳突筋および前斜角筋に浸潤し, また右内頸静脈および右鎖骨下静脈にも浸潤, 閉塞していた。 …
  • NAID 10022601247
  • 胸郭出口症候群に対する治療選択 : 手術方法と遠隔成績の検討から
  • 原田 淳,西嶌 美知春,栗本 昌紀,遠藤 俊郎
  • 脳神経外科ジャーナル 16(2), 121-125, 2007-02-20
  • … 腋窩的第1肋骨切除術(FR)14側,前方からの前斜角筋切除術(AAS)26側,側方からの前斜角筋切除術(LAS)9側である.2年以上の長期追跡が可能であった症例は,計16側であった.手術直後の成績は3法すべてで78%以上の症状消失率を得た.長期追跡症例のうち,AAS1側,LAS2側に症状再発を認めた.このうちAAS1側,LAS1側に対し再手術(FR)を行い,症状は消失した.前斜角筋切除術は手技の簡便さと腕神経叢,斜角 …
  • NAID 110006164355

関連リンク

前斜角筋の起始・停止】 (起始) C3~C6の椎体の横突起前結節に付着。 &n...
前斜角筋(ぜんしゃかくきん、anterior scalene muscles)は頚部の筋肉のうち、頚堆の 横突起から肋骨に伸びる筋肉である。繋がっている肋骨を上方に引く作用を持つ。 前斜 角筋の起始は、第三~第六頚堆の横突起から起こり、第一、第二肋骨に停止する。

関連画像

前斜角筋(ぜんしゃかくきん)前斜角筋が収縮すると、頚部の 前斜角筋の働き前斜角筋と中斜角筋の関係中斜角筋・前斜角筋・小斜角筋


★リンクテーブル★
先読み後斜角筋」「斜角筋隙
国試過去問105E005
リンク元腕神経叢」「横隔神経」「頚横動脈」「呼吸補助筋」「中斜角筋
拡張検索前斜角筋症候群
関連記事斜角筋

後斜角筋」

  [★]

scalenus posterior (K), posterior scalenus muscle
musculus scalenus posterior

起始

停止

  • 第2肋骨(上面)

神経

機能

  • 第2肋骨を挙上


斜角筋隙」

  [★]

scalene space (KH), scalene hiatus (K)

臨床関連


105E005」

  [★]

  • 収縮が呼気に関与する筋はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E004]←[国試_105]→[105E006

腕神経叢」

  [★]

brachial plexus (B)
plexus brachialis
  • 図:N.413(模式図) N.457(枝の走行) KA.413(腕神経叢)
  • 後頚三角にあり、前斜角筋中斜角筋の間から出るところで3本の神経幹を作った後、外側に下行する。
  • C5-T1までの5本の脊髄神経前根腕神経叢を作る
  • 神経幹より近位の部分は、鎖骨より内側にある (N.412 KA.413)



    C3 C4 C5 C6 C7 C8 T1
 横隔神経          
 肩甲背神経            
 長胸神経          
上神経幹            
 鎖骨下筋神経            
 肩甲上神経            
中神経幹              
下神経幹            
外側神経束          
 外側胸筋神経          
内側神経束            
 内側胸筋神経            
 内側上腕皮神経            
 内側前腕皮神経            
後神経束      
 上肩甲下神経            
 胸背神経          
 下肩甲下神経            
 腋窩神経 上肢          
 筋皮神経        
 正中神経      
 橈骨神経    
 尺骨神経          
損傷レベル 主な動作筋 運動機能
C1-C3 胸鎖乳突筋 頭部の前屈、回転
C4 横隔膜(C3-C5)、僧帽筋 呼吸、肩甲骨挙上
C5 三角筋上腕二頭筋 肩関節屈曲・外転・伸展、肘関節屈曲・回外
C6 大胸筋、橈側手根伸筋 肩関節内転、手関節背屈
C7 上腕三頭筋橈側手根屈筋 肘関節伸展、手関節掌屈
C8-T1 指の屈筋群、手内筋 指の屈曲、手の巧緻運動


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




横隔神経」

  [★]

phrenic nerve (KH)
nervus phrenicus
[[]]


由来

支配

走行



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



頚横動脈」

  [★]

transverse cervical artery (KL)

-図:N.131(にいく血管) N.410(背部への走行)

由来

走行

  • N.410によれば、分岐した後外側方に向かい、前斜角筋の前部を通り過ぎつつ後方に向かう。腕神経叢の上を通り過ぎ、僧帽筋の下に入っていくように見える。
  • 僧帽筋の下にあってこれを養う、と思う。
  • 肩甲挙筋の下に潜った枝が下行肩甲動脈?になると思う (N.410 M.399)

分布


呼吸補助筋」

  [★]

accessory respiratory muscle
補助呼吸筋
[show details]


中斜角筋」

  [★]

scalenus medius muscle (KA), middle scalenus muscle
musculus scalenus medius, scalenus medius (K)
前斜角筋後斜角筋斜角筋隙

起始

停止

神経

機能



前斜角筋症候群」

  [★]

scalenus anterior syndrome, scalenus syndrome (KH), scalenus anticus syndrome
斜角筋症候群、neurogenic thoracic outlet syndromethoracic outlet syndrome前斜角筋

症状 (KH.40)

  • 頚部から上肢の放散痛・鈍痛

原因 (KH.40)

斜角筋の異常による神経や血管の圧迫と腕神経叢絞扼


斜角筋」

  [★]

scalene, scalene muscle
scalenus





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡