僧帽弁

出典: meddic

mitral valve (Z), MV
左房室弁 left atrioventricular valve, 二尖弁 bicuspid valve
三尖弁僧帽弁閉鎖不全
  • 左心房左心室の間の弁
  • 左心房と左心室の間の左房室口に存在する弁で、血液の左心室から左心房への逆流を防止する機能がある。
  • 正常弁口面積 4cm2以上 ← 弁口面積<1.5cm2で僧帽弁狭窄症を発症


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



臨床関連

疾患
異常所見
  • 僧帽弁収縮期異常後方運動(Mモードにおける拡張後期の僧帽弁の後方への偏位):僧帽弁逸脱症の所見とされたが非特異的である。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/02 06:47:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心不全におけるあらたな治療法の開発状況 : 医薬品・医療機器 (第5土曜特集 循環器病学における臨床研究 : いかに確実に臨床に還元するか) -- (循環器臨床研究の展望)
  • 安斉 俊久
  • 医学のあゆみ 244(13), 1339-1342, 2013-03-30
  • NAID 40019619850
  • 僧帽弁弁下構造に基づいた機能性僧帽弁逆流に対する外科治療 : 術中三次元経食道エコー図の役割(1.心エコー図診断の最新の知見と新たな展開,<特集II>第76回日本循環器学会学術集会)
  • 尾長谷 喜久子
  • 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 21(1), 23-29, 2013-03-25
  • NAID 110009594964
  • プライマリケア・マスターコース Dr.徳田のフィジカル診断講座(9)僧帽弁狭窄症(mitral stenosis ; MS)
  • 心臓外科におけるロボット支援手術 (特集 ロボット支援手術の未来)

関連リンク

僧帽弁(そうぼうべん、英: mitral valve, 羅: valva mitralis)とは、心臓の左心房と左 心室の間にある弁である。その形状がカトリックの司教冠に似ているとして命名された。 二尖弁、左房室弁ともいう。
僧帽弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜん、英: mitral insufficiency, MI, mitral regurgitation, MR)は、僧帽弁の弁閉鎖機能の障害(僧帽弁の硬化、短縮など)により 弁が完全に閉じなくなり、左心室収縮期に血液が左心室から左心房に逆流する疾患。僧 帽弁 ...

関連画像

僧帽弁の解剖図僧帽弁後尖の逸脱→逸脱部分の 弁膜症(僧帽弁狭窄症・僧帽弁 僧帽弁僧帽弁僧帽弁の解剖図必ずしも一致しないのが僧帽弁 僧帽弁の弁膜症


★リンクテーブル★
先読み三尖弁」「二尖弁
リンク元リウマチ熱」「房室弁」「左房室弁
拡張検索僧帽弁閉鎖不全

三尖弁」

  [★]

tricuspid valve (Z), TV
valva tricuspidalis
右房室弁 right atrioventricular valve valva atrioventricularis dextra
房室弁



臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


二尖弁」

  [★]

bicuspid valve
左房室弁


リウマチ熱」

  [★]

rheumatic fever, RF
急性関節リウマチ
[[]]
http://mymed.jp/di/ucm.html?PHPSESSID=2cc03d17984266cc113974b772d3934f

概念

  • 自己免疫性炎症性疾患
  • A群β溶連菌
  • 関節と心臓を冒す

病因

  • A群β溶連菌の急性咽頭炎後 → (3-4週潜伏期) → A群β溶連菌との交差抗原性(M蛋白、多糖体 VS 心内膜、血管内皮細胞、脳細胞)  ← II型アレルギーの機序によると考えられている

疫学

  • 日本:著しく減少したが。開発途上国:主なリウマチ性疾患
  • 5-15歳に好発。学童期に多い

病理

症状

Jonesは森(心炎)林(輪状紅斑)で大きな(四肢の大関節から始まる)ブ(舞踏病)タ(多発性関節炎)に引っかけ(皮下結節)られた
pancarditis, arthritis, chorea minor, erythema marginatum, subcutaneous nodule: PACES
  • 心筋炎 :房室伝導障害
  • 心内膜炎:僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症
  • 心膜炎 :→心膜摩擦音(friction rub)聴取、心嚢液貯留
  • 視床下部/尾状核ニューロンの障害

シデナム舞踏病、皮下結節、有縁性紅斑を認める。

http://www.aafp.org/afp//AFPprinter/20050515/1949.html

症候スペクトル

病態 レイノー現象 抗核抗体 リウマトイド因子 抗好中球細胞質抗体 皮疹 皮下結節 関節炎 筋炎 漿膜炎 自己抗体
                   
 
病理 壊死性血管炎 糸球体腎炎 間質性肺炎 心炎 唾液腺炎 オニオンスキン病変 ワイヤーループ病変 ヘマトキシリン体 LE細胞  
                 

診断

  1 2 3 4 5
主症状 心炎 多関節炎 小舞踏病 輪状紅斑 皮下結節
副症状 臨床症状 関節痛 発熟 リウマチ熱
あるいはリウマチ性疾患の既往
 
検査査所見 急性期反応
ESR↑、CRP↑、WBC↑
PR時間↑  
先行するA群レンサ球菌感染の証拠 (関連抗体の高値または上昇、咽頭培養陽性または迅速反応陽性)
  • 診断:先行するレンサ球薗感染が証明され、かつ主症状2項目以上または主症状1項目+副症状2項目以上

検査

治療

  • 溶連菌治療にペニシリン、リウマチ性炎症抑制にサリチル酸剤ないし副腎皮質ステロイド剤、心炎抑制に副腎皮質ステロイド剤を用いる。
  • 〔治療〕 急性期は安静臥床としサリチル酸剤を用い、心炎合併時には副腎皮質ホルモン剤を併用する。
  • また、A群溶連菌に対し十分量のペニシリンを用い、治癒後も再発を防ぐために長期間予防的化学療法を行う。

予後

  • 良好
  • 急性の心炎(弁膜症)が生じると心不全につながる

予防

一次予防

  • 抗菌薬による溶連菌性扁桃炎の治療(10日間のペニシリン内服)
  • 心炎合併例ではステロイド

二次予防

  • 再発予防、弁膜症重症化の予防
  • 再発から5年間経口ペニシリンの内服




房室弁」

  [★]

atrioventricular valve
三尖弁僧帽弁



左房室弁」

  [★] 僧帽弁二尖弁 bicuspidal valve


僧帽弁閉鎖不全」

  [★] 僧帽弁閉鎖不全症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡