内細胞塊

出典: meddic

inner cell mass
massacellularis interna
胚結節 embryoblast
[[]]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 凍結融解胚盤胞移植において内細胞塊(ICM)および栄養外胚葉細胞(TE)に形態不良が認められた胚盤胞の移植結果
  • 鈴木 孝明,村田 紋香,山口 絵理香,森本 誠,前沢 忠志,竹内 茂人,高倉 哲司,菅谷 健
  • 日本受精着床学会雑誌 27(1), 129-132, 2010-03-20
  • NAID 10027211426
  • 胚盤胞移植における胞胚腔の拡がり, 内細胞塊 (ICM), 外細胞層 (Trophectoderm) の状態の分類による妊娠率の比較

関連リンク

内部細胞塊(ないぶさいぼうかい、inner cell mass:ICM)とは、哺乳類の早期胚発生 において、胚盤胞の内側に形成される細胞集団のことである。内部細胞塊は胚の本体と 羊膜に分化し、内部細胞塊を取り囲んでいる栄養外胚葉の細胞は胎盤を形成する。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元一絨毛膜二羊膜双胎」「栄養膜細胞」「胚結節」「内部細胞塊
関連記事」「細胞」「細胞塊

一絨毛膜二羊膜双胎」

  [★]

monochorionic diamniotic twin, MD twin, monochorionic diamniotic twins, MD twins
MD双胎
双胎双胎妊娠

概念

  • 子宮内に1つの絨毛膜(胎盤)と2つの羊膜が存在する妊娠状態
  • 周産期死亡率や神経学的後遺症は二絨毛膜二羊膜双胎より悪く、一絨毛膜一羊膜双胎よりは良好である。

原因

  • 一つの卵子が受精後4-7日後ごろに二つの内細胞塊に分かれる事による。これより遅ければ一絨毛膜一羊膜双胎、早ければ二絨毛膜二羊膜双胎となる。

診断

  • 妊娠初期に行う経腹/経腟超音波検査による膜性診断を行う。妊娠11週までにおこなう。

合併症

G10M.121

治療

参考

  • 1. クリニカル・カンファレンス 2.多胎妊娠の管理―最近の知見 3)疾病双胎の管理~双胎間輸血症候群の病態と治療~ - 日産婦誌55巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/55/5509-216.pdf
  • 2. 〔多胎妊娠の管理シリーズ〕 多胎妊娠はいつ分娩を終了させたらよいか? - 日産婦誌52巻1号
http://www.jsog.or.jp/PDF/52/5201-011.pdf


栄養膜細胞」

  [★]

トロホブラスト??
栄養膜
  • 図:L.43
  • 受精後4.5日目の胚において内細胞塊(胚結節)と外細胞塊(栄養膜)が認められる。発生第6日には、胚結節を覆っている栄養膜の細胞が子宮内膜上皮細胞間に侵入し始める。(L.43)
  • 発生8日目には栄養膜細胞層と栄養膜合胞体層に分かれており、栄養膜細胞は盛んに分裂を繰り返している。(L.50)


胚結節」

  [★]

embryoblast
内細胞塊


内部細胞塊」

  [★] 内細胞塊

963


塊」

  [★]

blocklump
遮断阻止封鎖ブロック


細胞」

  [★]

cell
cellula




細胞塊」

  [★]

cell cluster
細胞集団




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡