分子標的薬剤

出典: meddic

molecular target drug
分子標的治療薬分子標的薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ニュース&ビュー ためになる薬の話 薬物相互作用(21)分子標的薬剤(低分子阻害剤)の薬物相互作用
  • 鍛治園 誠,前田 恵,藤原 聡子 [他]
  • 岡山医学会雑誌 123(2), 147-153, 2011-08
  • NAID 40018939873
  • 薬剤性肺障害--日本人の特殊性 (特集 分子標的薬剤・生物学的製剤と肺障害)
  • 吾妻 安良太,萩原 弘一
  • 成人病と生活習慣病 41(7), 867-874, 2011-07
  • NAID 40018937393

関連リンク

Rafキナーゼ、血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)キナーゼ、血管内皮細胞増殖 因子受容体(VEGFR)キナーゼ、KITキナーゼを阻害する。複数のキナーゼを阻害する ためマルチキナーゼ阻害薬とも呼ばれる。腎癌や肝細胞癌に ...

関連画像

 分子標的治療薬の効き方図 1 皮膚 の 構造 と egfr 発現 分子標的治療薬の投与方法の  分子 細胞 生物学 研究所原元 美紀 さん 解析と分子標的薬剤の効果予測


★リンクテーブル★
リンク元ゲフィチニブ」「イマチニブ」「トラスツズマブ」「分子標的治療薬」「molecular target drug
関連記事薬剤」「」「分子」「分子標的薬」「標的

ゲフィチニブ」

  [★]

gefitinib
イレッサ
分子標的薬剤

分類

  • 抗腫瘍薬
  • その他
  • チロシンキナーゼ阻害薬

特徴

構造

作用機序

  • EGF受容体チロシンキナーゼ(EGFR)のATP結合部位に競合的に結合する
ゲフィチニブの関連性の高いチロシンキナーゼであるHER2(Erb2/neu)に対する阻害活性は1/100と低い
セリン/スレオニンキナーゼに対する阻害作用なし
イレッサ錠250
  • ゲフィチニブは上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼを選択的に阻害し(EGFRチロシンキナーゼに対するIC50は0.027μmol/Lであり、ErbB2、KDR、Flt-1、Raf、MEK-1及びERK-2に対する阻害作用はその100分の1以下)、腫瘍細胞の増殖能を低下させる17)。また、DNA断片化18)及び組織形態学的観察19),20)に基づき、ゲフィチニブがアポトーシスを誘導するとの報告がある。さらに、血管内皮増殖因子(VEGF)の産生抑制を介して腫瘍内の血管新生を阻害することも報告されている21)。ゲフィチニブはこれらの作用に基づき悪性腫瘍の増殖抑制あるいは退縮を引き起こすものと考えられるが、腫瘍退縮の作用機序の詳細は不明である。

薬理作用

イレッサ錠250
  • in vitro系において、ゲフィチニブは口腔扁平上皮癌株KBのEGF刺激による増殖を阻害した(IC50:0.054μmol/L)17)。

ヒト腫瘍ヌードマウス移植系において、ゲフィチニブは12.5~200mg/kg/日の用量で非小細胞肺癌株A549、ヒト前立腺癌株Du145、ヒト外陰部腫瘍株A431、大腸癌株CR10、HCT15、HT29、LoVo、口腔扁平上皮癌株KB、卵巣癌株HX62に対して腫瘍増殖抑制作用を示した

動態

適応

  • 小細胞癌でない肺癌 → とくに腺癌に著効
化学療法が奏功しない患者

ゲフィニチブが奏効する患者

出典不明 参考2
  • 女性
  • 低PS
  • 非喫煙~軽度喫煙者
  • 東洋人
  • 腺癌

効能又は効果

イレッサ錠250
  • 手術不能又は再発非小細胞肺癌

警告

イレッサ錠250
  • 1. 本剤による治療を開始するにあたり、患者に本剤の有効性・安全性、息切れ等の副作用の初期症状、非小細胞肺癌の治療法、致命的となる症例があること等について十分に説明し、同意を得た上で投与すること。
  • 2. 本剤の投与により急性肺障害、間質性肺炎があらわれることがあるので、胸部X線検査等を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

また、急性肺障害や間質性肺炎が本剤の投与初期に発生し、致死的な転帰をたどる例が多いため、少なくとも投与開始後4週間は入院またはそれに準ずる管理の下で、間質性肺炎等の重篤な副作用発現に関する観察を十分に行うこと。

  • 3. 特発性肺線維症、間質性肺炎、じん肺症、放射線肺炎、薬剤性肺炎の合併は、本剤投与中に発現した急性肺障害、間質性肺炎発症後の転帰において、死亡につながる重要な危険因子である。このため、本剤による治療を開始するにあたり、特発性肺線維症、間質性肺炎、じん肺症、放射線肺炎、薬剤性肺炎の合併の有無を確認し、これらの合併症を有する患者に使用する場合には特に注意すること。(「慎重投与」の項参照)
  • 4. 急性肺障害、間質性肺炎による致死的な転帰をたどる例は全身状態の良悪にかかわらず報告されているが、特に全身状態の悪い患者ほど、その発現率及び死亡率が上昇する傾向がある。本剤の投与に際しては患者の状態を慎重に観察するなど、十分に注意すること。(「慎重投与」の項参照)
  • 5. 本剤は、肺癌化学療法に十分な経験をもつ医師が使用するとともに、投与に際しては緊急時に十分に措置できる医療機関で行うこと。(「慎重投与」、「重要な基本的注意」及び「重大な副作用」の項参照)

注意

禁忌

副作用

重大な副作用

イレッサ錠250
  • 1. 急性肺障害、間質性肺炎(1~10%未満):急性肺障害、間質性肺炎があらわれることがあるので、胸部X線検査等を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 2. 重度の下痢(1%未満):重度の下痢があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、速やかに適切な処置を行うこと。
  • 3. 脱水(1%未満):下痢、嘔気、嘔吐又は食欲不振に伴う脱水があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、速やかに適切な処置を行うこと。なお、脱水により腎不全に至った症例も報告されていることから、必要に応じて電解質や腎機能検査を行うこと。
  • 4. 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)(1%未満)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(1%未満)、多形紅斑(1%未満):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 5. 肝炎(1%未満)、肝機能障害(10%以上)、黄疸(1%未満)、肝不全(1%未満):肝炎、AST(GOT)、ALT(GPT)、LDH、γ-GTP、Al-P、ビリルビンの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあり、肝不全に至った症例も報告されているので、本剤投与中は1~2ヵ月に1回、あるいは患者の状態に応じて肝機能検査を実施するなど観察を十分に行い、重度の肝機能検査値変動が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 6. 血尿(1%未満)、出血性膀胱炎(1%未満):血尿、出血性膀胱炎があらわれることがあるので、異常が認められた場合には、投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。
  • 7. 急性膵炎(1%未満):急性膵炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、腹痛、血清アミラーゼ値の上昇等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 8. 消化管穿孔(1%未満)、消化管潰瘍(1%未満)、消化管出血(1%未満):消化管穿孔、消化管潰瘍、消化管出血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、内視鏡、腹部X線、CT等の必要な検査を行い、本剤の投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

相互作用

治療

  • 250mg錠を1日一錠経口で服用

参考

  • イレッサ錠250
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291013F1027_1_25/4291013F1027_1_25?view=body
  • 2. [charged] Small molecule epidermal growth factor receptor inhibitors for advanced non-small cell lung cancer - uptodate [1]



イマチニブ」

  [★]

imatinib
imatinib mesylate
グリベック
nib
分子標的薬剤

分類

  • その他
  • チロシンキナーゼ阻害薬

特徴

構造

作用機序

  • ABLや、活性複合体であるv-ABL, BCR-ABL, [EVT6]-ABLを阻害する (GOO.1367)
  • (そのほかに)PDGFRとKITに対しても競合阻害作用を持つ (GOO.1367)
KITはgastrointestinal stromal tumor(GIST)と関連
ETV6-PDGFRはchronic myelomonocytic leukemia(CMML)と関連
FIP1L1-PDGFRAはhypereosinophilic syndrome(HES)と関連

薬理作用

動態

  • 経口投与

適応

グリベック錠100mg

  • 1. 慢性骨髄性白血病
  • 2. KIT陽性消化管間質腫瘍
  • 3. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病

注意

禁忌

副作用

相互作用

類似薬

添付文書

  • グリベック錠100mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4291011F1028_1_11/4291011F1028_1_11?view=body




トラスツズマブ」

  [★]

trastuzumab
ハーセプチン Herceptinトラツズマブ
分子標的薬剤乳癌




分子標的治療薬」

  [★]

molecular target drug
分子標的薬分子標的薬剤


molecular target drug」

  [★]

分子標的薬分子標的治療薬分子標的薬剤


薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


分子」

  [★]

  • n.
分子的、モル


分子標的薬」

  [★]

molecular target drug
分子標的治療薬分子標的薬剤


標的」

  [★]

target
ターゲット標的にする




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡