分散

出典: meddic

variance
撒布不一致分散系分離変動別々移住散在ばらつき


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/05/28 03:53:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 個人→法人 個人株主に分散した株式を買い集める (特集 事業承継を見据えた自社株の買い集めと譲渡に係る課税関係)
  • 「ニューノーマル」の提唱者 モハメド・エラリアン氏 従来の分散投資は通用しない (巻頭スペシャルインタビュー チャールズ・エリス モハメド・エラリアン ジム・ロジャーズ 3人の先達に聞く 運用難時代を勝ち抜く投資の極意)
  • 共働き希望9割 阻む15の壁 : 夫婦もリスク分散の時代 (大特集 共働きが日本を救う)

関連リンク

【相関】 偏差や分散などは1つの変数の状態でその集団の構造を表すものですが、2つの変数の動きを同時に着目する場合が相関と回帰の考え方です。 (回帰については第2部で予定してますので今回は触れていません。
分散と標準偏差の違いは? 分散も標準偏差も中心値(平均値)からのバラツキの大きさを示す値です。 ... ではなぜ一般的にバラツキの大きさを示す際、分散ではなく標準偏差が用いられるのでしょうか。 まずバラツキ具合の評価です ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • ウイルスワクチン類

販売名

インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」シリンジ0.5mL

組成

製法の概要

  • 本剤は、厚生労働省より指定されたインフルエンザウイルスをそれぞれ個別に発育鶏卵の尿膜腔内に接種して培養し、増殖したウイルスを含む尿膜腔液をとり、ゾーナル遠心機を用いたしょ糖密度勾配遠心法により精製濃縮後、エーテルを加えてウイルス粒子を分解してHA画分浮遊液を採取する。これをホルマリンにより不活化した後、リン酸塩緩衝塩化ナトリウム液を用いて各株ウイルスのHAが規定量含まれるよう希釈調整した液剤である。

組成

  • 本剤は、0.5mL中に下記の成分・分量を含有する。

,*有効成分(製造株)

  • A型株
     A/シンガポール/GP1908/2015(H1N1)pdm09 HA含有量(相当値)は、1株当たり15μg以上
     A/香港/4801/2014(H3N2) HA含有量(相当値)は、1株当たり15μg以上
    B型株
     B/プーケット/3073/2013(山形系統) HA含有量(相当値)は、1株当たり15μg以上
     B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統) HA含有量(相当値)は、1株当たり15μg以上

安定剤

  • ホルマリン 0.05μL以下

緩衝剤

  • リン酸水素ナトリウム水和物 1.255mg
    リン酸二水素カリウム 0.204mg
    塩化ナトリウム 4.15mg以下

分散剤

  • ポリソルベート80 0.05μL以下

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • インフルエンザの予防


  • 1歳以上3歳未満のものには0.25mLを皮下に、3歳以上13歳未満のものには0.5mLを皮下におよそ2〜4週間の間隔をおいて2回注射する。13歳以上のものについては、0.5mLを皮下に、1回又はおよそ1〜4週間の間隔をおいて2回注射する。


本剤の使用

  • 本剤は0.25mL接種対象者には使用しないこと。

接種間隔

  • 2回接種を行う場合の接種間隔は、免疫効果を考慮すると4週間おくことが望ましい。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。


慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 間質性肺炎、気管支喘息等の呼吸器系疾患を有する者
  • 本剤の成分又は鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対してアレルギーを呈するおそれのある者


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

     (0.1%未満)
  • ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

急性散在性脳脊髄炎(ADEM)

     (0.1%未満)
  • 急性散在性脳脊髄炎(ADEM)があらわれることがある。通常、接種後数日から2週間以内に発熱、頭痛、けいれん、運動障害、意識障害等があらわれる。本症が疑われる場合には、MRI等で診断し、適切な処置を行うこと。

脳炎・脳症、脊髄炎、視神経炎

     (頻度不明)
  • 脳炎・脳症、脊髄炎、視神経炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、MRI等で診断し、適切な処置を行うこと。

ギラン・バレー症候群

     (頻度不明)
  • ギラン・バレー症候群があらわれることがあるので、四肢遠位から始まる弛緩性麻痺、腱反射の減弱ないし消失等の症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

けいれん

     (頻度不明)
  • けいれん(熱性けいれんを含む)があらわれることがあるので、症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸

     (頻度不明)
  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

喘息発作

     (頻度不明)
  • 喘息発作を誘発することがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

血小板減少性紫斑病、血小板減少

     (頻度不明)
  • 血小板減少性紫斑病、血小板減少があらわれることがあるので、紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血等の異常が認められた場合には、血液検査等を実施し、適切な処置を行うこと。

血管炎(アレルギー性紫斑病、アレルギー性肉芽腫性血管炎、白血球破砕性血管炎等)

     (頻度不明)
  • 血管炎(アレルギー性紫斑病、アレルギー性肉芽腫性血管炎、白血球破砕性血管炎等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

間質性肺炎

     (頻度不明)
  • 間質性肺炎があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難等の臨床症状に注意し、異常が認められた場合には、胸部X線等の検査を実施し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

     (頻度不明)
  • 皮膚粘膜眼症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと。

ネフローゼ症候群

     (頻度不明)
  • ネフローゼ症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • インフルエンザHAワクチンを3週間間隔で2回接種した場合、接種1ヶ月後に被接種者の77%が有効予防水準に達する。
    接種後3ヶ月で有効予防水準が78.8%であるが、5ヶ月では50.8%と減少する。効果の持続は、流行ウイルスとワクチンに含まれているウイルスの抗原型が一致した時において3ヶ月続くことが明らかになっている。基礎免疫を持っている場合は、ワクチン接種群における有効予防水準は、3ヶ月を過ぎても維持されているが、基礎免疫のない場合には、効果の持続期間が1ヶ月近く短縮される。9)


★リンクテーブル★
先読みdisperse」「intersperse」「discrete
リンク元variance」「dispersion」「分離」「変動」「別々
拡張検索分散系」「表現型分散」「分散的

disperse」

  [★]

  • vt.
  • (人々)を司法に散らす、分散させる。(ビラなど)をまき散らす
  • (苦痛など)を追い払う。(疑いなど)をはらす
  • (知識など)を広める、普及させる。(人)を各所に配置する。
  • (物理)(光)を分光する。(化)(微粒子)を分散させる
  • vi.
  • adj.
discretedispersaldispersioninterspersevariance

WordNet   license wordnet

「separate (light) into spectral rays; "the prosm disperses light"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'『四方に散らす』 / …‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る / 〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する / …‘を'各所に配置する / 『散らばる』,分散(離散)する / 〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する」

WordNet   license wordnet

「to cause to separate and go in different directions; "She waved her hand and scattered the crowds"」
dissipate, dispel, break up, scatter

WordNet   license wordnet

「move away from each other; "The crowds dispersed"; "The children scattered in all directions when the teacher approached";」
dissipate, scatter, spread out


intersperse」

  [★]

  • 分散させる、散在させる
discretedispersaldispersedisperseddispersiondisseminatedisseminationinterspersedvariance

WordNet   license wordnet

「place at intervals in or among; "intersperse exclamation marks in the text"」

WordNet   license wordnet

「introduce one''s writing or speech with certain expressions」
interlard

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…の間に)…‘を'散らばせる,まき散らす《+『名』+『among』(『between』)+『名』》 / 《通例受動態で》(他のものを散りばめて)…‘に'変化を与える;(他のものを)…‘に'散りばめる《+『名』+『with』+『名』》」


discrete」

  [★]

  • adj.
  • 分離性の
  • 分離した、別々の
  • 別々の、分離した、分散した
differentdifferentlydisjunctiondispersaldispersedispersiondissociatedistinctintersperseisolateisolationresolvesegregatesegregationseparateseparatelyseparationvariance

WordNet   license wordnet

「constituting a separate entity or part; "a government with three discrete divisions"; "on two distinct occasions"」
distinct

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「別個の,個々の」


variance」

  [★]

  • n.
disagreementdiscordancediscretedispersaldispersedispersionfluctuatefluctuationinconsistencyinconsistentintersperseoscillatevariationvary

WordNet   license wordnet

「the second moment around the mean; the expected value of the square of the deviations of a random variable from its mean value」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「変化,多様性;相違,不一致」

WordNet   license wordnet

「an official dispensation to act contrary to a rule or regulation (typically a building regulation); "a zoning variance"」


dispersion」

  [★]

discretedispersaldispersedisperse systemdispersed systeminterspersevariance

WordNet   license wordnet

「the act of dispersing or diffusing something; "the dispersion of the troops"; "the diffusion of knowledge"」
dispersal, dissemination, diffusion

WordNet   license wordnet

「spreading widely or driving off」
scattering

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(また『dispersal』)分散[状態],散乱,消散 / (光の)分散;(微粒子の)分散」


分離」

  [★]

separationisolationsegregationdisjunctionseparateisolatesegregatedissociateresolvediscrete
アイソレーションアイソレート解決回復解離隔離絶縁単離分域分解分散偏折別々分ける分別消散別離


変動」

  [★]

variationvariancefluctuationvary、(周期的に)fluctuateoscillate
異形異なる振動上下発振不一致分散変異変化変分ゆらぎ変わるゆらぐばらつく周期的変動差異バリエーション


別々」

  [★]

separatedifferentdistinctdiscreteseparatelydifferently
異なる違う特徴的分散分離弁別的明確明瞭分ける分別異なって


分散系」

  [★]

dispersed systemdisperse systemdispersion
撒布分散ばらつき


表現型分散」

  [★]

phenotypic variance, VP
遺伝率表現型


分散的」

  [★]

dispersive
散発性散発的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡