共分散分析

出典: meddic

analysis of covariance
covariance analysisANCOVA


参考

[display]http://www.ibaraki-kodomo.com/toukei/ancova.html

和文文献

  • アルコールフリー洗口液Listerine ZeroのStreptococcus mutansバイオフィルムに対する浸透・殺菌効果
  • 竹中 彰治,大墨 竜也,若松 里佳,寺尾 豊,大島 勇人,興地 隆史
  • 日本歯科保存学雑誌 56(2), 105-112, 2013-04-30
  • … 光消失までの時間(T50)はバイオフィルムの厚みと正の相関関係があり,それぞれy=2.012x,決定係数(R2)=0.992(Z群), y=1.992x, R2=0.986(F群), y=10.579x, R2=0.994(P群)であった.浸透速度はP群が他群より有意に低値であったが(共分散分析,p<0.05),Z群,F群間には有意差はなかった(同,p>0.05).各洗口液30秒作用後にLive/Dead染色法にてPropidium Iodide(PI,死菌のマーカー)陽性率を比較したところ,F群,Z群は99.8±0.1%を示したがP群では41.4±5.9%であった.さ …
  • NAID 110009674418
  • 機械的歯面研磨によるヒトエナメル質の表面粗さの変化
  • 尾上 文菜,犬飼 順子,中垣 晴男 [他],向井 正視
  • 口腔衛生学会雑誌 63(1), 35-42, 2013-01-30
  • … 測定顕微鏡を用いて各試料の中心線平均粗さ(Ra値)を測定後,二次電子像を撮影した.統計解析は歯面研磨時間,歯面研磨材の種類,ラバーカップの硬さの各要因について歯面研磨前のRa値を共変量としたRa値の共分散分析およびBonferroniの多重比較を行った.その結果,Ra値は,歯面研磨時間,研磨材の種類,ラバーカップの硬さのそれぞれの要因で有意差が認められた.また,歯面研磨材とラバーカップおよび,歯面研磨材と歯面研磨 …
  • NAID 110009597666
  • エビデンスを示せる統計学(第23回・最終回)共分散構造分析 : Amosを用いた共分散分析
  • 松木 秀明
  • 産業看護 : 働く人々の健康を支援する産業看護職のネットワークづくりと実践力upの玉手箱 5(5), 484-489, 2013
  • NAID 40019805075

関連リンク

共分散分析 共分散分析は回帰分析と分散分析を組み合わせたような統計解析法であり、2水準以上の母集団においてそれぞれ回帰分析を行った結果、それら回帰係数(回帰直線の傾き)がそれぞれ同じである(それぞれの母集団 ...
Kindle 電子書籍リーダー Kindle Paperwhite 最高の読書体験、そのための端末 Kindle Paperwhite 3G 無料3G接続付きモデル Kindleアクセサリ カバー、保護フィルム、充電器ほか Kindle Fireタブレット Kindle Fire HD ニューモデル―Kindle ...

関連画像

分散分析共分散構造分析(SEM)とは共分散共分散構造分析とは共分散構造分析 | 分析手法 SEM(共分散構造分析


★リンクテーブル★
リンク元covariance analysis」「analysis of covariance」「共変量
関連記事分析」「分散」「分散分析」「共分散

covariance analysis」

  [★]

共分散分析

analysis of covarianceANCOVA


analysis of covariance」

  [★]

共分散分析

ANCOVAcovariance analysis


共変量」

  [★]

covariate
共分散分析


分析」

  [★]

analysisanalysesassayanalyzeanalysedissectanalyticalanal
アッセイ解体解剖検定検定法肛門、試験法、精査測定法定量分析法分析用解析アッセイ法解析法


分散」

  [★]

variance
撒布不一致分散系分離変動別々移住散在ばらつき


分散分析」

  [★]

analysis of varianceANOVA
-分散分析


共分散」

  [★]

covariancecovariant
共変




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡